これも「のだめ効果」なんだろうか

近所のコンサートホールに用があったついでにチケットコーナーを見てきたんですが、「若手演奏家による卒業記念演奏会」というもののパンフレットが置いてありました。音大・大学院卒業予定の4人の演奏家による小曲の演奏会です。チケットぴあで予約できるってのは力入れてるなあ。

そこそこのクラシック演奏家のコンサートというのはこのホールでは何度もあるんですが、大学主催でもない「卒業記念演奏会」(しかもちゃんと金を取る)ってのができるようになった、というのは、「のだめカンタービレ」あたりのクラシックブームのおかげでしょうか。しかも「若手は活躍の機会がない」なんてこともあのマンガでは言ってたしね。

それとも「のだめカンタービレ」のおかげで、こういうものが私の目に入るようになってきた、ってことなのかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Amazon.comがデジタル音楽配信サービスに参入か

Engadget Japanese経由で、Amazon.comがデジタル音楽サービスの開始について音楽大手4社と協議を始めているという報道がウォールストリートジャーナルでなされました。(WSJ.com - Amazon Plans Music Service To Rival iTunes 英文)

早ければ今年夏とか。やっぱりWindows DRM採用ですかね。またMacユーザーブーイング、ってことになるのかな。

NapsterやRhapsodyみたいな会費制サービスになるようです。どういう音楽管理・再生ソフトを出してくるかが見もの。

Amazonは自社ブランド携帯音楽プレイヤーの販売を検討していて、製造元としてサムスンの名前があがってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Hyperscoreにはまってしまいそう

Wired Newsで紹介されていた音楽作成ソフト「Hyperscore」、ちとはまり気味です。

音楽作成ソフトはたいてい音符を理解していないとダメだったり、そのソフトの記述方法を理解していないと使う以前の問題だったり、そういうのがいらなくても今度はマイクで吹き込む手間が必要だったりと大変ですが、ほんとにお絵かき感覚で使えます。

ただまあ、満足いくような音楽にするには結構手間がかかります。一つのメロディではどうしようもないからといろいろなメロディを作成したり、そのメロディをどう組み合わせるかを頭捻らせたり。これはどんな音楽作成ソフトを使っても同じ。

絵の具とパレット感覚で扱える、というのが新しいですね。

HyperScore 作成画面

こんな子供の絵みたいなのでもそれなりの音楽が奏でられるのがすごい。

ダウンロードの場所がわかりにくいのが欠点かな。H-LoungeでメールアドレスとOSの種類を送信するとダウンロードできます。今のところWindowsシリーズだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ベスト・オブ・カンタービレ」と「のだめカンタービレ」の関係

Amazon.co.jpにアクセスしたら、「ベスト・オブ・カンタービレ」というCDを薦められました。

ベスト・オブ・カンタービレ
オムニバス(クラシック) アシュケナージ(ウラディーミル) フレージャー(マルコム) モーツァルト パールマン(イツァーク) ベートーヴェン モンテヴェルディ合唱団 イングリッシュ・バロック・ソロイスツ ガーディナー(ジョン・エリオット) バッハ
ユニバーサルクラシック (2005/12/28)

曲目リスト

ディスク: 1

  1. 2台のピアノのためのソナタ~第1楽章(モーツァルト)
  2. ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」~第1楽章(ベートーヴェン)
  3. 「マタイ受難曲」~第44曲コラール(バッハ)
  4. 平均律ピアノ・クラヴィーア曲集第2巻第14番~プレリュード(バッハ)
  5. 交響曲第9番「合唱」~第2楽章(ベートーヴェン)
  6. ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」~第1楽章(ベートーヴェン)
  7. 交響曲第3番「英雄」~第2楽章「葬送行進曲」(ベートーヴェン)
  8. エチュードop.10-4(ショパン)
  9. ピアノ協奏曲第2番~第1楽章(ラフマニノフ)

ディスク: 2

  1. 交響曲第5番「運命」~第1楽章(ベートーヴェン)
  2. 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番~Adagio(バッハ)
  3. メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」(リスト)
  4. 交響曲第7番~第1楽章(ベートーヴェン)
  5. オーボエ協奏曲~第3楽章(モーツァルト)
  6. ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら(R.シュトラウス)
  7. 「ペトルーシュカ」からの3楽章~ロシアの踊り(ストラヴィンスキー)
  8. 交響曲第1番~第4楽章(ブラームス)

収録曲からして、「のだめカンタービレ」人気を当て込んだものとしか思えません。Amazonレビューを見ると二ノ宮知子さんに無断で作成した海賊版CDだとかのだめのブームを利用した、便乗商品などと書かれてます。

続きを読む "「ベスト・オブ・カンタービレ」と「のだめカンタービレ」の関係"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年のCDベストセラー

オリコンの2005年年間ヒットチャートが発表になりました。2004年12月6日付けから11月28日までのオリコンチャートで売上を計算したものです。

シングルのトップは「青春アミーゴ」。11月2日発売なのに年間トップです。12月5日付チャートでミリオン突破。2005年発売のCDで唯一のミリオンセラーになりそう。

アルバムではORANGE RANGEの「musiQ」。なんだかんだ言って260万枚以上売ってしまうんだ。個人的には「ベスト・クラシック100」の42万枚28位が驚きかな。1万枚がヒットのクラシックの世界で、オリコン年間チャート入りというのが快挙。

困ったことに私は最近のヒット曲がわからなくなってしまいました。有線やTVCMでヘビーローテーションされてる曲は知らずと耳に入ってるので、単に熱心に曲と名前を結び付けようとしなくなっただけなんでしょう、きっと。

以下、上位10位までとCDのAmazonリンク。

続きを読む "2005年のCDベストセラー"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

佐野元春の新曲プロモーションで試聴ブログパーツ配布

Broadband Watch経由で、佐野元春の新曲「星の下 路の上」のプロモーションのために、楽曲試聴可能なブログパーツの配布を開始してます。 無料で利用可能だなんて太っ腹なプロモーションです。

FLASHを使った音楽プレイヤーなので、ブログサービスによっては貼り付けることができません。あと、横幅が320pxあるので、デザインによってはサイドバーには仕込めないかも(っていうか、このブログには仕込めない)。

続きを読む "佐野元春の新曲プロモーションで試聴ブログパーツ配布"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iTMSよりAmazonの方が安くなることがある件

IRCでhsbtさんに教えてもらったんですが、iTunes Music Storeで12月8日に発売開始した木村カエラのファーストアルバム「KAERA icon」のアルバム一括購入の価格が2400円となっています。全12曲で1曲200円。つまり曲の数と価格を単純に掛け合わせた値段。

特にCD版にボーナスが付いたわけでないのに結構高いな、と思ったら、Amazon.co.jpの「KAELA (通常盤)」は希望小売価格の2500円からなんと10%オフで2250円とiTunes Music Storeよりお買い得になってる。

で、つらつらと見てみたら、もっとすごいことになっていたものを発見。それは浜崎あゆみ「Bold & Delicious/Pride icon」。iTMSのレビューによると、11月30日の発売開始直後は1曲150円、アルバム900円だったはずが、12月7日に1曲200円、アルバム1200円に変更になったようです。現在はCDの値段は1050円(Bold & Delicious/Pride通常版)なので、CD買った方が安い。

iTMSは曲のばら売り可能とはいえ、レコード会社の価格設定には勝てないということなんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Naxos Music Library オープン

クラシック音楽を廉価で提供するレーベルのNAXOSが、以前から噂にはなっていた音楽配信サービスを開始しました。その名もNaxos Music Library。携帯電話用着信音サービスや海外サービスはすでに行われていましたが、とうとう日本の一般向けにも開始です。

てっきりダウンロード型サービスかと思ったら、ストリーミング型になりました。月額1890円(税込)。NAXOSのCD約2枚分。もちろんCD何枚分でも聴けます。ダウンロードしてiPodで聴きたかったらiTunes Music Storeでどうぞ、ということらしい(NAXOSから出ているCDが入っているのを確認しました)。

ブラウザは、どこぞの音楽配信サービスと違い、何を使っても大丈夫です。フォーマットはWindows Media Audioなので、WMAが聴けるプレイヤーがインストールされていれば使えます。まずは15分間体験をしてみてはどうでしょう。

ただ、退会時にメール送らなきゃならないというのがネック。オンライン退会処理ができないものかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iTunes Music Storeのプリペードカードがセブンイレブンで

asahi.comの「iPod、コンビニにも セブン―イレブンが販売へ」によると、セブンイレブンでiPodシリーズの注文販売を10月下旬から開始するようです。アップル公式サイトにもセブンイレブンジャパン公式サイトにはまだ何も情報は入ってません。

何がうれしいって、iPodシリーズがセブンイレブンで買えるようになるということよりも、iTunes Music Storeのプリペードカードがセブンイレブンで買えるようになるってことですよ。注文購入じゃなくて、その場で。24時間いつでも。

どうもセブンイレブン側はコンビニ戦争の差別化のためらしいので、他のコンビニが追随ってことはなさそうなんですけど、でも一番近いコンビニがセブンイレブン、という私にはうれしいです。あ、でも、県内にセブンイレブンがない実家じゃかなり困るか。

Apple iTunes Music プリペイドカード 5,000円 [MA164J/A]

ちなみに、Amazon.co.jpでもiTunes Music Storeプリペードカードの購入はできます。もちろんアップルストアでも。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ニフティが音楽配信サービスは1曲105円~270円

INTERNET Watchの「ニフティ、SD-Audio形式の音楽配信「MOOCS」。価格は1曲105円から」というタイトルにびっくりしてしまいました。以前の報道では150円から200円、ということだったのですから。

でも記事をよく見てみると「105円~270円」と、結構幅があります。実際どのくらいの曲が105円になるかはわからないです。

SD-Audio対応の音楽プレイヤーや携帯電話で利用可能……携帯電話は機種豊富のようだけど、携帯プレイヤーはパナソニックのSDオーディオプレイヤーぐらいしか対応してないのかな。

携帯電話向け音楽配信を主体とするみたいで、競合相手はiTunes Music Storeではなく着うたフルになるのかな?

いかん。こんなサービス始められると、W32SAが欲しくなってしまうじゃないですか。

Panasonic SDオーディオプレーヤー(シルバー) SV-SD100V-S
松下電器産業 (2005/04/08)
売り上げランキング: 1,482
おすすめ度の平均: 3.67
4 結構使えます。iPodと比較レビュー
1 使いものにならん
4 鏡代わり

SDオーディオプレイヤーのカスタマーズレビューは千差万別で面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)