« Amazon.co.jpのマイストアが変わった | トップページ | ライトヘビーノベルがあるなら »

小学館が新ライトノベル文庫レーベルを2007年に

まさか小学館が再参入してくるとは思いませんでした。

少年向けエンターテイメントレーベル「ガガガ文庫」、少女向けファンタジーレーベル「ルルル文庫」を2007年春に創刊を告知、そして第1回小学館ライトノベル大賞の募集をはじめました。

すでに公式サイトが「gagaga-lululu.jp」のドメインを取ってオープンしていますが、小学館は「Shogakukan Online」トップページにしかリンクを許していないので、公式サイトへのリンクはしません。

小学館のライトノベル文庫レーベルといえば、事実上1999年に終了した少年向けエンターテイメント文庫「スーパークエスト文庫」、2005年2月に終了した少女向けファンタジー文庫「キャンバス文庫」があったわけで、これらの仕切りなおしになるのかな。

追記(2006/04/09):のべるのぶろぐ: 小学館、ラノべに参入で指摘されてますけど、「第1回 小学館ライトノベル大賞」の締め切りは2006年9月末。創刊の半年ぐらい前になります。受賞者発表が2007年3月下旬。

まずレーベル自体が2007年春創刊なのに、新人賞の〆切が今年の九月末な事。これは創刊と同時(かそれに近い時期)に新人を打ち出して、レーベルの核を作ろうという戦略でしょう。普通は創刊してから新人を募集するので、レーベル独自の新人が登場するのに一年くらいかかり、核が育つのに数年かかるものですが、それを避けたいという意志が見えます。

のべるのぶろぐ: 小学館、ラノべに参入

なるほど。「レーベルのカラー」を打ち出すには、レーベル独自の新人、できれば「新人賞受賞者」の冠が重要ってことかな。ソフトバンククリエイティブのGA文庫はがんばってるけど、今ひとつカラーが見えてこないのもそのへんかな。いや、GA文庫デビューの新人もいるんですけど。

|

« Amazon.co.jpのマイストアが変わった | トップページ | ライトヘビーノベルがあるなら »

コメント

細かいことですがキャン「パ」ス文庫ではなくキャン「バ」ス文庫です。

投稿: giolum | 2006.04.09 19:30

ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

投稿: Stella | 2006.04.09 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/9490198

この記事へのトラックバック一覧です: 小学館が新ライトノベル文庫レーベルを2007年に:

» 小学館、ラノべに参入 [のべるのぶろぐ]
小学館が新ライトノベル文庫レーベルを2007年に(CAXの日記経由)  噂は聞い [続きを読む]

受信: 2006.04.09 08:58

» もうちょっとヒネりなさい>小学館 [HammerHead Archives Blog]
小学館がラノベに再参入するようです。 それにしても、この名前は何とかならんかった [続きを読む]

受信: 2006.04.11 03:57

« Amazon.co.jpのマイストアが変わった | トップページ | ライトヘビーノベルがあるなら »