« Hyperscoreにはまってしまいそう | トップページ | APF通信の記事と写真が使用できるActiblog »

エルリック復刊、新作翻訳も決定

ハヤカワ・オンラインによると、絶版になっていたエルリック・サーガの復刊が決定したようです。 映画化の話が進行中なので、それを見込んでかな?

3月上旬SF

『メルニボネの皇子』

〈永遠の戦士 エルリック1〉
 マイクル・ムアコック/井辻 朱美訳
   メルニボネ帝国の落日と皇帝エルリックの旅
   立ちを描く表題作と『真珠の砦』の2作収録

   【刊行スケジュール】
   2 白き狼の宿命(同時収録:この世の彼方の海)  2006年5月刊
   3 暁の女王マイシェラ (同時収録:薔薇の復讐) 2006年7月刊
   4 ストームブリンガー(同時収録:黒き剣の呪い) 2006年9月刊
   5 夢盗人の娘(仮題)THE DREAMTHIEF'S DAUGHTER  2006年11月刊
   6 スクレイリングの樹(仮題)THE SKRAYLING TREE 2007年1月刊
   7 白き狼の息子(仮題)THE WHITE WOLF'S SON   2007年3月刊

シリーズタイトルは「永遠の戦士 エルリック」に変更になったのかな。エレコーゼやコルムなど他のエターナルチャンピオンも復刊できればいいな。

今まで8巻あったエルリックを4巻にまとめ、その後未訳だった「The Dreamthief's Daughter」「The Skrayling Tree」「The White Wolf's Son」を翻訳出版するようです。

Something Orangeによると、旧版『メルニボネの皇子』は安田均訳だったのが、井辻朱美の新訳になるんだそうです。

以前は天野喜孝の表紙絵だったんだけど、復刊版はどうなるのかな。

追記(2006/02/13):のべるのぶろぐ: 新生エルリックの絵師によると、イラストレーターは佐伯経多&新間大悟だそうです。

追記(2006/04/14):発売されてるのにアフィリエイトリンクしてなかった。

メルニボネの皇子
マイクル・ムアコック著 / 井辻 朱美訳
早川書房 (2006.3)
通常24時間以内に発送します。

ハヤカワ・オンラインの新刊情報によると、2巻は『この世の彼方の海』になりました。

5月上旬SF

『この世の彼方の海』

〈永遠の戦士 エルリック2〉
マイクル・ムアコック/井辻 朱美訳
   不思議な海を舞台にした表題長篇他「〈夢見
   る都〉」「歌う城砦」など3中篇を同時収録

『白き狼の宿命』だと思ったのに話が違うじゃないか!

|

« Hyperscoreにはまってしまいそう | トップページ | APF通信の記事と写真が使用できるActiblog »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/8482021

この記事へのトラックバック一覧です: エルリック復刊、新作翻訳も決定:

» エルリック復刊!!しかも新3部作までついてくる! [Keep It Simple Stupid.]
いま、必死にThe Dreamthief's Daughterの原書を(やっと60ページまで)読み進めている真っ最中にとんでもない復刊が決まっていたようだ。エルリックサーガ、待望の復刊決定。StarChartLogさんの記事によると、(ある意味よりによって)The Dreamteief's Daughterから始ま....... [続きを読む]

受信: 2006.03.06 19:26

» ルーンの杖秘録も復刊 [StarChartLog]
東京創元社メールマガジンで2006年6月の近刊情報が届きました。なんと絶版になっていた『額の宝石 ルーン [続きを読む]

受信: 2006.04.14 20:06

« Hyperscoreにはまってしまいそう | トップページ | APF通信の記事と写真が使用できるActiblog »