« 漫画が無料で読めるサイト「464.jp」運営者が逮捕 | トップページ | 桁が1つは違うんじゃなかろうか »

大学生活を描いたマンガ

Rauru Blog >> Blog Archive >> のだめカンタービレを読んで、そういや獣医学部マンガ(動物のお医者さん)や農学部マンガ(もやしもん)、音大マンガ(のだめカンタービレ)は有名だけど、他の学部のマンガってどうだろ、と思った。

経済学部マンガだと、学生の話じゃなくて教授の話だけど『天才柳沢教授の生活』ってのがあったな。未読だけど『ハチミツとクローバー』は美大マンガらしい。

「楽しく描く」マンガじゃないけど、森博嗣の工学部舞台のミステリィ『冷たい密室と博士たち』がコミカライズされてる。

楽しいキャンパスライフを描いたマンガといえば『げんしけん』なんか有名だけど、学業の話は皆無だからなあ。『幕張サボテンキャンパス』ってどうだったっけ?

というわけで、理学部や工学部の楽しい大学生活を描いたマンガってのは私も知りたいです。医学部や薬学部も可。研修医マンガはけっこうあるけど、学部生のってあったかな?

追記(2006/02/18):はてなブックマークMM/Memo、その他リンクしてくださったところからの情報をまとめます。あ、高専の話は対象外ということで。

  • 西村しのぶ『メディック』(医学部)ただし単行本未収録・未完(メディックス(西村しのぶ) 復刊リクエスト投票
  • 木尾士目『四年生』『五年生』(法学部だったはず。でも学問の話はなかったような)
  • 藤島康介『ああっ女神さまっ』(そういや確かに工学部だ! 完璧に忘れてた!!)

いろいろ情報ありがとうございました。

|

« 漫画が無料で読めるサイト「464.jp」運営者が逮捕 | トップページ | 桁が1つは違うんじゃなかろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/8675909

この記事へのトラックバック一覧です: 大学生活を描いたマンガ:

» 大学を舞台にしたマンガが少ない理由 [大学教員の日常・非日常]
大学生活を描いたマンガ(情報元:まなめはうす)を読んで、いつだったか、学園ドラマが流行る理由みたいな記事を読んだことを思いだしました。 「ごくせん」あたりで、二匹目のどじょうを狙った学園ドラマが増えて、その理由が「現代社会で、多くの人の共通背景として成立....... [続きを読む]

受信: 2006.02.21 20:29

« 漫画が無料で読めるサイト「464.jp」運営者が逮捕 | トップページ | 桁が1つは違うんじゃなかろうか »