« APF通信の記事と写真が使用できるActiblog | トップページ | Amazonカスタマーレビューは別バリエーションの商品レビューも掲載 »

広告のためにスーパーボウルを見る人たち

Japan.internet.com Webマーケティング - 消費者が拒絶しない広告は、スーパーボウル広告だけ?という記事を読んで、最初は「アメフトってゲーム中断が何度もあるから、その細切れの時間のCMにそれほど違和感がない」ってことかと思ったら全然違ってました。

スーパーボウルでは広告主が趣向を凝らした広告を提供するのが有名らしく、特設広告サイトへの誘導を行ったり、インタラクティブ広告にしたてたりといろいろあるようです。 2003年の記事ですけど、WIRED NEWSに『スーパーボウル』テレビ中継で注目されたインタラクティブ広告というのがありました。

オンラインマーケティング調査会社 InsightExpress が行なった調査によれば、全米フットボールリーグ2005-2006年シーズンの総決算『Super Bowl XL』(第40回スーパーボウル) の視聴者数は、1億3000万人に及ぶ見通しで、その半数が広告を見るためだけにチャンネルを合わせるという。軽い食事をとったり、トイレに行くのは、むしろ試合中だ。

Japan.internet.com Webマーケティング - 消費者が拒絶しない広告は、スーパーボウル広告だけ?

「本末転倒」という言葉が頭に浮かんでしまいました。全編CMの放送局がただのネタではなくなりそうです。でもこれは、「スーパーボウルの広告」が特別で、趣向を凝らしてる、ってことなんでしょうけど。

|

« APF通信の記事と写真が使用できるActiblog | トップページ | Amazonカスタマーレビューは別バリエーションの商品レビューも掲載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/8531092

この記事へのトラックバック一覧です: 広告のためにスーパーボウルを見る人たち:

« APF通信の記事と写真が使用できるActiblog | トップページ | Amazonカスタマーレビューは別バリエーションの商品レビューも掲載 »