« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

ココログベーシック/プラス/プロがやっとTypePad 1.6ベースに

ココログスタッフからのお知らせルーム: 3月28日、ココログベーシック/プラス/プロ・バージョンアップのお知らせでアナウンスされているとおり、3月28日(あと4週間だ)にココログフリー以外がバージョンアップします。

BroadBand Watchによると、ココログフリーのようにTypePad 1.6 日本語版ベースになるんだとか。TypePad 1.6 では、Podcasting対応や、コメントやトラックバックの承認機能などが追加されます。待ち望んでいたものがやっと、といった感じ。

一足先にTypePad 1.6ベースにしたOCN Blogzine ブログ人ではサイドバーのマイリスト(ブログ人では私リスト)の表示が崩れたというトラブルがあったらしい。ココログでこういうことが起きなければいいんですが。

無事バージョンアップが終わることを祈ってやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「『ダ・ヴィンチ・コード』は盗作」か?

ダ・ヴィンチ・コード』は英米でベストセラーになり、日本語訳もヒット、5月公開予定で映画化進行中なのですが、盗作論争がとうとう法廷に持ち込まれたようです。Yahoo!ニュース - 時事通信 - 「ダ・ヴィンチ・コードは盗作」と提訴=出版差し止めの可能性もという記事。

 訴えたのは、ヘンリー・リンカーン氏とともに1982年に「聖なる血と聖杯」を著したマイケル・ベイジェント、リチャード・リーの両氏。2人は「ダ・ヴィンチ・コード」の多くの部分は、「聖なる血と聖杯」を参考に書かれていると主張し、発行元の出版社ランダムハウスを訴えた。
 2人は著作権がさらに侵害されるのを阻止するため、差し止め命令を求める見通し。認められれば、ランダムハウスが「ダ・ヴィンチ・コード」を出版できなくなる可能性もある。
 オブザーバー紙によると、ランダムハウスの弁護団は裁判で、過去何世紀にもわたり、作家たちは互いに筋書きやテーマ、アイディアを借り合ってきたと強調。シェークスピアの戯曲も「真夏の夜の夢」を除くと、すべて他の作品からアイディアを拝借していると主張する方針。

イギリスの著作権法に疎いのですが、日本の著作権法では「アイデアは著作権では保護されない」というのが定説だったはず。イギリスではアイデアも著作権で保護されるんでしょうか。

ところで、『聖なる血と聖杯』って本は存在しないんですけど>時事通信社 邦訳がある場合はちゃんと邦題を調べて書いてほしいものです。

問題の本は『レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説』。以前から『ダ・ヴィンチ・コード』種本の一つと目されてる本です。『ダ・ヴィンチ・コード』を読むずっと前に『レンヌ=ル=シャトーの謎』を読んでいた私に言わせると、「『レンヌ=ル=シャトーの謎』を下敷きにしたのがまるわかりだけど、盗作と言えるかな? これが盗作と認められてしまうと、世の中のフィクションはほとんど書けなくなってしまう」。それに、『レンヌ=ル=シャトーの謎』はノンフィクションという触れ込みだったはず。

ところで、『レンヌ=ル=シャトーの謎』の著者三人のうち訴えなかったヘンリー・リンカーン氏は『ダ・ヴィンチ・コード・デコーデッド』に登場してるとのこと。大人の事情(金とか、ひとこと言ってくれてないとか)をうかがわせます。

続きを読む "「『ダ・ヴィンチ・コード』は盗作」か?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

音楽主体のSNS「PLAYLOG」アルファサービス開始

BroadBand Watchによると、ソニーが音楽機能を充実させたコミュニティサービス「PLAYLOG」のアルファサービスを2月27日にスタートさせました。今のところ会員になるには既存会員からの紹介か、SonicStageが必要。SonicStage持ってないからどう必要なのかはちょっとわかりません。

別にSonicStage必須というわけじゃなくて、会員になれさえすれば普通にWebブラウザや携帯電話から閲覧可能。見に行ったらログインしないまま(つまりゲストユーザーとして)いろいろなコミュニティやブログが閲覧できました。ブログは閲覧制限を「友達のみ」「会員のみ」「インターネットに公開」の三段階に設定できます。

音ログAPIを採用して、プラグインをインストールさせればiTunes(Windows/Mac)の再生履歴をPLAYLOGに送信することができます。SonicStage利用者はそのままで再生履歴送信可能。

コミュニケーション機能がものすごく豊富になったLast.fmかなあ、なんて思ったり。Webうた機能で自分のページにBGM鳴らすことや、好きなアーティスト10人を紹介すると、そのアーティストの楽曲・聞いてる人紹介ページにリンクしたりと、音楽中心の生活をしている人が音楽を介してコミュニケーションするには便利そうに見える機能があります。

Pod Casting (準備中)が非常に気になります。誰か紹介状ください。Tigerさんから招待状いただきました。ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これも「のだめ効果」なんだろうか

近所のコンサートホールに用があったついでにチケットコーナーを見てきたんですが、「若手演奏家による卒業記念演奏会」というもののパンフレットが置いてありました。音大・大学院卒業予定の4人の演奏家による小曲の演奏会です。チケットぴあで予約できるってのは力入れてるなあ。

そこそこのクラシック演奏家のコンサートというのはこのホールでは何度もあるんですが、大学主催でもない「卒業記念演奏会」(しかもちゃんと金を取る)ってのができるようになった、というのは、「のだめカンタービレ」あたりのクラシックブームのおかげでしょうか。しかも「若手は活躍の機会がない」なんてこともあのマンガでは言ってたしね。

それとも「のだめカンタービレ」のおかげで、こういうものが私の目に入るようになってきた、ってことなのかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ALPSLAB」開設、地図貼り付けサービス提供

CNET Japanなどによると、アルプス社が「ALPSLAB」というサイトを開設し、ALPSLAB baseALPSLAB clip!という二つのβプロジェクトをリリースしました。

ALPSLAB baseで地図を探し、ALPSLAB clip!でWebサイト上に地図を貼り付けることになります。昭文社のちず窓に似てるかな。ちず窓と違うのは、Movable TypeやtDiary、Hikiのプラグインが用意されてるってことか。でもって貼り付けた場所にトラックバックする

ALPSLAB 利用規約ALPSLAB clip!利用ガイドラインを見ていたら、こんな一文があったのでした。

広告バナーの掲載(これには以下のものが含まれますが、以下のものだけに限定されません。) 

  •  WEBサイトの紹介、またはハイパーリンク(ホームページなどからほかのページに直接ジャンプできるように相手先の情報を埋め込んでおくこと)に対する見返りとして、現金または現金相当の商品やポイントを提供するサービスのバナーの掲載

ALPSLAB clip!利用ガイドライン

えーっと、これはアフィリエイトやGoogle AdSenseをやっているサイトは利用不可、ってことですよね。商用不可だろうとは予想していましたが、これではうちは使えないや。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

オーマイニュースが日本法人設立

日経CNBCを流していたら、ソフトバンクとオーマイニュースが業務提携という速報を流してました。

BroadBand Watchによるとソフトバンクがオーマイニュースの第三者割当増資を引き受けると同時に、3月に設立予定の日本法人「オーマイニュース・インターナショナル」に出資するとのこと。日本法人の出資比率はオーマイニュース70%。ソフトバンクが30%。実際にオーマイニュース日本版をいつ開始するかはわかりませんでした。これは日本法人を設立してから、なのかな。

先行のJanJanやライブドアPJも今ひとつ盛り上がりにかけ、ツカサネット新聞はいつの間にか編集部解散していた(この件に関するJanJanの記事)ぐらいなので、「市民記者制度」をどう盛り上げていくかというのがオーマイニュース日本版でも最大の問題になってくるかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは『神様のパズル』映画化&ゲーム化ということ?

CAXの日記経由、スポニチ Sponichi Annex ニュース 芸能で、角川春樹氏とエイベックスが大型新人発掘プロジェクトを行うというニュース。ざっと調べたところではWebにプレスリリースが出てる様子はありませんでした。

その中でこんな一節があって驚きました。

 受賞者は両社連携製作第2弾「神様のパズル」の主演でデビュー。同作は、作家・機本伸司氏の同名小説が原作で、天才女子大生が宇宙を作り出してしまうSF作品。インターネットのオンラインゲームや、パソコン用、家庭用ゲーム機用のソフトでのゲーム化も決まっており、ゲームのヒロインも務める。

これって、『神様のパズル』映画化&ゲーム化ってこと?

この紹介見ると、箱庭もののように見えますが、全然違います。どっちかっていうと理学部、それも実験物理学方面。知識がなくてもストーリーは追えます。

既読者としては「映画化はともかく、どうゲーム化するんだ?」と思うのですが、ゲーム的に改変してしまうのかな。

大型メディアミックスプロジェクトのようなので、今後の情報に注目していきたいです。

続きを読む "これは『神様のパズル』映画化&ゲーム化ということ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MTSAT-2打ち上げ成功

H2Aロケット9号機の打ち上げが成功したようです。今回は所用で外に出ていたため、打ち上げライブ中継に間に合いませんでした。(asahi.com: 「H2A」9号機、打ち上げ成功 「ひまわり」2機体制へ-社会

運輸多目的衛星2号(MTSAT-2)ということで、気象観測については既に正式運用しているひまわり6号(MTSAT-1R)の予備として運用するそうです。でもって航空管制をひまわり6号と分け持つのかな。

ところで、愛称は「ひまわり7号」になるわけ? YOMIURI ONLINEには既に「ひまわり7号」って書いてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「風の大陸」完結編がとうとう発売決定

web KADOKAWAに、風の大陸 第二十八部の情報が入りました。4月発売予定だそうです。ドラゴンマガジンでの連載は既に終了して、最終巻を書き下ろしするとはきいていたのですが、二十七部発売から1年かかったんですね。

ローダビアへと乗り込んだティーエたち。そこには大陸を救うカギがあるはずなのだが。壮大なる叙事詩。大ボリューム書き下ろしにて、ここに完結!

web KADOKAWA 風の大陸 第二十八部

1988年はじめの月刊ドラゴンマガジン創刊と同時に連載開始、第一部(書き下ろし)の発売が1988年11月。足掛け18年にわたるティーエたちの旅がやっと終わります。連載開始時から読んでたわけではないのですが、であったのは私が高校生だったころだったわけで……年もとるはずです。

ただ、途中でほとんど読まなくなってしまったんですよね。たぶん第十四部あたりまでは読んだ覚えがあります。半分しか読んでなかったのか。数年前に久しぶりにドラゴンマガジンを読んだら、まだ太陽帝国にいたので「とっくにローダビア公国に行ったと思ったのに!」とびっくりした覚えがあります。

続きを読む "「風の大陸」完結編がとうとう発売決定"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

TRPG「番長学園!」復刊できるかも

超人アクション格闘学園TRPG(なんじゃそりゃ)、『番長学園RPG!!』は以前ホビージャパンから出ていたんですが、例のごとく入手難になってました。このたびブッキングからタイトルも新たに『番長学園!!大吟醸』として復刊できるかもしれません。「できるかもしれません」と書いたのは、戦国霊異伝のときみたいに「仮予約が集まったら」という条件だから。今回のボーダーラインは200です。

例によって元のルールブックよりもかなり高額での復刊になってます。元の基本ルールブックが1800円で、キャラクターブックが1500円。合計でも3300円だったのが5250円(予価)。そのかわり、中身はかなり手を入れてるそうです。以前のルールブックは雑誌サポートを前提とした構成だったのが、雑誌記事も収録するなど、完全版といえる内容に仕上げているとか。

「復刊して欲しい。復刊したらぜひ買う」という人も、「学園超人バトルTRPGに興味がある」人も、復刊ドットコムで仮予約を行っていますのでよろしく。

追記(2006/02/28):発売決定しました!

☆ 仮予約された皆様へ

ご予約いただきありがとうございます。規定数に到達しましたので、発売決定いたしました。
なお、仮予約をしていただいておりますので、予約手続きは完了しております。発送をお待ちいただければ幸いです。

【出荷日】4月中旬予定(着日は、出荷から2~5日後)
※着日のご指定をいただければご対応いたします。

めでたい! ちなみに、まだまだ予約は受け付けています。様子見をしていた人もどうぞ。

追記(2006/04/04):予約終了しました。一般書店で販売されるかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Amazon.comがデジタル音楽配信サービスに参入か

Engadget Japanese経由で、Amazon.comがデジタル音楽サービスの開始について音楽大手4社と協議を始めているという報道がウォールストリートジャーナルでなされました。(WSJ.com - Amazon Plans Music Service To Rival iTunes 英文)

早ければ今年夏とか。やっぱりWindows DRM採用ですかね。またMacユーザーブーイング、ってことになるのかな。

NapsterやRhapsodyみたいな会費制サービスになるようです。どういう音楽管理・再生ソフトを出してくるかが見もの。

Amazonは自社ブランド携帯音楽プレイヤーの販売を検討していて、製造元としてサムスンの名前があがってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

桁が1つは違うんじゃなかろうか

IRCで教えてもらった、Amazonマーケットプレイスでのとんでもないプレミアム価格。

大日本帝国第七艦隊 (3)    歴史群像新書

えーっと、170円でも1700円でもなく、一万七千円ですよね。しかもこれよりも高値をつけている出品者もいます。いくら絶版だとはいえ恐ろしすぎる。

続きを読む "桁が1つは違うんじゃなかろうか"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大学生活を描いたマンガ

Rauru Blog >> Blog Archive >> のだめカンタービレを読んで、そういや獣医学部マンガ(動物のお医者さん)や農学部マンガ(もやしもん)、音大マンガ(のだめカンタービレ)は有名だけど、他の学部のマンガってどうだろ、と思った。

経済学部マンガだと、学生の話じゃなくて教授の話だけど『天才柳沢教授の生活』ってのがあったな。未読だけど『ハチミツとクローバー』は美大マンガらしい。

「楽しく描く」マンガじゃないけど、森博嗣の工学部舞台のミステリィ『冷たい密室と博士たち』がコミカライズされてる。

楽しいキャンパスライフを描いたマンガといえば『げんしけん』なんか有名だけど、学業の話は皆無だからなあ。『幕張サボテンキャンパス』ってどうだったっけ?

というわけで、理学部や工学部の楽しい大学生活を描いたマンガってのは私も知りたいです。医学部や薬学部も可。研修医マンガはけっこうあるけど、学部生のってあったかな?

続きを読む "大学生活を描いたマンガ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

漫画が無料で読めるサイト「464.jp」運営者が逮捕

NHKお昼のニュースを見ていたら、ネット上に漫画無断掲載で逮捕というニュースが流れていました。もしやと思ってよく見ていたら、初秋に話題になっていたまんが・コミックの464.jpでした(つながらなくなってたときがあったけど、今はお詫びメッセージが見られます)。

この件に関してはasahi.com: 人気漫画を無断でHPに、ネット喫茶経営の男ら逮捕-社会のほうが詳しいです。2ちゃんねるなどで漫画喫茶経営者と言っていたのは本当だったのね。

464.jpは、1月25日に閉鎖になりました(インターネットよろずニュース)。で、asahi.comの記事をよく見てみたら、その1月25日に福岡県警の家宅捜索を受けていたんですね。漫画本やパソコンなどを押収されていったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ブログレンジャー的にIRCの権威はこのブログらしい

Going My Wayのkengoさんからメッセージが届いていて、ブログレンジャー「IRC」を検索するとこのブログが「キーワードに関連する注目ブロガー」トップになっていると教えてくれました。

IRC - BLOGRANGER - goo ラボ

IRCで教えてもらったことをネタ元にしたことは何度もあるんだが、「キーワードに関連する」ほどではない(汗)。

4人なので「××レンジャー」じゃなくて「××電撃隊」じゃないか(そうするとビッグワンの投入が必要かな)といった間違った方向のツッコミをしてしまうのはおいとこう。

ブログレンジャーが今話題になってるのは、i d e a * i d e a - ブログレンジャーがすごい件についてのおかげかな。idea*ideaの記事で、詳しいことは書いてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ放映開始が近いので「彩雲国物語」を紹介

NHK BS2で2006年4月8日から「彩雲国物語」のアニメが放映されます(まだ公式サイトできてない)。本編もちょうどキリがいいところにきてるところだし、一まとめで紹介。

オンライン書店ビーケーワン:彩雲国物語 はじまりの風は紅く主人公「紅秀麗」は、大貴族の長男の娘というものすごくいい家柄に生まれながら、世渡り下手な父と王位継承争いによる混乱で超貧乏暮らし。「王位継承争いで誰にも省みられなかったから生き残った」新しい王様が政務をサボりまくっているので、その根性を叩きなおすという仕事として後宮に。そこで垣間見た「政治の世界」から、漠然と考えていた「自分がよりよい国を作る」という夢を実現させるために官吏になる決意をする、というのが1巻の概要。

2巻と3巻は、「史上初の女性官吏」というものを認めさせるという話が主体。そして4巻から8巻の茶州配属へのつなぎの話にもなっています。 『彩雲国物語 朱にまじわれば紅』 は外伝短編集。

少女小説だからか、いい男いっぱいで秀麗モテモテ。とはいっても出てくるいい男が全て秀麗ラブじゃないのが厭味にならないのかな。いい人には秀麗が認められ、秀麗を認めない人は悪い人でその報いを受ける、というあたりがちとできすぎではあるんですが。

8巻で一区切りついてはいるのですが、いろいろ伏線は残したままですし、秀麗は1からやり直し決定になってしまいました。まとめ読みするのはちょうどいいかも。でも男性が読んで不快になる可能性は高いし、好みがあるので1巻読んで判断した方がよさそう。

表テーマが「女性と政治」だとしたら、裏テーマが「王者の孤独」かな。王様、幸せになってほしいです。

追記(2006/02/29):公式サイトオープンしました。角川の公式ページも一緒に紹介

続きを読む "アニメ放映開始が近いので「彩雲国物語」を紹介"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「南極物語」をディズニーがリメイク

1983年に空前の大ヒットを記録した日本映画「南極物語」のリメイク版をディズニーが製作、3月18日に日本全国ロードショーが決まりました。南極物語公式サイトには今のところ予告編しかありません。

ストーリー:米国科学財団の南極基地で働く南極ガイドのジェリー・シェパード(ポール・ウォーカー)は、記録的な猛吹雪に見舞われてしまう。そのため、さまざまな困難を一緒に乗り越えてきた 8匹のそり犬を残し南極を去らなければならなかった……。

南極物語 - FLiXムービーサイト

ええ!? ストーリーの骨子だけ原作を使って、設定はオリジナルなんだ。多くの人が知っている実話ベースだというのが観客動員数を増やす一因になったんだと思ったんですが。

とはいっても予告編見ると泣かせ系動物映画のツボをおさえてるようだしなあ。

続きを読む "「南極物語」をディズニーがリメイク"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

Weather Hacks!

別にオライリーから『Weather Hacks』というタイトルの本が出るという話ではなくて(出るとおもしろそうだけど)。

livedoorにはlivedoor 天気情報というポータルならよくある気象情報サイトがあるのですが、そこがWeather Hacksという気象データ配信サービスをはじめました。RSS2.0による天気予報やアメダス気象データなどの提供、RESTを採用したWebサービス。

そうだよ、こんなのが欲しかったんだよ。よくやったlivedoor!

気象情報のXML配信という話はずいぶん前から「いつやるんだ」とか「どうしてやらないんだ」と言われ続けてました。それをlivedoorがやってくれたというだけで過去の悪口を帳消しにしたいぐらい手放しで褒め称えたい。もちろん嫌なことをしてくれたら褒め称えたことをあっさり帳消しにしますけど。

気象情報XML配信がらみは、Web屋のネタ帳で何度か語られてます。

続きを読む "Weather Hacks!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

livedoor knowledgeはYahoo! Answersにインスパイヤされてる件

粉飾だのインサイダーだのと大騒ぎになっていてもきっちり新サービスをリリースするlivedoor。今度はlivedoor knowledgeという人力Q&Aサービスを始めました。

人力Q&AサービスはOKWave(いつのまにかOKWebから名称変更していた)や人力検索はてなYahoo!知恵袋などあるのに、いまさら参入してどうするんだ、って気が。

で、BroadBand Watchの記事で、livedoor knowledgeはYahoo! Answersにデザインが酷似してるとの指摘。BB Watchの甲斐記者はいい仕事してるなあ。Broadband Watch編集部ブログ: そのデザインは誰のもの?で、livedoorのデザイン拝借の歴史が掲載されてます。せめてカラーリングぐらい変えようよ。それだけでだいぶん印象違うから。

私は著作権実務に明るくないので、デザインの著作物性についてどの程度主張できるかよくわかりません。

それにしても一覧にすると、livedoorのサービスのデザインに統一性がないということがよくわかります。ただ米Yahoo!も各サービス間のデザインが統一してるとはいえないのですが。

こう「どこかで見たデザイン」が並んでると、「道義的にどうよ」ではなく「次は何をパクってくれるかな」の方に興味を持つなあ。ブログリーダーBloglines化とか、「livedoor del.icio.us」とか、「livedoor digg」とか(笑)

どうでもいいことですが、livedoor フレパが3カラムになったら泣きます。もしかしたらlivedoor社内のウェブデザイナーは3カラムにしても横スクロールバー出さないものを作ってくれるかもしれないけど……ってlivedoor Blogトップ見る限りそれも無理か。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

『図書館戦争』の謎

CAXの日記で知ったのですが、Amazon.co.jpの『図書館戦争』のデータがなんだか面倒なことになっていた様子。抜き出してスクリーンショット。

図書館戦争

 図書館戦争 書籍情報

今は別のデータで登録しなおされています。

続きを読む "『図書館戦争』の謎"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

iPod nano 1GBモデル登場

Apple iPod nano 1GB ホワイト [MA350J/A]Apple iPod nano 1GB ブラック [MA352J/A]

CNET Japanなどで報じられているとおり、iPod nanoの1GBモデルが登場しました。値段は1万7900円。

iPod shuffleはどうするんだ、と思ったら、こっちは値下げ。

Amazon.co.jpでは、さっき検索できなかったんけど、ちゃんと購入できるようになってました。1500円のアマゾンギフト券還元商品です。

続きを読む "iPod nano 1GBモデル登場"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

レンタルサーバのサービス終了

IRC#goingmywayで教えてもらったんですが、VPS7というホスティング会社がサービス停止になるというメールが、VPS7利用者に送られたそうです。業者のページにはすでにアクセスできなくなってます。

人狼BBS まとめサイトがVPS7なんですよね。アクセス過多による503エラー多発で引っ越して半年たってないのに……。

予告が来るだけマシという話もあって、「いきなりサーバにアクセスできなくなる。業者に連絡とろうにも業者のサーバにもつながらない。電話は留守電or誰も出ない」なんてこともあるとかないとか。

実を言うと私がずっと借りていたweb24.jpが2006年10月31日をもってサービス終了になります。PHPが使えなかったりMySQLが使えなかったりとちょっと不便だったし、低価格競争をしているところから比べれば高い料金設定だったりするのですが、1日1回データのバックアップをしてくれるなど良心的な会社でした。……低価格競争に負けたんだろうなあ。

KTPlanのサブドメインレンタルサービスも9月末で終了(独自ドメインサービスは継続)なのだそうです。これからはレンタルサーバサービスがどんどんつぶれていくんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Amazonカスタマーレビューは別バリエーションの商品レビューも掲載

IRC#goingmywayでasaponさんに教えてもらったんですが、PRINCESS コーヒーグラインダー Z-PCG2199のAmazonカスタマーレビューにコーヒーグラインダーのレビューとは思えないものが含まれてます。コーヒーメーカーの内容だったりカプチーノ云々と言う話だったり。

この商品、「バリエーション」という項目があって、PRINCESS コーヒーメーカー Z-PC2104PRINCESS カプチーノメーカー Z-PCC2187に切り替え可能なんですが、切り替えてみるとレビューが一緒。

色違い程度のバリエーションだったら同じレビューが表示されるのはむしろ推奨なのですが、商品として性質が違うものを「別バリエーション」とするのは、レビューで商品の購入を判断するのが困難になってしまいます。

で、この記事書くのにamazletツール使っていて気がついたんですが、Amazon Webサービスを使って取得したレビューは別々に表示されてました(例:「PRINCESS コーヒーグラインダー Z-PCG2199」「PRINCESS コーヒーメーカー Z-PC2104」「PRINCESS カプチーノメーカー Z-PCC2187」) 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広告のためにスーパーボウルを見る人たち

Japan.internet.com Webマーケティング - 消費者が拒絶しない広告は、スーパーボウル広告だけ?という記事を読んで、最初は「アメフトってゲーム中断が何度もあるから、その細切れの時間のCMにそれほど違和感がない」ってことかと思ったら全然違ってました。

スーパーボウルでは広告主が趣向を凝らした広告を提供するのが有名らしく、特設広告サイトへの誘導を行ったり、インタラクティブ広告にしたてたりといろいろあるようです。 2003年の記事ですけど、WIRED NEWSに『スーパーボウル』テレビ中継で注目されたインタラクティブ広告というのがありました。

オンラインマーケティング調査会社 InsightExpress が行なった調査によれば、全米フットボールリーグ2005-2006年シーズンの総決算『Super Bowl XL』(第40回スーパーボウル) の視聴者数は、1億3000万人に及ぶ見通しで、その半数が広告を見るためだけにチャンネルを合わせるという。軽い食事をとったり、トイレに行くのは、むしろ試合中だ。

Japan.internet.com Webマーケティング - 消費者が拒絶しない広告は、スーパーボウル広告だけ?

「本末転倒」という言葉が頭に浮かんでしまいました。全編CMの放送局がただのネタではなくなりそうです。でもこれは、「スーパーボウルの広告」が特別で、趣向を凝らしてる、ってことなんでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

APF通信の記事と写真が使用できるActiblog

CNET Japanなどで、APF通信とソフトバンクグループのMOVIDA ENTERTAINMENT、クリエイティブ・リンクが共同でAFP BB Newsという写真中心のニュースサイトを開設したと報じられました。

ウリはAPFの豊富な写真や記事をブログに簡単引用できること。と言っても今のところは併設の「Actiblog」に限っています。しかも「ブログに引用」アイコンがついていないとだめ。……引用じゃなくて転載(あるいは使用)だろ、と思わず突っ込み。

Actiblogの方は、今のところは選べるデザインが少なかったり、機能的に突出した何かがあるようではなかったりと、AFP BB News記事を簡単使用できる以上のメリットがあまりないような気がしてます。

運営費は広告でまかなっていきたいということで、今はまだ見当たらないのですがそのうちバナー広告が入るでしょう。今は既にAFP BB Newsの写真の中に広告が混ざってるようです。

CNET Japanの記事後半では他社のブログでもAFP BB Newsの記事や写真をワンクリックで引用できる仕組みを開発するようなので、そちらに期待。そうなったら転載部分にバナー広告かなにか入るようになるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

エルリック復刊、新作翻訳も決定

ハヤカワ・オンラインによると、絶版になっていたエルリック・サーガの復刊が決定したようです。 映画化の話が進行中なので、それを見込んでかな?

3月上旬SF

『メルニボネの皇子』

〈永遠の戦士 エルリック1〉
 マイクル・ムアコック/井辻 朱美訳
   メルニボネ帝国の落日と皇帝エルリックの旅
   立ちを描く表題作と『真珠の砦』の2作収録

   【刊行スケジュール】
   2 白き狼の宿命(同時収録:この世の彼方の海)  2006年5月刊
   3 暁の女王マイシェラ (同時収録:薔薇の復讐) 2006年7月刊
   4 ストームブリンガー(同時収録:黒き剣の呪い) 2006年9月刊
   5 夢盗人の娘(仮題)THE DREAMTHIEF'S DAUGHTER  2006年11月刊
   6 スクレイリングの樹(仮題)THE SKRAYLING TREE 2007年1月刊
   7 白き狼の息子(仮題)THE WHITE WOLF'S SON   2007年3月刊

続きを読む "エルリック復刊、新作翻訳も決定"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Hyperscoreにはまってしまいそう

Wired Newsで紹介されていた音楽作成ソフト「Hyperscore」、ちとはまり気味です。

音楽作成ソフトはたいてい音符を理解していないとダメだったり、そのソフトの記述方法を理解していないと使う以前の問題だったり、そういうのがいらなくても今度はマイクで吹き込む手間が必要だったりと大変ですが、ほんとにお絵かき感覚で使えます。

ただまあ、満足いくような音楽にするには結構手間がかかります。一つのメロディではどうしようもないからといろいろなメロディを作成したり、そのメロディをどう組み合わせるかを頭捻らせたり。これはどんな音楽作成ソフトを使っても同じ。

絵の具とパレット感覚で扱える、というのが新しいですね。

HyperScore 作成画面

こんな子供の絵みたいなのでもそれなりの音楽が奏でられるのがすごい。

ダウンロードの場所がわかりにくいのが欠点かな。H-LoungeでメールアドレスとOSの種類を送信するとダウンロードできます。今のところWindowsシリーズだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Firefox 1.5.0.1に更新

Firefoxがバージョンアップしました。現在のバージョンは1.5.0.1。

Firefoxを起動すると数秒後にアップデート確認画面が出るはず。出なくても「ヘルプ→ソフトウェアの更新を確認」で確認画面が出てきます。「ダウンロード」して「再起動」すれば次の起動で差分インストールが行われます。

Thunderbird起動したままだったので、何度か更新に失敗するというポカやらかしましたけど、マイナーバージョンアップなのであっさりと更新終了。快適に動いています。

Mozilla Firefox 1.5.0.1 リリースノート見ても、何を修正したのかがわかりません。続報待ち。

追記:リリースノートに「新機能と改良点」ってのがありました。

  • 安定性の向上
  • Mac OS X サポートの向上
  • アイスランド (.is) の国際化ドメイン名サポートの有効化
  • いくつかのメモリリークの修正
  • セキュリティの向上

だそうです。極端に長いタイトルが履歴にあると起動時に数分間応答不能になる不具合も解消。よかったよかった。窓の杜にも記事が出てました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Amazon.comの「Amazon Connect」

ITmediaニュース:Amazonホームページに著者のブログ掲載という記事より、Amazon.comで「Amazon Connect」というサービスが始まりました。ITmediaニュースでは「著者のブログ」となってますが、どこかにある著者ブログを掲載するのではなく、Amazon内にブログを作成する、という感じみたい。

Amazon.comで購入したことがあって、その著者がAmazon内でブログメッセージを発信していたら、パーソナライズホームでそのメッセージが読めるというもののようです。購入したことがなくても読者登録することもできます。

その著者ブログに何書いてもいいそうですけど宣伝は不可なんだそうです。本に書き切れなかったり後で状況が変わってしまったこと、誤植情報を書くなどの使い方がありそう。新作情報はいいんだろうか。

私はAmazon.comであまり買わないし、メッセージが読みたい人がいるわけでないみたい。Amazon.co.jpでも同様のサービスを始めないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003 UB313が冥王星より大きいとの観測結果

asahi.comMSN毎日インタラクティブなどの報道によると、2005年7月にNASAが発表した「第10惑星」こと2003 UB313(正式名称未定。ニックネームは「ゼナ」)が冥王星(直径約2300km)よりも大きい直径3000km前後という観測結果が科学誌Natureに掲載されました。news @ nature.comにその記事があります。

測定誤差は400km前後ということで、下の方を採っても冥王星より大きいということになりそう。

これでまた「惑星定義論争」が再燃するのかな。「冥王星が惑星ではない」なんてことをいまさら定義付けちゃうと理科の教科書だのなんだのととんでもない影響が出てくるわけだし、2003 UB313が惑星ということにしたとしても、それは惑星定義問題を先送りしただけ。あの程度の大きさの海王星以遠天体はまだまだありそうだと言われてますから。

「冥王星は惑星で2003 UB313は惑星ではない」となると、大きさではない明確な基準を必要とするわけで(離心率あたり有力)、国際天文学連合(IAU)は難しい判断を迫られそう。名前をどうするか問題もあるわけだしなあ(Xenaはただの愛称)。

続きを読む "2003 UB313が冥王星より大きいとの観測結果"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

株式会社ミクシィのトップページがmixi風味

小心者の杖日記経由で、本日名称変更の株式会社ミクシィのサイトができてました。mixi風味というか俺専用mxxi :: ぼくはまちちゃん!そっくりというか(逆)。

ひさしぶりに会社の概要をまともに見ている(というか、トップページが会社概要の会社サイトってはじめて見た)のですが、ネットエイジの西川潔社長が社外取締役で、監査役に磯崎哲也氏が名を連ねてるんですね。

以前のイー・マーキュリーのURLも、今のところは残ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »