« 〈戯言シリーズ〉スクールカレンダー2006-2007が1月30日予約開始 | トップページ | SuprGluで自分ポータル »

「汎用的かつニッチなテーマ」のwiki

YAMDAS現更新履歴で紹介されてるサイボウズ経営企画室のwiki分析はなかなか鋭いところを突いてるな、と思いながら読んでます。

wikiの利用例と、実は成功例が多くないこと(wiki の特徴と利用例)、wikiではある程度客観的に書かなければならないという縛り、wikiでなくても既に情報集約型サイトがあると盛り上がらないが、あまりにもニッチだと人が集まらない(wiki がブログほどには盛り上がりにくい理由)、wikiを運営していく上で、情報の信頼性、情報の網羅性、編集者同士の見解の違いなどの問題(wiki による「共同編集」の難しさ)が指摘されてます。

リンク集的wikiではなく情報集約系wikiの場合、「書く人」がいないとほんとにどうしようもないです。たった一人でもそのwikiの充実に継続的に熱心な人がいるのなら話は別ですが、そこまで熱心になれる人は実はかなり少ないので、数が集まったほうがずっといい。そして人を集めるには「汎用的かつニッチなテーマ」であるといい、ということになりそうです。

問題は「汎用的かつニッチなテーマ」。テーマが広すぎるとどこかのサイトとテーマがかぶってしまうし、広すぎるテーマだと「充実したwiki」にはなかなかならない。狭すぎると興味を持つ人が集まらない。

情報集約系というと、ゲームの攻略wikiなんかがそうかな。でもこれもどのくらいピンポイントにするかどうかが難しそう。新作ゲームだと代替サイトがないうちに作れるしね。でも大人気タイトルなら人が集まるけど、そうでもなかったら難しいなあ。

|

« 〈戯言シリーズ〉スクールカレンダー2006-2007が1月30日予約開始 | トップページ | SuprGluで自分ポータル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/8413336

この記事へのトラックバック一覧です: 「汎用的かつニッチなテーマ」のwiki:

« 〈戯言シリーズ〉スクールカレンダー2006-2007が1月30日予約開始 | トップページ | SuprGluで自分ポータル »