« 「ベスト・オブ・カンタービレ」と「のだめカンタービレ」の関係 | トップページ | Thunderbird 1.5 リリース »

villagebooks edge(仮)ってどんな新レーベルだろう

本やタウンの2月の文庫新刊情報に、ソニーマガジンズからvillagebooks edge(仮)という新レーベルが出ることを知りました。

初回配本は以下のとおり。

  • 『カミングアウト!』高殿円
  • 『桜子姫逍遥』藤水名子
  • 『オアシス 不思議な犬と少年の日々』未定

未定ってなによ。

高殿円は角川ビーンズ文庫やMF文庫Jで著作のあるライトノベル作家で、藤水名子はコバルト文庫でも書いてますが一般小説も多く書いている中国歴史小説作家です。

villagebooksはロマンス小説の翻訳も多いエンターテイメント系のレーベルです。どちらかといえば大人の女性向けかな。villagebooks edge(仮)は、もしかしたらライトノベルというより「少女小説を卒業したばかりの女性向け文庫書き下ろしレーベル」になるのかもしれません。

|

« 「ベスト・オブ・カンタービレ」と「のだめカンタービレ」の関係 | トップページ | Thunderbird 1.5 リリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/8123504

この記事へのトラックバック一覧です: villagebooks edge(仮)ってどんな新レーベルだろう:

« 「ベスト・オブ・カンタービレ」と「のだめカンタービレ」の関係 | トップページ | Thunderbird 1.5 リリース »