« 光ファイバーサービスの顧客争奪戦 | トップページ | スカイソフトとSBIホールディングス »

センター試験現代文に登場する僕っ娘

大学入試センター試験には英語で難問製作のPATなんて有名人もいますが、今年の話題はなんと言っても国語第2問に登場する、一人称が「僕」の文芸部少女が登場する松村栄子の『僕はかぐや姫』でしょう。毎日MSNインタラクティブに問題文が掲載されてます。

2ちゃんねるでも話題になったらしく、ワロタ編集局@2ちゃんねるブログ!:センター試験の国語で一人称が僕の女子高生が出てきた件に転載されてるところによると、「僕、メンヘラー、百合」でかなり萌えてるみたいです。

残念ながら原本(福武書店)は単行本文庫版共に絶版なんですよね。福武書店(現:ベネッセコーポレーション)が文芸から撤退したからでもあるんですが、この問題文読んで興味を持った人はどうすればいいんだ。復刊ドットコムでリクエストされてるようでもないし。

とりあえずエキサイトブックスのボク女のヒ・ミ・ツ――松村栄子『僕はかぐや姫』の巻を読んでお茶を濁し、それで飽き足らなければ図書館に走るしかないかと。

|

« 光ファイバーサービスの顧客争奪戦 | トップページ | スカイソフトとSBIホールディングス »

コメント

http://www.fukkan.com/vote.php3?no=32336
リクエストされてますよ。
投票お願いします。

投稿: バジ | 2006.02.13 15:50

情報ありがとうございます。さっそく投票してきました。

投稿: Stella | 2006.02.13 16:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/8298195

この記事へのトラックバック一覧です: センター試験現代文に登場する僕っ娘:

« 光ファイバーサービスの顧客争奪戦 | トップページ | スカイソフトとSBIホールディングス »