« 2005年にAmazonアソシエイト経由でよく売れたもの | トップページ | 2005年にネット書店アフィリエイトでよく売れたもの »

さらにライトノベル新レーベルが増えるのか

MSN毎日インタラクティブに「ライトノベルこの1年:「ロードス」「フルメタ」、強かった定番作家 新興勢力、大物新人も登場」というライトノベルの1年をまとめる記事が出ました。「W桜」こと桜坂洋と桜庭一樹のこと、新人賞キラー日日日、新規参入レーベルの話が載ってるんですが。

 05年8月にゲームメーカーのコナミが参入したが、06年も新規参入するレーベルが相次ぐ。現在、発表されているだけでも、ソフトバンクグループの出版部門ソフトバンクパブリッシングと麻雀劇画で知られる竹書房の2社が参入予定だ。このほかにも水面下では、模型雑誌出版社やゲームメーカーなどが準備を進めており、06年にはこれまで以上の作品が書店に並ぶことになりそうだ。書泉ブックタワーでは棚を増やして売り場を拡張することも検討しているという。

ソフトバンククリエイティブに社名変更している件はさておき、水面下で準備を進めてるってのはなんですか。今発表されているのだけでもかなり増えたというのに、まだ増えるというんですか。

「模型雑誌出版社」ってそんなに数ないのであそこかあそこ(もちろん「電撃ホビーマガジン」を出しているメディアワークスは除外)あたりかなあ。ゲームメーカーで出版持ってるところのうち、まだライトノベルに手を出してないところってどこだろう。

コナミノベルスは第一弾がノベライズばっかりだったんでスルーしてたんですが、第2弾のうち『メタルアジア 1』はオリジナル作品なんですね。2ヶ月に1度、1回につき2冊というのはレーベルとしての印象が薄いと思う。

ただの末端読者(しかも想定読者層の外)にとっては「新規レーベル結構。がんばってくださいね」としか言いようがないですけどね。

|

« 2005年にAmazonアソシエイト経由でよく売れたもの | トップページ | 2005年にネット書店アフィリエイトでよく売れたもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/7872319

この記事へのトラックバック一覧です: さらにライトノベル新レーベルが増えるのか:

» ホビージャパン「HJ文庫」2006年7月創刊 [StarChartLog]
以前に模型雑誌出版社がライトノベルに新規参入を水面下で行っているという記事を紹介したのですが、その「模型雑誌出版社」が判明しました。やっぱりというかなんというか、ホビージャパン。 レーベルの名前はH... [続きを読む]

受信: 2006.04.26 09:13

« 2005年にAmazonアソシエイト経由でよく売れたもの | トップページ | 2005年にネット書店アフィリエイトでよく売れたもの »