« 2005年にネット書店アフィリエイトでよく売れたもの | トップページ | 2005年を振り返ってみました »

bk1の2005年間ベストセラー

今年はなかなか発表されないな、と思ってたんですが、bk1の年間ベストセラーがやっと発表されました。

Amazonニッパン・TOHANのとはだいぶん違うランキング。Amazon、ニッパン、TOHANのは2004年12月から2005年11月までですが、bk1のは2005年1月から12月15日までというのが違いの一端になるのかな。

きちんと順位が書いてないのですが、左上からなんでしょうか。というわけで、推測で10位まで。

  1. ちびくろ・さんぼ
  2. マンガ嫌韓流
  3. 骨盤教室
  4. 問題な日本語
  5. ダーリンの頭ン中
  6. ダ・ヴィンチ・コード 上
  7. ダ・ヴィンチ・コード 下
  8. 生協の白石さん
  9. 眞鍋かをりのココだけの話
  10. 失踪日記

Amazon第一位の『マンガ嫌韓流』が2位につけているとはいえ、『ちびくろ・さんぼ』部分復刊版がそれより上になるとは。

『ダ・ヴィンチ・コード』は2004年もベスト10入りしていました。今年も引き続き売れたのは映画化がらみもあるのかなあ。公開はまだ先。

カテゴリー別も公開されてます。見た感じ「文庫・新書・ノベルズ」や「マンガ」は総合ランキングにほとんど反映されていないみたい(ほとんど、書いたのは『失踪日記』のように反映されているものもある)。今年話題になった『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』はどのあたりに入ってくるんでしょうね。

|

« 2005年にネット書店アフィリエイトでよく売れたもの | トップページ | 2005年を振り返ってみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/7921173

この記事へのトラックバック一覧です: bk1の2005年間ベストセラー:

« 2005年にネット書店アフィリエイトでよく売れたもの | トップページ | 2005年を振り返ってみました »