« 『ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い』感想と、〈戯言シリーズ〉BOX発売情報 | トップページ | 自分のブログが祭られてしまったらどうすればいいの? »

RMTと著作権と「CMカット問題」

INTERNET Watchの「RMTによる取引は著作権法に触れることはない」ACCSが回答という記事をIRCで話題にしたら、「ネットゲームは死んだ」とか「多くのMMOをやった身としては著作権に触れていて欲しいな」なんて反応(特にMMORPG経験者)がありました。はてなブックマークでコメントした人の反応が冷静なのと大違い。

最近のMMORPGはやってないのですが、ゲーム内通貨やアイテムを現金で販売する(リアルマネートレード、略してRMT)ためにBOTやチートが横行していて、普通に遊ぶ人が阻害されたり、ゲーム内通貨のインフレが起きたりしているんだそうです。規約違反でアカウントを停止しても、また新たなアカウントを取ってくるんだそうで、いたちごっこ状態。で、何が何でも法規制したい人が「著作権法」違反ということにしたくて質問したような気がします。

でもこれって、どう見ても著作権法の拡大解釈。デュープ(同じアイテムデータを複数作る)は複製権を犯しているということにしたいようですが、データがあるのはゲームサーバの中のままなので、それも違うだろう、と。

それで思い出したのが日枝民放連会長の「CMだけをカットして録画することは『同一性保持権』に抵触する可能性がある」発言(asahi.com記事)。 著作権の拡大解釈だとおもいっきり反発食らったけど、「RMTを著作権侵害に」って考え方はそれと同レベル。この点ACCSはまともな回答をしてると思います。

とはいってもBOTerに狩場荒らされたり、一部レアアイテムがとんでもない高額取引されているという経験があると、「何らかの法規制が欲しい」と思ってしまうんですよね。

そういや以前「電子計算機損壊等業務妨害」で逮捕された人がいました(Slash Games記事)。サーバの動作が不安定になるほど凶悪なことをしないと無理なのかな?

|

« 『ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い』感想と、〈戯言シリーズ〉BOX発売情報 | トップページ | 自分のブログが祭られてしまったらどうすればいいの? »

コメント

ゲームバランスが著しく崩れてり、取得方法や使用方法が契約から著しく逸脱していた場合、威力業務妨害や偽計業務妨害も使えそうな気がするし、そちらの方が正当だと思えますね。

投稿: Tiger | 2005.11.12 12:22

現実には、個人間の取引だから傷害事件や・詐欺事件にでもならない限り、なんともならないでしょうねぇ。

一部ベンダーは、RMTを自社のコンテンツとして取り込むことで対応しようとしているところもありますけどね。

投稿: ふにふに | 2005.11.17 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/7011470

この記事へのトラックバック一覧です: RMTと著作権と「CMカット問題」:

« 『ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い』感想と、〈戯言シリーズ〉BOX発売情報 | トップページ | 自分のブログが祭られてしまったらどうすればいいの? »