« BlogPeopleのランダムピックアップに選ばれてました | トップページ | ココログフリー登場したけど »

依頼するところと検査を受けるところが一緒

構造計算書の偽造のニュースについて、私もマンション住民なものでいろいろ不安を抱えています。説明会のときの建築士の話が好感持てたので大丈夫だとは思いたいのですが。

で、いろんなニュースサイトを見ていたら、YOMIURI ONLINE[解説]マンション建設ブーム 指定機関急増という記事にいろいろ興味深いことが書いてありました。

民間の指定確認検査機関で構造計算のチェックを行われているのですが、なんでも、検査を早く通すところ(つまりチェックが甘くなって仕方のないところ)が繁盛し、熱心にチェックしていると依頼するところが減っていく、という傾向があったそうです。10階建てマンションの構造計算書は厚さ10cmにもなるのだとか。これをチェックするのは大変そうです。

Okumura's Blog構造計算書が偽造しやすいわけで、機械可読な形で提出させれば(ようするに電子データですね)というアイデアが出てたので、私はこれに賛成。でも、これはチェックのスピードアップと偽造を発見しにくくするってことだけですよね。

しばらく前だったと思うのですが、日本では監査が機能していないという話題がありました。「依頼して金を出すところと、監査を受けるところが一緒なので、厳しい指摘をすると次から仕事の依頼がなくなるかもしれない。だからチェックが甘くなる」という話だったんですが、これはこの確認検査機関のことも同じだと思います。

依頼することと検査を受けることが分離できればいいのですが、どうすればいいんでしょうね。

|

« BlogPeopleのランダムピックアップに選ばれてました | トップページ | ココログフリー登場したけど »

コメント

こんにちは。はじめまして。
モダシンさんの今日のラッキーさんの記事から辿ってきました。

> 依頼することと検査を受けることが分離できればいいのですが、どうすればいいんでしょうね。

確かにそうだなぁと思ったのです。確認検査をそこに住むはずの人が依頼できる仕組みにするのが、いいのかなと思いましたがどうなのだろう。
ユーザーがお金も出して、検査機関も選ぶ。その検査に合格しないと売り出すことが出来ない。
建てている途中で、或いは建てる前に申込者を募るマンションの場合は、いけそうな気もします。
建売の場合は、難しいか。
あ、それに合格しなかった場合は、申し込んだ人が検査料丸損する恐れもあるか・・・。
難しいですね。

会計監査の場合は、株主が監査を依頼する形がいいんだろうけど、それも色々難しそうですね。

投稿: よしだこうすけ | 2005.11.26 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/7295269

この記事へのトラックバック一覧です: 依頼するところと検査を受けるところが一緒:

« BlogPeopleのランダムピックアップに選ばれてました | トップページ | ココログフリー登場したけど »