« インターネットの百科事典Wikipediaにいろんなことを学ぶ | トップページ | ぺんぎん書房が破産宣告 »

「なか見!検索」が始まった

Amazon.co.jpを見ていて気がついたんですが、とうとう「Search Inside」の日本版「なか見!検索」が始まりました。名称どうにかならんかったのか。

和書検索をすると「なか見!検索 結果」というタブが出てくるので、それを選ぶと出てきます。

なか見!検索 結果

さらにどんな風に検索語が使われているかを見ることもできます。

なか見!検索 詳細

さらにページの中身を見るには、Amazonでの購入記録がないとダメみたい。私は書籍をAmazonでは買わない(たいていbk1)ので、ほとんど中見えないや。アカウント認証していれば大丈夫みたい。あらかじめサインインしてないとダメのようです(私が思い違いしたのもそのせい)。

「なか見!検索」対応書籍には、商品ページ左柱の「本の情報」のところに「なか見!検索」へのリンクがつきます。書影がある本だとその真下にも。購入記録がなくても表紙や裏表紙、目次などは自由に見ることができます。

著者・出版社向けヘルプページもできています。基本的に出版社とAmazonの契約に基づいているということなんで、著者側はその本の出版社が「やってますよ」あるいは「やりましょうか」って言わないと無理みたい。

|

« インターネットの百科事典Wikipediaにいろんなことを学ぶ | トップページ | ぺんぎん書房が破産宣告 »

コメント

はてなブックマークから見に来たら自分の本が検索されてたので思わずコメント(笑)。
出版時に「Amazonが将来的に全文検索機能を取り入れようとしているので、対応しようと思うが、著者として、検索されることの許可はもらえるか」と尋ねられていたので、すかさず「どんどんやってください」と答えていたんですが、やっと実現したんですね。
たしか去年の秋とかに始まる予定だったと記憶してますが……

投稿: 松永英明 | 2005.11.01 12:44

コメントありがとうございます。出版時にすでに話があったんですね。
Amazon.comで「Search Inside」がはじまったのが2003年10月下旬だったんで、日本でのサービスにけっこう時間がかかったな、って印象です。

投稿: Stella | 2005.11.01 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/6810935

この記事へのトラックバック一覧です: 「なか見!検索」が始まった:

» Amazon Japan、「なか見!検索」を開始 [[K]こあら日記]
本屋さんでページ開いて内容を確認して購入するのと同じってこと?でもね、おいら、読みやすいフォントか、字の大きさのバランスとか、意外とそういうとこを重要視するんだよね。だから、実物の画面イメージもやって欲しかったなぁ・・・でも、これで十分だろうね。 ちなみ....... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 17:22

» 本の「なか見!検索」 [演劇ニュース | シアターレビュー]
オンライン書店amazonで、書籍の中身まで検索できる 「なか見!検索」が始まり... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 16:33

» Amazon.co.jpで「なか見!検索」 [カルシィ村へようこそ!-Neverwinter Nights]
「ネタフル」で、Amazon.co.jpの「なか見!検索」について紹介されてました。 「なか見!検索」は、書籍内の文章を検索して閲覧できる新サービス。 「利用は無料だが、書籍の中身の閲覧については、過去にAmazon.co.jpで商品を購入したことのあるユーザーのみが対象で、利....... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 16:37

» アマゾン:なか見!検索でネットで無料で「立ち読み」ができる [無料インターネットサービス日記]
アマゾン:なか見!検索でネットで無料で「立ち読み」ができる オンライン書店のアマゾンジャパンは、書籍の中身をネット上で閲覧できる検索サービスを始めた。著者名やタイトルからの検索に加えて、書籍を全文検索し、本文の一部をウェブ上で表示する。ユーザーは「立ち読..... [続きを読む]

受信: 2005.11.09 21:29

» アマゾン、本をページ単位でばら売り可能に:アマゾン・ページズ [本の検索屋:ブックモール]
アマゾン・コム社は、書籍をページ単位、章単位で販売するサービス『アマゾン・ページ [続きを読む]

受信: 2005.11.09 22:46

« インターネットの百科事典Wikipediaにいろんなことを学ぶ | トップページ | ぺんぎん書房が破産宣告 »