« Amazonがページばら売りなどの新プログラム開発中 | トップページ | 『グレアム・ヤング毒殺日記』が人気 »

どうしてAmazonには協力的でGoogleには反発するのか

ITmediaニュースの「Amazon、有料で書籍本文にアクセスできる新プログラム開発中」という記事の最後の部分、出版業界にとっては、Googleは敵でAmazonは味方なのかなあ、なんて考えさせられました。

書籍のデジタル化をめぐってはGoogleが全文検索プロジェクトで出版業界からの反発を招いているのに対し、Amazonでは協力的な姿勢を強調。発表資料では出版業界からのコメントとして「出版業界にとって、出版社と作家が公正な対価を受け取れるデジタル配信の新しいビジネスモデルを模索するのは重要なことだ。Amazonがデジタルコンテンツ市場拡大のための革新的な新プログラムを開発する中、われわれは同社と協力できるのを心待ちにしている」(Holtzbrinck Publishersのジョン・サージェントCEO)との談話を掲載している。

Googleに対してはアメリカの作家団体Authors Guildやアメリカ出版社協会が全文スキャンは著作権侵害に当たると訴えているんですが、Amazonでそういう声は聞こえない。マーケットプレイスが始まったときは反発の声も聞こえたんですけどね。(ITmediaニュース「米作家団体がGoogleを著作権侵害で提訴」、「出版社団体もGoogleを提訴」)

やっぱ「取引がある」ってのは重要なのかな。「Search Inside the Book」(「なか見!検索」)で販促効果が認められたのかな。それともAmazonは出版社個別に契約をしてるのかな。

Googleのほうも、著作権が消滅した書籍は全文検索できるようにしてるんですけどね(ITmediaニュース「Google、著作権消滅書籍の全文検索スタート」)。出版社・著作者は少なくとも絶版書籍の著作権は抱え込まなくて、ぜひ公開して欲しいと思うのはユーザーの勝手な言い分なのかなあ。

|

« Amazonがページばら売りなどの新プログラム開発中 | トップページ | 『グレアム・ヤング毒殺日記』が人気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/6889271

この記事へのトラックバック一覧です: どうしてAmazonには協力的でGoogleには反発するのか:

« Amazonがページばら売りなどの新プログラム開発中 | トップページ | 『グレアム・ヤング毒殺日記』が人気 »