« OpenOffice.org 2.0正式版公開 | トップページ | melma!blogが11月末でサービス終了 »

仕掛けられた「口コミ」マーケティング

CNET Japanに「「口コミ」マーケティングは悪か?消費者団体、FTCにバズマーケティングの調査を要請」という2ページ記事が掲載されました。バズマーケティングっていうのは、噂による広告のこと。

人を雇って「口コミ」で宣伝したり、わざと繁華街や電車で商品を使って見せたり、あるいはウェブログで高評価の感想をいくつも書かせたり、そういう話のことかと思ったら、なんか違う。

槍玉にあがっている「Subservient Chicken」は、確かに最初はスポンサー表示がありませんでした(現在は Burger King の著作権表示があります)。特にハンバーガーと関連付けるものはなかったんですが、もしかして Burger King の店舗では何かあったんですか? 日本でバーガーキングが撤退して久しい(私はバーガーキングのパテのほうが好きだった)ので、日本では話題にはなっても宣伝にはなりえないってのがあるんですけどね。

日本で言うと「人工知能研究所」がそうなのかな? バンダイで20Qが発売決定になったとき、イメージは「あの人工知能研究所が玩具に」って扱い。スポンサーを明らかにしてたかどうかもわからなくなってしまいました。

20Q (ブルー)20Q (レッド)

海外では人気のある玩具だということすら知らなかった(いくつか種類が出てるけど、占い水晶球みたいなのもあるのね)。

暴力的にまとめると、口コミや噂の自然発生を促すような広告手法はいいが、不自然なものはいけないよ、ということ。アップルみたいにうまくやれ、と(無理)。

|

« OpenOffice.org 2.0正式版公開 | トップページ | melma!blogが11月末でサービス終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/6499265

この記事へのトラックバック一覧です: 仕掛けられた「口コミ」マーケティング:

« OpenOffice.org 2.0正式版公開 | トップページ | melma!blogが11月末でサービス終了 »