« Amazon八分 | トップページ | Google Earthで遺跡発見 »

活字離れと古典離れは分けてくれ

また出た「活字離れ」な調査結果ニュース。

今のところYOMIURI ONLINEでしか報じられていませんが、大学生に古文と現代文の意味を問う問題を出したところ、2年前の高校生と比較しても正答率が低いという結果になりました、というもの。9月17日に開催された日本教育社会学会で発表されたようです。

私も過去には「追われて見たのは」とか「うさぎ美味し」「和菓子の恩」などの勘違いをやらかしてきましたのであんまり笑えないんですが、童謡唱歌を「意味を知る」という経験は今もやらないんじゃないかな。基本的に国語の時間ではなく音楽の時間ですから、「読めればいい」「歌えればいい」なわけで。

でもこれって、古典(戦前文学・童謡唱歌含む)離れとはいえると思うけど、活字離れかどうかは別だよね。今作られている新しい文章をたくさん読んでいても、こういう問題には答えられない。

高校生の方が成績がよかったってのは、やっぱり受験のせいなのかな? 大学に入ったら急速に忘れていく、と。必要がないからかな。

|

« Amazon八分 | トップページ | Google Earthで遺跡発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/5999392

この記事へのトラックバック一覧です: 活字離れと古典離れは分けてくれ:

» 唱歌「夏は来ぬ」については「夏が来ない」の意味にとらえた人…フツ〜です? [讀読新聞blog版]
大学生の3人に1人は、「春はあけぼの」の意味が分からない。国立国語研究所の島村直己主任研究員らの研究グループが17日、千葉市で開かれた日本教育社会学会でこんな調査結果を発表した。 讀読新聞「枕草子の“春はあけぼの”の意味を?」 {/face_ase2/}大学生「春には曙も引退?」 讀読新聞「ん〜、おし〜?…松尾芭蕉の俳句“古池や 蛙飛び込む 水の音”で飛び込んだのは?」 {/face_ase2/}大学生「清水圭?」 讀読新聞「ん〜、おし〜?... [続きを読む]

受信: 2005.09.18 16:36

» トンデモ科学と俗流若者論 [タカマサのきまぐれ時評]
■現役大学生が、ちまたに横行する「俗流若者論」をバッサバッサきりまくる、『後藤和智『新・後藤和智事務所 ~若者報道から見た日本~ 俗流若者論から日本社会の一面をのぞく』は、毎回高水準の批判が展開されているウェブログだ。当サイトサイトでも、リンク集の常連...... [続きを読む]

受信: 2005.09.20 06:58

« Amazon八分 | トップページ | Google Earthで遺跡発見 »