« 子供がキレるのは進化論偏向教育のせい? | トップページ | 戯言シリーズ最終巻の発売日決定 »

「一太郎」アイコン訴訟、高裁では逆転判決

INTERNET Watchなどによると、ジャストシステムの「一太郎」「花子」に特許を侵害されたとして松下電器が販売差し止めを求めていた裁判の控訴判決が30日にあり、一審での「両ソフトの製造販売を禁じる」とする判決を棄却するというものになりました。

asahi.comには判決の理由としてこんなことが書いてありました。

判決では「松下側の特許は進歩性を欠き、無効にされるべきもの。松下側は特許権行使ができない」と判断した。

どのへんが進歩性に欠けているのかは判決文を読まなければならないのですが、「知的財産権裁判例集」に掲載されるのは来週になるのかな?

最高裁までもつれ込みそうな予感がします。

追記(2005/10/01):知的財産権裁判例集に判決文が載りました。

追記(2005/10/11):INTERNET Watchによると、松下電器は上告しない方針を表明しました。

|

« 子供がキレるのは進化論偏向教育のせい? | トップページ | 戯言シリーズ最終巻の発売日決定 »

コメント

この裁判ですが、松下が主張してる特許というのがヘルプボタンにマウスアイコンを貼り付けると引っかかるというもので、Windows標準GUIで当たり前にやってる処理なんですよ。
地裁で松下勝訴が出たときのITMediaの記事がけっこう詳しいです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0502/01/news052.html

いわゆる特許ゴロの典型例として松下勝訴判決がでたときにはかなり話題になりました。
スラッシュドットでも取り上げてますね。

投稿: 彬兄 | 2005.10.01 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/6185225

この記事へのトラックバック一覧です: 「一太郎」アイコン訴訟、高裁では逆転判決:

» ジャストが逆転勝訴! [てけとぉな blog]
ジャストが逆転勝訴 「一太郎」アイコン訴訟 ジャストシステムが逆転勝訴--「一太 [続きを読む]

受信: 2005.10.02 21:53

« 子供がキレるのは進化論偏向教育のせい? | トップページ | 戯言シリーズ最終巻の発売日決定 »