« 「ルー・マルレの次期音楽監督」って | トップページ | ベネッセのダイレクトメールは住民基本台帳をもとにしていた »

Operaがライセンス料を無料化

INTERNET Watchなどによると、いままで有料登録しないと消せなかった広告バーが、今公開中のものから撤去されました。公式サイトからダウンロードしインストールしてみたところ、本当に広告がなくなっていました(このマシンには今までOperaを入れたことはありません)。

それに伴いライブドアはOperaの販売を終了し、店頭在庫を順次回収していくことを発表しました。またユーザー登録した会員に対するサポートは11月30日まで。以降はOpera Japanがサポートを行います。トランスウェアとの揉め事はどうなるんだろ。

Operaアフィリエイトや十周年記念ライセンスキー無料配布祭といった、今まで無料でライセンスを入手する方法がないわけではなかったのですが、そういうことをしないでも広告バーがなくなったわけで。特に「あと少しでOpera無料ライセンスがもらえる!」というOperaアフィリエイト参加者はガックリきてるかも。

|

« 「ルー・マルレの次期音楽監督」って | トップページ | ベネッセのダイレクトメールは住民基本台帳をもとにしていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/6035185

この記事へのトラックバック一覧です: Operaがライセンス料を無料化:

» Operaが完全無料化になりました。 [貧相なWebノート]
ノルウェーOpera Software のタブ型WebブラウザOperaが、永久に無料化されました。 バージョンも「8.50 Build 7702」になり、セキュリティパッチを含むため、アップデートは必須です。 また、Bittorrent機能は標準搭載されていませんが、日本語版などをダウンロード... [続きを読む]

受信: 2005.09.20 20:57

« 「ルー・マルレの次期音楽監督」って | トップページ | ベネッセのダイレクトメールは住民基本台帳をもとにしていた »