« 「国語に関する世論調査」結果とその報道 | トップページ | 「Googleマップ」「Googleローカル」の日本向けサービス開始 »

「萌え」と経済

livedoor CREDIT 【もえろーん】には思わず脱力してしまったのですが、実際、「萌え」と経済ってどのくらい関係あるんでしょう。

萌え経済評論家(「萌え」は経済にかかる。評論家にはかからない)森永卓郎による『萌え経済学』というそのまんまな本が講談社から発売予定になってます。 NIKKEI NET BizPlusにあるコラムでの萌え語りに驚いてしまったんですが、この本もその路線なのでしょうか。

その森永卓郎コラムの7月1日分がずばり「萌えと経済の関係を考える」。2005年4月に浜銀総合研究所のレポート(PDF)をきっかけに起きた「萌え株バブル」について、ちと否定的なことを書いています。

 例えば、同人誌の発行部数は数百程度だし、ガレージキットというフィギュアの組み立てキットは、数十という生産ロットになっている。コスプレの衣装は一品物が主流だ。

 当然、その生産者は、個人か、数人規模の零細企業になる。つまり、萌え市場の商品は、ビジネスとして大量生産されるのではなく、むしろオタクたちの間で作品が共有されるという性格を持つのだ。

 だから、一般に萌えビジネスは、巨大企業も生まないし、大きな資本を必要とすることもない。当然、上場する気力も体力もないのだ。

森永さんは萌えやオタクについてよくわかっていすぎて怖いです。たしかにコンテンツ制作側は少量多品種になるわけですが、コンテンツを利用する「オタク周辺産業」というのがあるわけで、AERA 2005年7月17日号で紹介されていたタオル印刷業なんかは典型的な周辺産業。「オタクが作ったコンテンツで周辺産業が肥え太りやがって」みたいな反発はありそう。

野村総合研究所が2004年8月にまとめた「オタク層」の市場規模推計と実態に関する調査の書籍版が『オタク市場の研究』 というタイトルで出版予定になってますが、発売元の東洋経済新報社のサイトには陰も形もないのが不安です。

|

« 「国語に関する世論調査」結果とその報道 | トップページ | 「Googleマップ」「Googleローカル」の日本向けサービス開始 »

コメント

>>一般に萌えビジネスは、巨大企業も生まないし、大きな資本を必要とすることもない。当然、上場する気力も体力もないのだ。

むしろそれでいいと思う。

企業が下手に儲け主義で割り込んでくるから場が混乱するのであって、細々とマイペースでいけば絶対に長持ちする。

つか、萌えブームとか非常にウザイデス。

一般人とか騒ぎすぎ。

早く昔みたいな混沌とした時代が戻ってくることを願いつつ・・・・・

投稿: オズマ | 2005.07.15 11:09

印刷所なんかはこの出版不況の中、同人誌を少数でもオフセット印刷しますよーって展開始めて周辺産業としてはかなり優秀な部類に入るのかな?
CDなんかも最近はかなり安価にプレスやってくれるようになってるそうですね

投稿: やまみ | 2005.07.16 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/4964991

この記事へのトラックバック一覧です: 「萌え」と経済:

» 「もえろーん」に萌え! [借金は身を滅ぼす・ブログ]
「もえろーん」(ライブドア・クレジット)だそうです。 ◎実質年率:18.25% [続きを読む]

受信: 2005.07.15 01:30

» ライブドアクレジット萌えローンを開始。 [いいかもねっと【 キャッシング 】]
ライブドアクレジットが萌えローンを開始した。ライブドアクレジットは株式会社ライブドアの100.0%子会社で通常の消費者金融業務を行っていたがこの度、「萌えローン」と言う形式でも貸付を開始した。と、何かすごい事を行っているかのようだが実はただ単にWEBのキャラク...... [続きを読む]

受信: 2005.07.21 11:39

» オタク市場が景気を浮揚? [かきなぐりプレス]
民間のシンクタンクが試算したオタクの市場規模は2900億円にのぼるという。これはデジカメの2500億、ケータイの2330億をも上回る。 オタク界で、世界最大のイベントといえばコミックマーケット。おととい東京ビックサイトで開かれたコミケには3日間で48万人が訪れ、50億円を落とした、という。 これ一般のイベントとは違って来場者は金を使うために来ている、ということだ。ただ、見るためのイベントではなく買い物が目的なわけだ。オタクの物欲、収集欲には脱帽だ。1人1万円は使っている計算になる。金を動... [続きを読む]

受信: 2005.08.16 10:08

» オタクの経済学に向けて [Economics Lovers Live]
オタクや萌えが経済学の対象になったのが昨年後半くらいから今年の大きな変化ですが、それをまとめた好ブログが以下です。 http://stella.cocolog-nifty.com/starchartlog/2005/07/post_6bf7.html 浜銀レポート http://www.yokohama-ri.co.jp/press/report/pr050401.pdf 野村総研の待望??される本の元ネタ http://www.nri.co.jp/news/2004/040824.html ... [続きを読む]

受信: 2005.09.18 23:36

« 「国語に関する世論調査」結果とその報道 | トップページ | 「Googleマップ」「Googleローカル」の日本向けサービス開始 »