« 「本物」のブログってなんだろう | トップページ | Amazonマーケットプレイスの『マンガ嫌韓流』にプレミア価格 »

キャラクター画像の個人サイト使用トラブル

有名テキストサイト「僕の見た秩序。」に小学館プロダクションから、「とっとこハム太郎」の画像を無断使用しているので削除して欲しい、というメールが届いたそうです。そのへんのやりとりを公開しているのでそちらを見て欲しいのですが、「小プロは厳しい、という噂は本当なのね」というのが最初の感想でした。

個人使用の画像利用で最も厳しいのはミッキーマウスを要するディズニー、というのが定説。ゲーム「キングダムハーツ」発売時に同人誌印刷組合から「ディズニーキャラクターを使っている同人誌やグッズの印刷は受けられない」という勧告が出たほど。同様に「ポケットモンスター」も厳しいらしい。著作権ではなく肖像権だけど、ジャニーズ所属アイドルの写真の掲載がうるさいのも有名か。2001年ごろにミッフィー関係の個人サイトが軒並み閉鎖、あるいは画像取り下げになったのは、著作権管理会社からの高圧的警告メールがきっかけでした。(参考:Books BY 麻弥 ~ 日記 Selection

個人サイトでの画像利用に一定の制限をかけていながら可能にしている会社もいくつかあります。だけど、それはファン活動を通して知名度を上げていこうというチャレンジャーであって、ディズニーキャラクターやポケットモンスター、ミッフィーあるいはジャニーズ所属アイドルのような、既存メディアを通しての活動だけで十分な知名度を持てる場合は、むしろ利用を制限して商品を買ってもらうほうが都合がいいのでしょう。(参考:真性引き篭もり

今回の件で改めて小学館の画像使用・著作権に関するページを読みました(小学館公式トップページから「画像使用・著作権について」。リンク許諾制でトップページにしかリンクできないよ)。このページの規定では、たとえ非営利であっても、ほぼ全てのインターネット及びイントラネットでの小学館の出版物の利用はできないと言っていいです。さすがにこれは厳しすぎるとしか。しかも許諾の窓口すら存在しません。

ところで小学館プロダクションさん。営利目的で出版物の装丁を掲載しているサイトについてちゃんとクレーム言ってますか? もちろんネット書店のことです。 ネット書店では許諾しているというのなら、許諾の窓口が存在するはずなんですが。

追記:はてなブックマークで「小学館と小プロを混同している」という指摘がありましたので、少し修正しました。ポケモンのキャラクタービジネスライセンスは現在小プロで管理していますが、ポケモン同人誌作者が逮捕された事件は任天堂の告発でした。

|

« 「本物」のブログってなんだろう | トップページ | Amazonマーケットプレイスの『マンガ嫌韓流』にプレミア価格 »

コメント

amazonの書影にすれば無事解決ですね!  (o^-')b

投稿: calor | 2005.07.27 14:22

権利者は「自分にとって都合の悪いこと」についてのみクレームをつけていいのが現状であって、営利/非営利は関係ないのでは?
真性引き篭もりさんのとこにも「非営利という暗黙の仮想協定は仮想のものであり、実体は無い。」とありますしね。
そういう現状の不便さに対するアンチテーゼとしてのCCでしょうし。

投稿: | 2005.07.27 15:36

Amazonの書影を使ったとしても、出版社に都合が悪ければダメ扱いになりそうなのが嫌なところ。

>権利者は「自分にとって都合の悪いこと」についてのみクレームをつけていいのが現状であって、営利/非営利は関係ないのでは?

ご指摘ありがとうございます。まったくそのとおりですね。ネット書店で書影を使ってくれるのは「都合のいいこと」だから黙認、というものなんでしょうね。

クリエイティブコモンズライセンスなんかはそのへんの好き嫌いや都合の良い悪いに左右されないわかりやすいライセンスを作ってるんですが、どうやら作り手に好き嫌いや都合で左右したいという欲求があるようです。

投稿: Stella | 2005.07.27 16:51

http://yosshinaga.harisen.jp/
ここに僕の見た秩序の真実が載っています。

投稿: 茶 | 2006.02.23 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/5173662

この記事へのトラックバック一覧です: キャラクター画像の個人サイト使用トラブル:

» 非営利なら使ってもいいという幻想と、営利なら使わせるという現実。 [shidhoの日記]
まあ、幻想に過ぎない、という話のそのものは[http://sinseihikikomori.bblog.jp/entry/211534/:title=真性引き篭もり]さんのところできっちり書かれているのでそれを読んでもらうとして、じゃあなぜそういう幻想が生まれたのかと言うことについて。 たぶん、著作権使用料には従量課金、という印象が強い。特に「売り上げの何パーセント」ってなかんじであがりをかすめとるイメージから来たんじゃないだろうか。 もちろん想像なんだけど、これをそのまま算数の数式にしてしま... [続きを読む]

受信: 2005.07.28 16:48

« 「本物」のブログってなんだろう | トップページ | Amazonマーケットプレイスの『マンガ嫌韓流』にプレミア価格 »