« ティーポット信仰カルト教団 | トップページ | 「おひとりさま」は登録商標 »

ソフトバンクパブリッシングがライトノベル出版に参入

コンピュータ書やネット関係の書籍を多く出しているソフトバンクパブリッシングが、2006年春に「GA文庫」というライトノベルレーベルを立ち上げると発表しました。同時に、小説とイラストを募集しています。(モノグラフ経由)

来年にかけてライトノベルへの新規参入があるという噂をちらほらと聞いていて、榎本秋さんのウェブログでもそのことについて触れています。どうもソフトバンクパブリッシングだけじゃないみたい。新規参入でいろいろな新しいものが増えるとうれしいのですが、それと同時にどうしても「そんなに気軽に参入して大丈夫か?」って気にもなります。安易に既存の客を奪おうとせずに、新しいところから探してこないと共倒れになっちゃうんじゃないかなあ。 MF文庫Jみたいにうまく回るといいんですが、白泉社My文庫みたいなことになっちゃ困る。

イラストレーターの不足、ってのも気になります。ただ、作家志望・イラストレーター志望にとってはいいチャンスかも。「随時募集・年齢プロアマ不問」なので、敗者復活を狙うというのもありそう。小説のほうの「400字詰め原稿用紙300枚から500枚」ってのは、同じような公募ものでは長いほうです。

ソフトバンクパブリッシングがすぐにあきらめて撤退なんてことをしないで欲しいなあ。 

|

« ティーポット信仰カルト教団 | トップページ | 「おひとりさま」は登録商標 »

コメント

 未確認の噂なのですが、来年は10社がライトノベルに参入予定、という話がSF大会のラノベ関連企画で出てました。本当に共倒れが心配です(^^;)

投稿: うな | 2005.07.20 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/5062015

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクパブリッシングがライトノベル出版に参入:

« ティーポット信仰カルト教団 | トップページ | 「おひとりさま」は登録商標 »