« ライトノベル領有権問題 | トップページ | 共謀罪怖い »

総務省さん、「傷つく」で終わらないで

子供にブログぅ?!…ブロガーたちが大ブーイングというYOMIURI ONLINEの記事に、「新聞社記事の反応に新聞社が答えるようになったのか」と思い、読んでみました。

元はといえば子どもはみなブログを持て!というYOMIURI ONLINEの記事。 情報フロンティア研究会のページにそれらしいものが見当たらないのですが、「ICTリテラシーの向上のために義務教育段階でSNSを利用しよう」みたいなことが報告書案に盛り込まれているのは確認できました。ほんと、「ブログを持て!」なんてどこに書いてあるんだろう。議事の中で出てきたのかな?

さて、23日のYOMIURI ONLINE記事に、はてなダイアリはてなブックマーク、 あるいは1470.netのblogmapを通じての反応が紹介されてたんですが、おおむね反発。そうなるもの仕方がないんですよね。教師や親が指導できないのに、子供だけで公開インターネットに放り込んだらトラブル必至。今でもぱど厨サイト乗っ取りの背景に、操作方法は教えられても、責任やマナー、法律といった面にまで教育が及んでいないことが言われていて、もしも子供がみなブログを持ってしまったらどんな騒ぎになるのかわかりきっています。そうでなくても強制ほど飽きられやすいというのに。

そういう反発の声に総務省の担当者はこんな回答をしたらしい。

そこで、同省担当者に感想を求めると、「市民レベルで広がるブログに国が関与しようとすることに対し、反発があるのは当然だろう」と冷静な意見が聞かれた。ただし、「政策に対する反応がリアルに見られるのは貴重だが、これほど反発の割合が多いと傷つく」と、ショックも受けている。

違うだろ! それは「冷静な意見」ではなく、単に目と耳をふさいでるだけ。たしかにこれほど多くの反発があると有益な意見を探すのも大変ですが、中には傾聴に値するものも含まれてます。

例えばYOMIURI ONLINEの記事でもハードウェア面の整備が触れられていますが、ソフト面、特に教育者の育成についてはまったく見当たりません。教育者を育成すること、それがICTリテラシーの向上に繋がるんではないでしょうか。

余談:MM/Memoでの反応は、「新聞社サイトにはじめて1470.netが載った」というものばかりです。私もその一人だけど。

|

« ライトノベル領有権問題 | トップページ | 共謀罪怖い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/4685025

この記事へのトラックバック一覧です: 総務省さん、「傷つく」で終わらないで:

« ライトノベル領有権問題 | トップページ | 共謀罪怖い »