« BlogWriteII正式公開 | トップページ | 批評をチェックする媒体・されない媒体 »

誤読の連鎖

ARTIFACT ―人工事実― | 自分の記事を誤解して書かれた記事が有名サイトで紹介され、広まってしまった時の悲しみという記事を読んだ雑感など。

「自分の記事が誤読される」というのは、相手の読解力か自分の表現力の悪さ(たいていどちらも)が原因なのですが、他人の記事が誤読されてその影響で自分の記事を読まれずに反応される、というのはもうどうしたらいいかと。それが原因でコメント欄で非難の応酬が起きたら目も当てられません。

リンク先を読まない、というのは、RSSリーダーだのソーシャルブックマークだのといった便利なもののおかげで「読みたいと思うページ」が大量になってきているからリンク先までチェックしていられない、ってのがあるような気がします。

あと、タイトルだけ読んで脊髄反射的反応ってのも。煽りタイトルはソーシャルブックマーク最適化的アクセスアップのひとつなんだけど、煽りすぎはかえって害になるというか。

誤読されにくい記事の書き方は、void GraphicWizardsLair( void ); // blogはpermalinkのせいで前後のエントリーを読まれずに誤読されて当然になった読みやすいエントリを作成するノウハウにあるとおりなんでしょうけど、加野瀬さんの書くとおり、このままだと文章スタイルの標準まで作りそうです。論文やニュース記事では誤読されにくい記事の書き方は重要だけど、 面白記事の芽がつぶされかねないなあ。

|

« BlogWriteII正式公開 | トップページ | 批評をチェックする媒体・されない媒体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/4633476

この記事へのトラックバック一覧です: 誤読の連鎖:

« BlogWriteII正式公開 | トップページ | 批評をチェックする媒体・されない媒体 »