« ITmedia、オルタナティブ・ブログはじめました | トップページ | Musical Batonもらいました »

MSN中国の禁止ワードは「民主主義」「自由」など

各所で報じられましたが、マイクロソフトのウェブログサービス「MSNスペース」の中国版に禁止ワードが設定され、中国語の「民主主義」「自由」「人権」「台湾独立」などを書くとエラーメッセージがでるそうです。(via NIKKEI NET他多数)

日本の日記レンタルサービスでもエロやグロ関係の禁止ワードがあることから、禁止ワード機能そのもので中国やマイクロソフトを攻め立てるのはおかしいんですが、でもモノが「民主主義」「自由」「人権」「台湾独立」なんだもんなあ。

中華人民共和国では、以前から海外のサイトで中国的に問題のあるところを遮断したり、個人ページ(ウェブログ含む)を登録制にしたり、一部検索語の使用制限がかかったりと、インターネット利用の制限を強めてきていたので、その一環なんでしょうね。

実際の利用者はこれから当て字や形が似た漢字の利用で禁止ワードを逃れようとするのでしょうね。いたちごっこがはじまるのかもしれません。中国のインターネットスラングが大量増殖するかも。

それにしても朝鮮民主主義人民共和国や自由軟件(フリーソフトの訳語)はどうすればいいんだろ。

追記:スラッシュドット経由共同通信

記者団によると、「(天安門事件が起きた)6月4日」も使用できないほか、「中国」「汚職」の組み合わせも使えない。

ちょっとまて、6月4日の日記が書けなかったりするのか?

禁止ワード探しが盛り上がりそうな予感。

|

« ITmedia、オルタナティブ・ブログはじめました | トップページ | Musical Batonもらいました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/4561100

この記事へのトラックバック一覧です: MSN中国の禁止ワードは「民主主義」「自由」など:

« ITmedia、オルタナティブ・ブログはじめました | トップページ | Musical Batonもらいました »