« 軍政民営化の実態:『戦争請負会社』 | トップページ | 「その時はすべてがあまりに遅すぎた」と言いたくないから »

現在の新刊点数は多いのか

Copy & Copyright Diaryの7満点は多すぎるか、多すぎないかを読んで、「書籍の粗製濫造論」について考えてみました。

もとはというと、版元ドットコム 版元日誌での〈(その2)自由な社会への道と版元ドットコムとの関係を考えてみた〉のこの文章。

一年間の新刊点数が7万点をこえています。一日に250点ほどになるようです。

この「7万点」という数字をめぐっては、作りすぎだとか、粗製乱造などというように言われています。

でも、ぼくはどうもその「粗製乱造」論に納得がいきません。

実際7万点が「正しい」新刊点数かはよくわからないし、正しい新刊点数を考えたり決めようとしてもあまり意味があるとは思えません。

しかし、7万点という数はともかくとして、たくさんの本を出すことができる状態はとてもいい状態だと思います。

この、出せる自由、がぼくらの自由の度合いを表す指標となると思うからです。

7万点・一日250点という出版数が粗製濫造かというとそうではないとは思いますが、作りすぎかどうかであれば、私は「作りすぎ」だと思います。それはもう、「物理的にチェックしていられないから」。

もちろん、この「7万点」には古くからの名著の復刊や文庫化といった形態の変更も含まれていますから全てチェックしなければならないわけではありませんし、興味や考え方が違うものを除いていけば、実際にはそれほどの本を読まなくてもいいはず。

しかし、日に3冊も読めるならともかく、日に1冊が限度、最近はそれすらできなくなってしまい(忙しさではなく、「読書力」が落ちたんです)、積読とチェックリストはたまる一方。その本の存在を知ったとしても読みきれないという状態がしばらく続いています。

一方、出したい人にとっては「まだこんな本が出ていない」と思うことが多いのでしょう、たぶん。資金回収のために柳の下のドジョウ狙いとしか思えないものもあるわけですが、そればっかりじゃないでしょうし。

出したい人と読みたい人のギャップを考えると、今の出版というビジネスモデル自体が転換期に来てるように思います。出版界ではいろいろと次への模索をしているようですが。

|

« 軍政民営化の実態:『戦争請負会社』 | トップページ | 「その時はすべてがあまりに遅すぎた」と言いたくないから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/4204509

この記事へのトラックバック一覧です: 現在の新刊点数は多いのか:

« 軍政民営化の実態:『戦争請負会社』 | トップページ | 「その時はすべてがあまりに遅すぎた」と言いたくないから »