« 「はてなRSS」βリリース | トップページ | Firefox 1.0.4 公開 »

中国が日本のウェブログサービスを遮断

去年、「韓国が海外ウェブログサービスを遮断」という記事を書いたのですが、そのへんの遮断は中国のほうが本家なんでしょうね。finalventの日記経由で、エキサイトブログが中国から見えなくなっているという情報がありました。ココログも一時アクセス遮断されていたらしいです。

エキサイトブログもココログも、サブドメイン指定で「問題のウェブログ」を狙い撃ちで遮断することができるはずなんですけど、それについて「圏外からのひとこと」で興味深い考察がなされてます。

「ドメイン丸ごと」というのは、特定のブログだけ狙いうちすると、かえってそこにアクセスが集まるからかもしれません。そういう意味では、制限したい人たちの立場に立てば、なるべく広く制限するのが正解。

しかし、こうやってアクセス遮断が行われていくと、「どういうサイトが遮断されるのか、どういう記事があると遮断になるのか」という傾向と対策がなされていくのでしょうね。

で、エキサイトブログが中国から見えなくなっているという情報を書いた北京在住のpandanokuniさんがどうやってエキサイトブログを更新したかというと、そこは「とある方法(非公開)」だそうです。中国には「上有政策、下有対策」という言葉があるそうで、なんとしたたかなところなんでしょう。

|

« 「はてなRSS」βリリース | トップページ | Firefox 1.0.4 公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/4081156

この記事へのトラックバック一覧です: 中国が日本のウェブログサービスを遮断:

« 「はてなRSS」βリリース | トップページ | Firefox 1.0.4 公開 »