« 「銀河英雄伝説VII」サービス終了 | トップページ | AdobeがMacromediaを買収する »

プレイリスト晒しサービス

最近クラシックやヒーリング系にはまってしまい、放置状態だったAudioscrobblerLast.FMをまともに使ってみるようになりました。私は以前にAudioscrobblerのプラグインを入れたまま放置してました。パソコンを買い換えてからプラグインを入れるのを忘れていたので改めて入れなおし。一時期「Dragostea din tei(つーか、マイアヒー)」を延々とリピートしてたのがまるわかりです。

AudioscrobblerやLast.FMはユーザーページには誰でも見ることができます(私のLast.FMユーザーページ私のAudioscrobblerユーザーページ)。プレイングリストはRSS配信してますし、このRSSを使って自分のサイトに貼り付けられるように、AudioScrobbler Now PlayingSIDE)やasplayingといったティッカーを作って公開している人がいます。

国産の音ログは、iTunesでなければ使えない、専用アプリケーションを立ち上げなければならない(Windows版、Mac版があります)という難点がありますが、検索に失敗しなければAmazon.co.jpからCDジャケットを取ってこれます。こちらもRSS配信してますし、Flashや画像で最新の曲のジャケット画像を表示させることもできます。クラシックアルバムだと取得失敗率が高そう。

本棚晒し系サービスのように、わざわざ入力しなくても勝手に登録できるってのが楽ですね。

追記:そういえば、職場に広がる「音楽プレイリスト不安症」--米研究者が発表という記事が最近出ていました。1年以上前から『iTunes』のプレイリスト共有機能で問われる音楽センスなんてのは言われてたんですね。

|

« 「銀河英雄伝説VII」サービス終了 | トップページ | AdobeがMacromediaを買収する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/3750398

この記事へのトラックバック一覧です: プレイリスト晒しサービス:

« 「銀河英雄伝説VII」サービス終了 | トップページ | AdobeがMacromediaを買収する »