« bk1のリニューアル終了 | トップページ | 『ユリイカ』2005年4月号をやっと読みました »

世界最長小説『ニカーズ』とは

「グイン・サーガ」100巻記念、ということか、ギネスブック登録世界最長小説話がいろいろ出ています。プルースト『失われた時を求めて』(集英社ハードカバー全13巻ちくま文庫全10巻他) がずっとこの座を占めている(「グイン・サーガ」は毎度掲載を断られている)と思ったら、2005年版からはロバーツ『ニカーズ』が最長小説として登録されているそうです。(Yomiuri-Online

で、サイコドクターぶらり旅の風野さんが調べたところによると、この『Knickers』は、ペーパーバックの癖に3400ページ(Amazon.co.ukではなぜか2446ページになってる)、お値段は200ポンド。Amazon.co.jpでは46,435円(2005/4/10現在)です。まあ、『失われたときを求めて』ハードカバーが6万円強、文庫版が1万2千円強なのを考えると、そんなものかもしれません。で、肝心の内容はというと……サイコドクターぶらり旅で紹介されてますが、PDF版をダウンロードする気もなくなりました。いやはや。

何度も断られている「グイン・サーガ」のギネスブック登録ですが、やはりここは完結の暁に、広辞苑並の紙と字の小ささで一冊にまとめて刊行してしまうのがよろしいのでは。Yomiuri-Onlineに載っていた登録が断られた理由を見る限り、完結しているってのがかなり重要みたいですし、一冊にまとまっていれば文句はなかろうかと。

個人的には、「グイン・サーガ」よりも「ペリー・ローダン」の方を登録してもらいたい。

追記:版元Simon Roberts PublishingのサイトからPDF版をダウンロードして、問題の52ページ以降を読みました……ははははははははははははは(略)。これを200ポンドで売ってるのか。これをギネスブックに申請して登録されたのか……はあ。

|

« bk1のリニューアル終了 | トップページ | 『ユリイカ』2005年4月号をやっと読みました »

コメント

TBどうもです。1人で書いた、というのも重要らしいので、ペリー・ローダンはダメみたいです。それから、"Knickers"ですが、ぜひダウンロードして、52ページ以降の衝撃を確かめて下さい。凄い、というかひどいですよ。

投稿: kazano | 2005.04.10 12:15

ダウンロードしました。数行しかないページがいくつもあるな、と思いながら52ページにたどり着きました……

なんじゃこりゃー!!

投稿: Stella | 2005.04.10 13:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/3639193

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最長小説『ニカーズ』とは:

« bk1のリニューアル終了 | トップページ | 『ユリイカ』2005年4月号をやっと読みました »