« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

公開ブックマークに登録されたくないという感情

FC2ブックマークに登録されることの拒否反応について。FC2インフォメーション FC2ブックマーク開始のコメントを見ると、なんだか感情的な問題になっています。FC2側は、マイブックマークの公開/非公開の設定ができるようにしたり、ロボットよけメタタグが適用されるようにする、すでに登録されたページへの削除要望手順を示したりしていますが、もうどうにもならないといった印象。

なんかどこかで聞いた話だなあ、と思って「(遊) あそびや(asobiya)~★」のFC2 BOOKMARK、改善?に出てくるいくつかのキーワードをピックアップしていろんなサイトを見ていて、やっと2003年12月ごろに盛り上がった「ネットでの儀礼的無関心」を思い出しました(当時のリンク集)。もう1年半近く前なのか、まだ1年半近くしかたってないのか……。

今回盛り上がっているのは主に同人サイト方面ということもあって、「同好の士には見てもらいたい、けれどもそれが理解できない人には見てもらいたくない」という感情が、FC2ブックマークの開始で噴出してしまったのかな、なんて思います。(cf. @ parallel minds: たまには新しい仲間も欲しいから閉じてしまうのは嫌だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブログブームが終わり、ブログがある日常が始まる

R30::マーケティング社会時評にブログブームの終わりという記事が出ていました。PageViewが伸び悩むようになり、それははてなダイアリーやLivedoor Blogなどの全体を通しても同様らしい、というのが論拠。

私はウェブログというツールの利用はまだまだ広がっていくんだろうと思いますが、ウェブログ開設数が読者数の伸び以上に増えていくので、個々のPageViewはそれほど伸びていないのでしょう。

ブログブームの終わりについては、アルカンタレラの熱い夏のブログの「細分化」と「純化」と「復古」という考察が興味深い指摘をしています。特に「復古」については、時々「無断リンク禁止」が騒ぎになることを考えると、そういう動きが起きていると感じます。楽天広場だって、日記だブログだと言ってますが、実際は扉があってプロフィールがあって掲示板があってリンク集がある、という旧来の「ホームページ」的なもの。NAVERブログがCURURUになるのも、この「復古」の動きなのかな。

続きを読む "ブログブームが終わり、ブログがある日常が始まる"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

AmazonでiPod shuffleを買うと、今なら余分にギフト券ゲット

Apple iPod shuffle 1GB M9725J/A

by G-Tools

Amazon.co.jpで2005年4月27日(水)~5月10日(火)にiPod shuffleを買うと、なんと通常の「Amazonギフト券最大10%還元」だけでなく、音楽CD用Amazonギフト券がプレゼントされます。1GB のだと「通常のAmazonギフト券1500円分+音楽CD用Amazonギフト券1000円分」、512MBだと「通常のAmazonギフト券1000円分+音楽CD用Amazonギフト券500円分」になります。

Amazon.co.jpで音楽CDをよく買う人にはかなりお得なキャンペーン。

また、Mac miniとiPod shuffleを一緒に買うと、5000円分のAmazonギフト券がプレゼント。もちろんMac miniを買ったときの「Amazonギフト券最大10%還元」ももらえます。ちょっと太っ腹すぎる。

Apple Mac mini (1.42GHz, 80G, 256, Combo, 56k, E) [M9687J/A]

by G-Tools

もちろん、キャンペーン用ギフト券なので、使用上の注意に気をつけて。

私はトップページ見ていて偶然気がついたんですけど、こういうのをAmazonはメールで知らせたりはしないんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェブログのテンプレートカスタマイズ請負サービス始まる

Blog Designというサービスが始まってました(via パンパでガウチョ)。

Movable TypeやBlogger、Livedoor Blog、Seesaa Blogのテンプレートカスタマイズを有料で請け負うサービスです。上記以外のウェブログのカスタマイズは要相談ということですが、TypePad系(ココログやブログ人)はMovable Typeと近いので大丈夫な気がします。

結構な値段なので無料サービス利用者が使うとは思えませんが、Movable Typeパッケージ版を購入した人とか、企業ウェブログをはじめたい会社が利用するような、そんな気がします。製作開始までの待ち時間が7日(4月11日現在)となってますね。

ブログデザイナー急募ということなので、デザインセンスに自信がある人はメールで問い合わせてみてはどうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ投稿ソフトを使おうとすると文字化け

私はBlogWriteを使って記事を投稿しているのですが、立ち上げたらウェブログ選択やカテゴリーが文字化けしてしまっているのに気がつきました。昨日まではそんなことはなかったのに。

HepCat Dev and Testによると、他のウェブログ投稿ツールでも同じ現象が起きているとか。いったい何が起きたんでしょう。

追記(2005/05/09):やっと直りました!(お知らせココログでの告知

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC2がソーシャルブックマークサービス開始

ソーシャルブックマーク界に新たなサービスが参入です。

無料レンタルサーバやブログサービスを行っているFC2が、新たにFC2 BOOKMarkをはじめました。今までFC2のサービスを使っていた人は、そのIDを使って作れます。

サイト登録用にツールバーをインストールして使います。InternetExplorer用・Firefox用・SlaipnirやLunascape用が用意されされています。ツールバーをインストールせずにJavascriptのBookmarkletを使うこともできます。Opera用ツールバーはありません。OperaのJavascriptは完全互換ではないので、提供されているBookmarkletは動くのかしら?

サムネイルが登録できるのが売りで、ツールバーで登録すると利用者側からスクリーンショットサムネイルを送信して登録します。登録したサムネイルが見られるJavascriptも提供しています。

始まったばかりだからか、他のソーシャルブックマークと違ってサイトトップを登録している例が多いようです。

ソーシャルブックマークサービスも、クローズドなソーシャルネットワークサービスほどではないにしろ「アクティブユーザーを集められた分ユーザーが増える」面があります。その点後発ほど不利だったりしますので、どれだけがんばれるかが見もの。

追記(2005/4/26):FC2ブックマークの売りのひとつ、サムネイル機能が問題になってます。

ちょっとまったFC2ブックマーク(問題と対処)で詳しくまとめてますが、Basic認証通過後のページもサムネイル公開可能ですし、そのサムネイルにFC2のロゴが入ってしまいFC2に権利があるように見えてしまいます。ちなみに、同じページで指摘されている「年齢制限サイトへのリンクが年齢制限なしのFC2ブックマークのページに入る」「登録されるサイト側に登録拒否手段がない」などの問題は他のソーシャルブックマークサービスでも同じです。

MM: マタンゴ!に書いてあってはじめて気がついたのですが、FC2ブックマークってwebshotsブックマークからOEM供給みたい。デザイン、機能などほぼ同じです。サムネイルにロゴ入るのも一緒。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Skype携帯電話が年末までに登場か

4月21日に、ライブドアが夏から公衆無線LAN事業に参入するというニュースが流れました(BroadBand Watch他)。Livedoor スカイプとの連携が売りですけど、パソコン必須のSkypeが公衆無線LANと結びついても、電話を殺すほどの殺傷力はないと見てスルーしてました。

void GraphicWizardsLair( void ); //経由で@nifty:モバイルフォーラム: Skype携帯電話いよいよ年末までに登場によると、なんと携帯電話に組み込めるSkypeをVoice On the Net Canadaが発表したようです。年末までにSkype入り携帯電話が登場するみたい。

ほんとに「携帯電話だけで使えるSkype」が登場するとなると現在の携帯電話ビジネスはどういうことになるやら、と興味と不安が半々になってしまいます。でも、ライブドアの公衆無線LANサービスでしか使えないとかなり困ります。そもそも公衆無線LAN網が広がらないと意味がないや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイルスバスターの不具合で広範囲にトラブル

結果的には「これが土曜日でよかった。平日だったらどんな惨事が起きていたやら」なのですが、土日が関係ない部署ではトラブル多発だったようです。マスコミ各社やインフラ系、行政機関なので被害が報じられています。

 トレンドマイクロは、ウイルス対策ソフト「ウイルスバスター」で、23日に午前7時30分ごろ公開したウイルスパターンファイル2.594.00で、PCのCPU使用率が100%になるトラブルがあったことを明らかにした。

 問題のパターンファイルが配信されたのは、「ウイルスバスター インターネット セキュリティ」「ウイルスバスターコーポレートエディション」「Trend Micro Client/Server Security」の3製品。なお、トレンドマイクロでは、問題が起こるのはOSがWindow XP SP2の場合に限定されることが確認できたとしている。

 トレンドマイクロは問題を修正した、ウイルスパターンファイル2.596.00を23日午前11時頃公開。自動アップデートなどで修正パターンファイルを適用できている場合には問題は発生しない。

ウイルスバスター、パターンファイル更新でCPU使用率100%になるトラブル

Windows XPのSP2をきちんとあてていて、パターンファイルを公開直後に更新しているというウイルス対策を万全としているところほど被害にあったように思います。

私はシマンテックのノートンアンチウイルスなので関係なかったのですけど。

外国ではどうだったんでしょう。

追記:セキュリティホール memoでよくまとまったリンク集ができています。

Google News U.S.版で調べてみたのですが、日本以外でこのようなトラブルが起きたという記事は見当たりませんでした。検索に引っかかったと思ったらJapan TimesやJapan Today。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

スタパブログ(本物)はじまる

スタパブログが始まりました。(via 観測気球

以前、スタパ齋藤氏の偽者がウェブログを開設しましたが、今回は本物。BroadBand Watchの一コンテンツです。

物欲記事をいろいろなところに書いている氏ですが、記事にならないような小ネタを書いていくそうです。さっそく復活Librettoの記事。視点がスタパ齋藤氏らしいところにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あるスクリプトキディの顛末

Matzにっきで紹介された、ある「ハッカー」の顛末ドイツ語英語→日本語です。昔話題になった「192.168.0.1 と 192.168.0.2 は、わたしが使っている IP アドレスですので勝手に使わないでください」続編完結編)に似ています。結末から考えると、あっちの方がイッテしまってます。

タイトルは「ハッカー」となってますが、スクリプトキディなんでしょうね。たとえお子様だとしても127.0.0.1の意味ぐらい知っておけ。だいたい「攻撃するからお前のIPアドレスを教えろ」と言われて素直に教えてもらえると思っているあたりが平和。

これ、IRCでの会話ログですが、本来IRCはリモートホストが出るものです。それすら知らないみたい。「~java」ってあるから、Javaクライアントかな。

ネタだよね。ネタだと言ってくださいお願いします。

追記:全訳した記事がありました(ただし英訳記事からの訳)。まつもとさんの抄訳では省略されていた笑いどころも多数あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『タタキツクルコト 1/1スコープドッグ制作日誌』Amazonで予約開始

何度も話題にした、「装甲騎兵ボトムズ」に出てきたスコープドッグの原寸大モデルの製作日誌&写真集『タタキツクルコト 1/1スコープドッグ制作日誌』がAmazonで予約できるようになりました。発売日は5月13日の予定です。bk1はまだ予約できませんが、データは登録されていました。

タタキツクルコト 1/1スコープドッグ制作日誌
倉田 光吾郎

by G-Tools

編集担当は犬にかぶらせろ!の中の人の速水健朗さんで、ゲラが公開されています。Amazonで公開された表紙だけでも「やるな」と思いましたが、ゲラみて確信。購入確定です。

速水さんは「ブログの書籍化というにはあまりに大掛かり」と書いてますが、なんでも作るよ。にある製作日誌を掲載してるはいえ、私が1/1スコープドッグ製作の話を聞いたのがブログ化前だからか、「ブログの書籍化」という印象が薄いです。

個展が4月28日から5月12日まで、JR水道橋近くの特設ギャラリーで開催され、1/1スコープドッグが展示されます(アクセスマップ)。書籍の先行販売も。なんとか都合つけて見に行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

値上がりするローマ法王関連書籍

Moleskin Diaryで、『ローマ法王の権力と闘い講談社プラスアルファ新書』のユーズド価格が定価の三倍以上になっていると指摘されていました。

ローマ法王の権力と闘い
小坂井 澄

表紙

講談社 2002-02
売り上げランキング : 223,262

おすすめ平均
歴代教皇への厳しい評価
奥が深いです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

二人のレビュアーとも5つ星ということは、それだけの内容があるということでしょう。

「どんな本でも三年目に、過去の売れ行きとかを判断して、絶版にするか、継続するかを判断する」とIRC#もの書きで聞いたことを思い出しました。2002年2月発売なので、たぶん絶版処分が決まった直後だったのでしょう。あまりにもタイミングが悪かった。

ローマ法王』も、さすがに三倍とまではいきませんが、二倍近い値段がついています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マジレンジャーの魔法考察記事

以前に書いたマジレンジャー正式発表前記事に、いまだにアクセスが多くて申し訳ない思いです。各所での感想を見ているとおもしろい内容なんだそうですが、うちの息子はテレビ東京派なので未だに見たことがありません。

Radcliffeさんは毎回ちゃんと見ていて、『すごい科学で守ります!』のノリでマジレンジャーの魔法考察を何度か掲載してます。

  1. すごい魔法で守ります(4/6 追記)
  2. すごい魔法で守ります 第2回:呪文分析(4/12 修正)
  3. すごい魔法で攻め込みます(笑)(4/13追記)
  4. すごい魔法で守ります:第2回補足

こういうのを書ける情熱ってすごい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

豪華客船でのパニックを静めるために「タイタニック」テーマ曲?

IRC#goingmywayで教えてもらった「タイタニック」さながらの大パニックというニュース。

 バハマからニューヨークに戻る途中の豪華クルーズ船「ノルウェージャン・ドーン」(全長約300メートル)が、大西洋航行中に嵐に遭遇し高さ約21メートルの高波の直撃を受けて客室60室以上に浸水、乗客4人が負傷したことが18日分かった。

 米メディアによると、船内は安全扉が折れ曲がったり天井が抜けるなど大きな被害を受けた。2000人以上の乗客も一時パニック状態となったが、専属ピアニストが米映画「タイタニック」のテーマ曲を何度も演奏し、乗客を落ち着かせたという。船は18日ニューヨークに帰港した。

乗客を落ち着かせるためにということですが、そんな客船沈没死者行方不明者多数の事故を題材とした映画のテーマ曲を聴かされて、落ち着くものなんでしょうか。

タイタニック
サントラ TVサントラ

by G-Tools

上記のCDは映画タイタニックのテーマ曲「My Heart Will Go On」のピアノソロ版も入ってるサントラです。Amazonだとマーケットプレイスでしか買えません(廃盤みたい)。

タイタニック
レオナルド・ディカプリオ ジェームズ・キャメロン ケイト・ウィンスレット

by G-Tools

999円でDVDが買える時代になったんですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

AdobeがMacromediaを買収する

ある意味、フジとライブドアの和解より重大なニュース。

DTPソフトの雄Adobe Systemsと、FlashなどのWeb表現の覇者Macromediaが合併することが決まりました(ITmediaニュース他)。Web関連で言うとブラウザ本体と音楽以外は全部新しいAdobeが独占することになりそう。

ただこの二社、競合するパッケージソフトがいくつかあります。たとえばGoLiveとDreamweaver。そういえば、アルカンタラの熱い夏で指摘されてたけど、GoLive CS2(WIN/MAC)はMovable Type/TypePadテンプレート作成に対応するんですよね(4月末発売予定)。このニュース聞いたとき、私も「なんでGoLive? Dreamweaverじゃないの?」と思いました。テンプレート作成機能は魅力的だけど、Adobe価格なので手が出せません。ま、Dreamweaverもいい値段ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレイリスト晒しサービス

最近クラシックやヒーリング系にはまってしまい、放置状態だったAudioscrobblerLast.FMをまともに使ってみるようになりました。私は以前にAudioscrobblerのプラグインを入れたまま放置してました。パソコンを買い換えてからプラグインを入れるのを忘れていたので改めて入れなおし。一時期「Dragostea din tei(つーか、マイアヒー)」を延々とリピートしてたのがまるわかりです。

AudioscrobblerやLast.FMはユーザーページには誰でも見ることができます(私のLast.FMユーザーページ私のAudioscrobblerユーザーページ)。プレイングリストはRSS配信してますし、このRSSを使って自分のサイトに貼り付けられるように、AudioScrobbler Now PlayingSIDE)やasplayingといったティッカーを作って公開している人がいます。

国産の音ログは、iTunesでなければ使えない、専用アプリケーションを立ち上げなければならない(Windows版、Mac版があります)という難点がありますが、検索に失敗しなければAmazon.co.jpからCDジャケットを取ってこれます。こちらもRSS配信してますし、Flashや画像で最新の曲のジャケット画像を表示させることもできます。クラシックアルバムだと取得失敗率が高そう。

本棚晒し系サービスのように、わざわざ入力しなくても勝手に登録できるってのが楽ですね。

追記:そういえば、職場に広がる「音楽プレイリスト不安症」--米研究者が発表という記事が最近出ていました。1年以上前から『iTunes』のプレイリスト共有機能で問われる音楽センスなんてのは言われてたんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「銀河英雄伝説VII」サービス終了

4月13日に突然、大規模オンラインゲーム「銀河英雄伝説VII」がサービス終了するという情報が流れました。β状態でパッケージ版発売とか、今までアナウンスされていない機能の一部しか実装されていないといった噂は聞いていたのですが、まさかこんな形での終了になるとは思っていませんでした。

ボーステックからのお知らせ文が載ったのが4月13日、直後にユーザーサポート業務とメンテナンス業務が停止状態になってる。サーバもいつまで動くか不明です。普通は一ヶ月ぐらい余裕もって予告するもんじゃ?

4Gamersに載ってるメーカーサイドからの話も、とんでもなさが現れてます。

 メーカーサイドに話を聞いたところ,「サーバーがダウンしても自動的にリブートする設定になっているが,プログラム自体が起動しない状況になってしまったら,復旧は難しい」とのこと。また,「今は話していいことといけないことの判断が難しい。少なくともサーバー停止日に関しては,公式サイトで近日発表する」とも語ってくれたので,今は公式サイトでの発表を待つしかないだろう(サービス停止に関するプレスリリースもないような状況なので,察してほしい)。

らいとすたっふ(田中芳樹の著作物の版権管理会社)側は、権利関係でトラブルがあったような書き方。このへんの見解についてボーステックの言い分がないので全面的に信用しちゃいけないんでしょうけど。とはいえ、らいとすたっふ側があんなこと書いちゃったってことは、ボーステックから二度と銀河英雄伝説のゲームは出ないでしょうね。

そういや、プロジェクトEGGの銀河英雄伝説ゲームものきなみ×ついちゃってます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ORANGE RANGEのパクリ疑惑検証がおもしろい

ORANGE RANGEのパクリ疑惑って前から言われてましたけど、とっくに沈静化しているものだと思ってました。犬にかぶらせろ!経由でasap@anex.によると「まだまだ終わらんぞ」という状態みたい。渋谷系@はてな経由でモナぽ@「うわの空」で行こうのコメント欄での喧嘩を読み、「どうしてここまで熱くなれるの?>アンチと信者」な気分になりました。アンチと信者がくんずほぐれつ大バトルを繰り広げてもらうと、野次馬も集まって知名度が上がります。

さて、asap@anex.でも指摘されてますが、パクリ検証ページで配布している比較検証用mp3って、それ自体著作権法違反に当たるんじゃないかしら。たしかに著作権法上、批評のための引用は認められているのですが(これが批評なのか、というのは別として)。

第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

このサイトが公正な慣行に合致しており、かつ引用の目的上正当な範囲内なのかというと……正直言って裁判起こされたら負けかねない。「A曲のこのメロディーがB曲のこの部分と類似している」という記事がある上で、その論証としての比較用mp3なら引用の範囲内と言えると思いますが、当該ページではそういうことがなされていません。楽曲の引用についての裁判が行われた記憶はないのでどう転ぶかはわかりませんけど。

元の「ORANGE RANGE の曲は著作権法違反か」という問題については保留。楽曲が盗作と呼べる域に達しているかどうかって判断しずらい。でも、「ORANGE RANGEはパクリバンドだ!」とデモするよりも、元ネタと思われる曲の著作権者に連絡とった方がいいと思います。私もアンチも信者も、著作権侵害かどうかについては外野でしかない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ソフトバンクパブリッシングとユニクロのアフィリエイトが終了・休止

ソフトバンクパブリッシングとユニクロのアフィリエイトプログラムが4月30日でやめてしまうという連絡が先日ありました。ソフトバンクパブリッシングは終了、ユニクロは休止となっています。

ソフトバンクパブリッシングは、わりとそっけない終了通知でした。どこか別のASPに乗り換えるのか、もうアフィリエイトなんてやめてしまうのかはよくわかりません。

ユニクロは、なんだか未練があるような。アフィリエイトによる宣伝効果やらマーケティング方針を分析して仕切りなおすようなことを休止通知で伝えてきました。

どちらも、4月30日までにリンクを取り外せ、とのこと。「××買ったー」みたいなのはどうしたらいいんだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iTune Music Store Japan は年内オープンか

MSN-Mainichi INTERACTIVEに米アップル:年内に音楽配信開始へ 市場拡大に弾みという記事が出ました。以前から噂されていたiTune Music Storeの日本版の話です。

 米アップルコンピュータ日本法人の前刀禎明(さきとう・よしあき)代表取締役は12日、年内にインターネットを通じた音楽配信事業を始める方針を明らかにした。デジタル音楽プレーヤーは国内でも急速に普及が進んでいるが、シェア首位の「iPod」を販売するアップルの同事業参入で、デジタル音楽市場の成長が一段と加速しそうだ。

確か去年11月はiTune Music Store Japan、来春に?状態だったので、後退したのかな。

 しかし、デジタル音楽市場の急成長を受け、エイベックスが音楽配信事業への参入を表明するなど、レコード会社側の姿勢は徐々に転換しつつあり、アップルも事業化が可能と判断した。今後、主要レコード会社と交渉し、販売する楽曲数や販売料金など詳しい条件を詰める方針だ。

えっと、まだ交渉してなかったんですか? てっきり交渉がなかなか進んでいないから遅れているものだと思っていました。

どのくらいの楽曲がそろえられるか、欧米のiTune Music Storeと同程度の価格に抑えられるのかが気になります。

追記:CNET Japanに続報。

 アップルコンピュータは4月13日、インターネットを通じた音楽配信サービスを日本でも年内に展開するとの一部報道に対し、「できるだけ早く始めたいが、開始時期は未定だ」(同社 広報部長 竹林賢氏)と述べるにとどまった。

おいおい、いったいどうなってるんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『ユリイカ』2005年4月号をやっと読みました

いまさらですが、「『ユリイカ』2005年4月号特集*ブログ作法」やっと読みました。ソーシャルネットワーキングサービスやmixiの話はいらんかった。

はてなダイアリー座談会(だよね?)で、はてなダイアリーで小説がないという話がありましたが、和風Wizardry純情派はマイナーなのかなあ。他にもシェアードワールド企画がいくつかあった記憶。

スズキトモユさんの「ブロガーがネットを発見する」は、もう泣くしかないというか。「「たけくまメモ」繁盛(させたい)記――誰もがメディアになる時代」の後というのは計算尽くしですか? あまりにも見事な配置。

全体的に、人文系学者の話、というイメージ。見ているウェブログが理数系方面主体なので興味深かった。だけどやっぱり「ウェブログは人文系だけのものではないよなあ」とは思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界最長小説『ニカーズ』とは

「グイン・サーガ」100巻記念、ということか、ギネスブック登録世界最長小説話がいろいろ出ています。プルースト『失われた時を求めて』(集英社ハードカバー全13巻ちくま文庫全10巻他) がずっとこの座を占めている(「グイン・サーガ」は毎度掲載を断られている)と思ったら、2005年版からはロバーツ『ニカーズ』が最長小説として登録されているそうです。(Yomiuri-Online

で、サイコドクターぶらり旅の風野さんが調べたところによると、この『Knickers』は、ペーパーバックの癖に3400ページ(Amazon.co.ukではなぜか2446ページになってる)、お値段は200ポンド。Amazon.co.jpでは46,435円(2005/4/10現在)です。まあ、『失われたときを求めて』ハードカバーが6万円強、文庫版が1万2千円強なのを考えると、そんなものかもしれません。で、肝心の内容はというと……サイコドクターぶらり旅で紹介されてますが、PDF版をダウンロードする気もなくなりました。いやはや。

何度も断られている「グイン・サーガ」のギネスブック登録ですが、やはりここは完結の暁に、広辞苑並の紙と字の小ささで一冊にまとめて刊行してしまうのがよろしいのでは。Yomiuri-Onlineに載っていた登録が断られた理由を見る限り、完結しているってのがかなり重要みたいですし、一冊にまとまっていれば文句はなかろうかと。

個人的には、「グイン・サーガ」よりも「ペリー・ローダン」の方を登録してもらいたい。

追記:版元Simon Roberts PublishingのサイトからPDF版をダウンロードして、問題の52ページ以降を読みました……ははははははははははははは(略)。これを200ポンドで売ってるのか。これをギネスブックに申請して登録されたのか……はあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

bk1のリニューアル終了

オンライン書店bk1のリニューアルが成功終了しました。以前リニューアルを図って失敗した経緯があるので、今回もだめだったら……なんて思ったりもしましたが、ひとまず成功したようでなにより。

なにより動作が目に見えて軽くなりました。全体的にページがすかすかしたような印象を受けますが、いままでのbk1は情報がギューギューに詰められていたからでもあるでしょうね。これは慣れの問題かも。

ただ、ブリーダー(アフィリエイター)としてはちと難点が。個別商品リンクやジャンル別ページへのリンクのURLが非常に短く簡単になりました。しかし、検索結果や作家著作一覧、特集ページなどへのブリーダーID入りリンクは張れないよう。わりと検索結果や特集ページへのリンクは張りがちなんで、なんとかしてほしいです。

追記:以前からのリンクは、個別商品へはちゃんと飛びますが、ジャンル別、検索結果は全滅です。それよりなりより、以前からのランキングボードが軒並みデイリーランキングになってしまうのですが、ボーイズラブ小説が上位にきているために「男と男がいちゃいちゃしている表紙」がずらずらと並んでしまいました。

(タイトル変更しました)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年本屋大賞は『夜のピクニック』

「全国書店員が選んだ いちばん! 売りたい本 2005年本屋大賞」が4月5日に発表され、今年は恩田陸の『夜のピクニック』が大賞を受賞しました。今年のノミネート作品は『チルドレン』しか読んでいないので、妥当かどうかの判断がつきません。ただ、各所のレビューを読むと、読んでみたいな、と思わせる本ではあります。

2003年12月から2004年11月に刊行された全ての小説(新書・文庫含む)のわりに、ノミネート作品は全て四六版文芸書です。前回は『陰摩羅鬼の瑕』(講談社ノベルス)もあったのにね。

excite Booksは、なんと「本屋大賞メッタ斬り!」という、「文学賞メッタ斬り!」コンビによる対談を持ってきました。本屋大賞公式からもリンクされてます。

夜のピクニック
恩田陸著

出版社 新潮社
発売日 2004.07.30
価格  ¥ 1,680(¥ 1,600)
ISBN  4103971053

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「文字・活字文化振興法」骨子案で版面権創設が語られている

現在議員立法で「文字・活字文化振興法」の制定を目指していて、その骨子をまとめたとYomiuri On-Lineで報じられましたが、愚智提衡而立治之至也: 活字文化振興は国の責務についたコメントによると2005年4月1日付読売新聞朝刊に掲載されていた「骨子」に、なんと版面権の創設が盛り込まれていたというのです。民主党のひだ美江子議員のサイトにたぶんその骨子だろうものが掲載されています。

版面権でGoogle検索すると、音楽を楽譜として書き起こしたときに書き起こした人が得る権利とかなんとか出てくるんですが、今回の場合はぶっちゃけて言うと出版者(出版社)にも著作権を認めるというもの。音楽著作権で言うところの原盤権(レコード製作者の権利)というやつです。ずいぶん前から日本書籍出版協会が要求してます。すでにある編集著作権では飽き足らないということのようなので、今年から施行された貸与権あたりで作家だけでなく出版社も堂々権利主張したいというあたりなんでしょうきっと。

ただでさえ弱い作家・ライターの権利が、版面権が成立するとさらに弱くなってしまうのが目に見えてますが、ただそれだけでなくて原盤権がらみでのトラブルと同じものが出版物でも起きるんじゃないかと懸念してしまうのです。

最近ですが、YMOのメンバー三人が意図しない形でのCD発売について公式コメントが公開されました。女子十二楽坊でも同じようなトラブルが起きています。こういう著作権者があずかり知らないところでの旧作の発売が出版の世界でも起きかねないと思っています。

もちろん実際の版面権がどのようなものになるかは未知数ですし、実際には著作権法が改正されないと版面権は成立しません。しかし「文字・活字文化振興法」がこの骨子のまま成立すれば、版面権創設の後押しになるのは間違いありません。

cf.万来堂日記: 再び浮上する版面権生活日報《陸這記》 crawlin’on the ground

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ココログメンテナンス終了と機能追加

ある程度予想はついていたのですが、ココログのメンテナンスで機能追加がありました。詳しくはココログスタッフからのお知らせに書いてありますが、一番大きいのはやはりリッチテキストエディタの搭載です。

記事作成画面の「この編集画面の表示設定を変更する」で設定しないと使えません。OperaやSafari、Camino、Macintosh Internet Explorerでは使えません。たぶんJavaScriptがらみだろうと思います。そういうブラウザを使っている人は従来どおりのシンプルなプレーンテキストモードを使い続けることになると思います。

例によって最初のメンテナンス終了時刻より2時間遅れてのメンテナンス終了でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説的ブログ成功バイブルがついにヴェールを脱ぐ(違)

趣味のWebデザインで紹介されていた、4月19日発売予定の『超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル』。私は最近ウェブログノウハウ本についてよっぽどでないと紹介しなくなってしまいましたが、Amazon.co.jpが大ポカをやってくれたのでまずはご紹介。証拠スクリーンショットをおいておきます。

超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

ボルヘスが惚れ込み、鮎川哲也らの言及でも知られる伝説的作品がそそられないわけがありません(違)。ほんとは『最後の審判の巨匠』の内容紹介だったのでした。Amazonポカネタ大好き。ホントの内容紹介はbk1で。

目次の端々から「ブログで勝ち組!」メッセージが漂っていて、楽しそう。書籍キャンペーン用ウェブログもあったりと、至れり尽くせり。著者がどんな人かについては、徳保氏が詳しく述べてますので、割愛。

成功本ブームでウェブログブームだからか、最近「ブログで成功!」本が増えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

三省堂書店の各店ホームページがblog化

三省堂書店の各店ホームページがblog化しました。コメントはできませんが、トラックバックは受信できます。BOXERBLOG powerd by TypePadを使っています。日立製作所の営業はがんばってるなあ。

各店舗ごとの力の入れようはまちまちで、神田本店Bee-one店の情報量は驚くほど。それに比べて(略)。

おすすめ紹介やイベント案内といった、時間によって重要度が変わっていくフローな情報はウェブログ形式での提供がウェブ担当者の負担が減り、閲覧者も最新情報がチェックしやすくなって便利ですね。ただし、交通アクセスや営業案内のようなストックな情報はちょっと探しづらくなりました。

(via 知ったかぶり週報 2005年4月4日(月))

| | コメント (1) | トラックバック (2)

アメリカ版『ハリー・ポッターと混血のプリンス(仮)』の初版部数は1080万部

CNN.co.jpで、今年7月16日に発売されるハリー・ポッターシリーズ第6巻「Harry Potter and the Half-Blood Prince」(『ハリー・ポッターと混血のプリンス(仮)』)の初版部数が、アメリカ版だけで1080万部印刷すると報じました。これとは別にイギリス版もありますので、合計で何部することになるのやら。

発売半年以上前からオンライン書店各所で予約トップだとかで、あちらでの話題はとどまるところを知らないという感じ。日本では第5巻『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の流通在庫はまだまだ減っていないようで、ジュンク堂書店池袋本店の在庫はまだ1981部残っています。

日本語訳の発売日は未定。Amazon.co.jpでは予約開始を電子メールで知らせるサービスを行っています。

(via モノグラフ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »