« 「文字・活字文化振興法」骨子案で版面権創設が語られている | トップページ | bk1のリニューアル終了 »

2005年本屋大賞は『夜のピクニック』

「全国書店員が選んだ いちばん! 売りたい本 2005年本屋大賞」が4月5日に発表され、今年は恩田陸の『夜のピクニック』が大賞を受賞しました。今年のノミネート作品は『チルドレン』しか読んでいないので、妥当かどうかの判断がつきません。ただ、各所のレビューを読むと、読んでみたいな、と思わせる本ではあります。

2003年12月から2004年11月に刊行された全ての小説(新書・文庫含む)のわりに、ノミネート作品は全て四六版文芸書です。前回は『陰摩羅鬼の瑕』(講談社ノベルス)もあったのにね。

excite Booksは、なんと「本屋大賞メッタ斬り!」という、「文学賞メッタ斬り!」コンビによる対談を持ってきました。本屋大賞公式からもリンクされてます。

夜のピクニック
恩田陸著

出版社 新潮社
発売日 2004.07.30
価格  ¥ 1,680(¥ 1,600)
ISBN  4103971053

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

|

« 「文字・活字文化振興法」骨子案で版面権創設が語られている | トップページ | bk1のリニューアル終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/3613773

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年本屋大賞は『夜のピクニック』:

« 「文字・活字文化振興法」骨子案で版面権創設が語られている | トップページ | bk1のリニューアル終了 »