« AmazonでiPod shuffleを買うと、今なら余分にギフト券ゲット | トップページ | 公開ブックマークに登録されたくないという感情 »

ブログブームが終わり、ブログがある日常が始まる

R30::マーケティング社会時評にブログブームの終わりという記事が出ていました。PageViewが伸び悩むようになり、それははてなダイアリーやLivedoor Blogなどの全体を通しても同様らしい、というのが論拠。

私はウェブログというツールの利用はまだまだ広がっていくんだろうと思いますが、ウェブログ開設数が読者数の伸び以上に増えていくので、個々のPageViewはそれほど伸びていないのでしょう。

ブログブームの終わりについては、アルカンタレラの熱い夏のブログの「細分化」と「純化」と「復古」という考察が興味深い指摘をしています。特に「復古」については、時々「無断リンク禁止」が騒ぎになることを考えると、そういう動きが起きていると感じます。楽天広場だって、日記だブログだと言ってますが、実際は扉があってプロフィールがあって掲示板があってリンク集がある、という旧来の「ホームページ」的なもの。NAVERブログがCURURUになるのも、この「復古」の動きなのかな。

これからは、簡単ウェブサイト構築ツールとしてウェブログを使っていく例が増えていくと思うし、それゆえの文化摩擦も増えていくんだろうと思います。ウェブログがあたりまえになって、マスコミでわざわざ取り上げられたりしなくなってもいくでしょう。反応のなさにやめていく人も増えていくに違いありません。でも、それで「ブログが終わる」かというと、そういうことではないでしょう。あくまでも「ブームの終わり」。

話題が変わりますが、PageViewの伸び鈍化の話題で、StarChartLogのアクセス数が減ってきているのを思い出しました。もちろんBloglinesなどのRSSアグリケーターで読んでいる人が直接アクセスしなくなったこともあるのでしょうが、それよりも4月2日前後からGoogleで検索してくる数が極端に減ってしまったことが大きな要因です。今まではYahoo!ページ検索で来る数とほぼ同数かそれ以上だったのに、今はYahoo!ページ検索の約半分。検索順位も大幅に落ちています。PageRankそのものは4のまま変動がないのに。

Googleの検索アルゴリズムに何か変動があったのかも。自分のところだけじゃわからないですけどね。

|

« AmazonでiPod shuffleを買うと、今なら余分にギフト券ゲット | トップページ | 公開ブックマークに登録されたくないという感情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/3891645

この記事へのトラックバック一覧です: ブログブームが終わり、ブログがある日常が始まる:

» ブログブームの終わり?? [コンサルの視点で見たビジネス]
R30::マーケティング社会時評 というページで、ブログブームの終わりという記事がありました。 確かに、おやじまんさんの記事にあるように、更新されていないページが増えてきているし、 また、1年位前と比べると比較にならないくらい、参加者が増えて、 [R]Richstyles!さ..... [続きを読む]

受信: 2005.04.30 17:47

» 終焉を言う者から順に終焉が訪れる----「ガ島通信」のタイトルに思う。 [BigBang]
「ガ島通信」さんは、その生き様(古いね。表現が)が魅力的であったことと、そのブロ [続きを読む]

受信: 2005.05.22 12:00

» 「ブログの終わり」? それは「キャズム」を越え、一般化・大衆化によって薄まった時代の到来 [絵文録ことのは]
 最近、「ブログの終わり」という話がブログ界隈で盛り上がっている。4月末には「ブログブームの終わり」というタイトルの記事が象徴する「ブログの予想以上の内容の薄さ」が取りざたされた。そして、5月末、「ブログに魅力を感じなくなった」という「ブログの終焉」という話が「ブログの匿名・実名議論」と絡んで持ち出され、それは一方で「ネットって一時期飽きたりすることがあるんだよね」という話にもつながっている。  で、それで思い出したのは、1年半前――ちょうどココログが登場する前後だ――にブログ論壇界隈で話題になって... [続きを読む]

受信: 2005.05.26 03:58

« AmazonでiPod shuffleを買うと、今なら余分にギフト券ゲット | トップページ | 公開ブックマークに登録されたくないという感情 »