« 「死んだ人は生き返る」と考えるのに、ゲームの影響は少なめ | トップページ | WikiPediaのジレンマ »

省いてはならない情報が省かれた記事

今朝も書いた「死人は生き返ると思っている小中学生15%」との報道で、いろいろなWeb上の報道を見ていると、それぞれ結構な量がある調査結果を苦労してまとめているようですが、読売新聞の記事だけがおかしいことに気がつきました。

一番よくわかる部分を、Yomiuri-OnlineとSankei Webから引用します。

 「生き返る」と思う理由では、「テレビや映画などで見たことがあるから」が29・2%、「ゲームでリセットできるから」が7・2%だった。

YOMIURI ON-LINE / 社会

 その理由についてたずねると、約半数が「テレビや本で生き返る話を聞いたことがあるから」と答え、29・2%が「テレビや映画で生き返るところを見たことがあるから」、7・2%が「ゲームでリセットできるから」と回答した。

Sankei Web 社会 15・4%が「死人は生き返る」 長崎で小中学生調査(01/24 23:13)

いったい約半数が選んだ選択肢はどこに行ってしまったのでしょう。

「小学生より中学生の方が多い」という注目すべき結果も無視されており、いくら紙幅の都合があるとはいえ、省いてはならないものが省かれています。

今までなら主要5紙を皿のような目で見て調べなければわからなかったこういう記事比較が、Webで記事が読めるようになり情報ソースまでWebに置かれるようになったことで、マスコミとは無縁の人でも簡単にできるようになりました。「とりあえず入手した情報をまとめれば仕事が終わり」ではなくなった時代、この記事を書いた読売新聞の記者だけの話ではないですね。

|

« 「死んだ人は生き返る」と考えるのに、ゲームの影響は少なめ | トップページ | WikiPediaのジレンマ »

コメント

なるほど。
グッジョブな感じですね。
知ってよかったです。

投稿: 佐々木 | 2005.01.25 22:51

うちでとってる読売(1/24、25朝夕刊)に目を通したところ、「死人が生き返る…」の記事はどこにも載ってませんでした。
新聞社の興味が薄いか、地域によって記事の取捨選択が行われてるかもしれません。
あるいは子供向けニュース解説のネタに温めるとか。

一方、1/25の社説は、大阪府議員のヤミ金問題をこきおろしてます。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20050124ig91.htm
社会面に取材記事がないので、変な感じです。

投稿: けーき | 2005.01.26 01:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 省いてはならない情報が省かれた記事:

» 死人は生き返る [Major Scale]
15・4%が「死人は生き返る」 長崎で小中学生調査 信じられないよ。あんな事件があった長崎の子供たちがこんな・・・ 俺は「名探偵コナン」を小学1年生の頃... [続きを読む]

受信: 2005.01.26 11:55

« 「死んだ人は生き返る」と考えるのに、ゲームの影響は少なめ | トップページ | WikiPediaのジレンマ »