« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

それでは、よいお年を

今年最後の更新になりました。

年末年始は忙しく(っていうか、ほんとはこの記事書いてる暇はない)、ひととおり家族サービスが終わったあとでなければネットもおちおち見られそうにありません。メールチェックはできると思います。

ここで今年を振り返ったり、来年について考えたりすべきなんですが、どうもまとまらないまま今日になってしまいました。

それではみなさん、よいお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマトラ島沖地震・津波関連の情報集積サイト

新潟県中越地震でもウェブログを用いた情報発信を行ったレスキューナウ・ドット・ネットがインドネシア・スマトラ沖地震情報という情報集積発信ウェブログを始めています。各報道機関が報じた情報や、現地にいた人からの寄稿などを載せています。また、スマトラ地震救援情報ブログでも情報集積発信を行っています。Japan.internet.comによると、このような動きは各国で起きているようです。

はてなダイアリーキーワードの「スマトラ島沖地震」がリンク集としての一覧性がいいです(はてなダイアリー市民じゃなくなったのでいじれない)。英語系だとWikinewsの情報集積に圧倒。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

スマトラ島沖地震・津波災害のインターネット募金

スマトラ島沖で起きた大地震と大津波、インターネット上でも多くの援助団体が動いています。

募金の受付を日本赤十字社ユニセフがはじめました。はてなでは、はてなポイントによる義援金窓口を稼動し、とりまとめた金額を全額日本赤十字社に寄付します(要会員登録)。Yahoo!JAPANでも、壁紙購入形式で募金の受付を行っています(要Yahoo!ウォレット登録)。

Amazon.comでは、Honor Systemを使って、アメリカ赤十字への募金を受け付けています(情報源:むなぐるま)。Amazon.co.jpのHonor System対応はまだかな。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

BlogPeopleリニューアル。でも

BlogPeopleがリニューアルし、RSS検索などの新機能が追加されました(情報源:BroadBand Watch)。

けど、トップページに行ったら、重い。何分たっても全てを表示することができません。いくら新機能がついたからといって、これでは使いたいと思えません。

追記:サーバの問題だったようで、今は軽くなっています。トップページの情報多すぎてびっくり。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

GURPS Online 開発中止を発表

去年2月に4Gamers.netにスティーブ・ジャクソンの虎の子がMMORPGにというニュースが載りましたが、なんと今年12月18日に計画の中止が発表されました。4Gamers.net他で続報が載らないのですっかり忘れてました。(情報源:電源不要日記

あの汎用TRPG「GURPS」をどうゲーム化するんだろう、と思っていたのですが、開発中止とは残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出版売り上げ増、そして書店の倒産

出版売り上げ8年ぶり増加、という景気のいい話と、書店の倒産増加続く、という不景気な話が同居する昨今の出版事情。

まず、景気のいい話。出版科学研究所によると、2004年1月から11月までの出版物の販売額が前年比0.6%増となり、このままの傾向が続けば2004年一年間の出版物販売額が8年ぶりに増加に転じそう。とはいっても、雑誌、特に週刊誌の低迷振りはもうどうしようもなさそう。

ただ、この傾向が来年も続くかというと、「そりゃかなり難しいよ」と答えるしか。来年にハリー・ポッターシリーズの新作の日本語訳が出るとは思えないし、なんだかんだ言って200万部以上売るハリー・ポッターシリーズをカバーできるだけのメガヒットが作れるかというと、「出版社のみなさんがんばってください」としか。

さて、景気の悪い話。東京商工リサーチのデータ解析特別記事によると、1990年から2003年までの14年間に倒産した書店は447件で、小規模零細企業が多いと言う結果がでました。ちなみに、2003年の書店廃業は1085店。これで「回復基調」という見出しがつくんだから深刻(情報源:新文化2004年5月20日号)。

朝日新聞記事では例によってネット書店とコンビニのせいにしていますが、それ以前から郊外型大規模書店に客を取られてやめる書店が多く、その傾向があいかわらず続いているとも読めます。朝日新聞記事で2000年の負債総額けて大きいですが、これは駸々堂倒産の年です。

続きを読む "出版売り上げ増、そして書店の倒産"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ1周年記念座談会の様子が公開されてます

ウェブログ虎の穴に、ココログ1周年記念座談会が掲載されました。(情報源:面白いサイトを見つけたよ。

参加者は『ARTIFACT―人工事実―』の加野瀬未友さん、 『面白いサイトを見つけたよ。』 のスマイルさん、『此処録』のうなさん、『観測気球』のtsupoさんと、司会の田中元@五月のドラゴンdiaryさんです。

ざっと、ウェブログ界隈でのいろいろな話題について語ってます。残念ながら突っ込んだ話までは掲載されてないみたい。

3ページ目の画像指定やリンク先が一部ローカルファイルになってます。週明けに修正されるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

日テレのガイド本の「盗用」を指摘したのはAmazonのカスタマーレビュー?

昨日、日本テレビ発行の『『どっちの料理ショー』プロに学ぶ極上食材お買い出し グルメの聖地築地まるごとガイド』の一部に毎日新聞社発行の『築地まるかじり (2004)』掲載の文章と酷似しているため、日本テレビが毎日新聞社に謝罪し、該当箇所を差し替えるというニュースがありました(MSN-Mainichi INTERACTIVEほか)

社内で指摘されたため、と多くの報道ではなされていますが、★てれびまにあ。によると、スポーツ報知には「インターネット書店のサイトで先月、読者から盗用の指摘があった。」とあったらしい(スポーツ報知のサイトには該当記事がみあたりません)。そのインターネット書店とは、Amazon.co.jp。

たしかに、Amazon.co.jpのカスタマーレビューに、盗用の指摘がなされている記事があります。掲載日は2004/11/06。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Harry Potter and the Half-Blood Prince』の発売日は2005年7月16日

ハリー・ポッターシリーズ第6弾、『Harry Potter and the Half-Blood Prince』の発売日が、2005年7月16日に決まったと報じられました。原稿はもうあがっているらしいです。

Amazon.co.jpのハリーポッターストアでは、予約開始が決まり次第メールで通知するサービスを行っています(UK版US版)。

日本語訳は2006年秋になるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iTuneからの音楽簡単転送機能がついた携帯電話発売

朝日新聞によると、NTT DoCoMoが12月24日に発売するFOMA F901iCには、Appleの音楽ソフトiTuneから簡単に音楽を転送できる機能がついていました。

F901iCの付属ソフトにiTuneからドラッグアンドドロップで音楽が転送できるという仕組み。保存容量はiPodなんかに比べると少ないですが、携帯音楽プレイヤーとしても使えそうです。

これでiTune Music Store Japanがはじまればなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第1回SEOコンテスト「ゴッゴル」の結果発表

第1回SEOコンテストの結果が発表になりました。やっぱGoogleはトラックバック重要ですかね。ウェブログの記事が多数上位にあります。

私は途中で飽きてしまったのと、いろんなところから大量にトラックバックをもらうのに嫌気が差してしまったからか、順位を探し出すのが嫌になるぐらい下位に落ち込んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Technoratiの日本進出が正式発表

以前から日本進出が噂されていたTechnoratiが、とうとう2005年1月にサービス開始すると発表されました(Joi Ito's Web提携相手デジタルガレージの公式発表)。実は本家Technoratiは言語の壁で使いこなせてないので、日本語でどれだけ利用しやすくなるか期待してます。

Technoratiつながりですが、FlickrでTechnoratiのサーバ引越しの様子を実況中継していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

gooも音楽配信事業に参入

gooも音楽配信事業に参入してきました(日経プレスリリース)。店長ブログや新規リリースのRSS配信など、後発だけあってがんばってるみたい。

でも、値段は国内標準の1曲約270円。WMA形式で携帯オーディオ端末使用の際にはDRM対応でなければ使えません。つまりiPod(およびiPod mini)不可。

gooIDとgooらくらく決済への登録が必要です。決済はクレジットカードのみ。しかもgooらくらく決済へはInternet Explorerでなくては入れません。試聴だけならWindows Media Player 9がインストールされていればFirefoxでも大丈夫ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

納付しなかった所得税:40万5000ライヒスマルク

未納負債額8億円!ヒトラーは脱税王だったというニュースが昨日話題になりましたが、これを元に東方千年帝国協会の総統さん(第一回脳内元老院会議により終身独裁官に選出)がやってくれました。

題して「買えるものは……」。あのマスターカードCMのパロディです。あとで追加された落ちもよし。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Amazon.co.jpが漫画のオンデマンド販売

注文に応じて印刷し、販売するサービス(オンデマンド販売)はいくつもありますけど、あのオンライン書店の巨人Amazon.co.jpが過去の名作漫画のオンデバンド販売に参入しました。(ITmediaニュース

データはコンテンツワークスのコミックパークで取り扱っているものの一部(コンテンツワークスのニュースリリース)。今は一月販売開始に向けて予約を受け付けている段階ですが、「ど根性ガエル」や「まいっちんぐマチコ先生」などの名作がそろっています。

でも、1冊1280円、というのがネック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドン・キホーテの社長著書、出版中止に

ドン・キホーテの放火火災で浦和花月店の従業員3人がなくなったからか、年末発売予定のドン・キホーテ社長の著書が出版中止になってしまいました。(Sankei Web

こういう事件がおきると、不謹慎とかなんとかで出版中止・延期が起きるんですよね。でも、印刷製本が終わり、出荷を待つばかりという状態だそうで、つい、この件の損害はどうなるんだろうか、と思ってしまいました。

(via ShuppanNews

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「魔法戦隊マジレンジャー」ってマヂ?

IRCで教えてもらったところによると、次の戦隊シリーズは「魔法戦隊マジレンジャー」だそうです。マヂですかー!(ギャグで言っているわけではありません)

「本気」や「真面目」のマジではなくて、マジック(魔法)のマジ。

魔法ケータイ・マージフォンで、呪文をコールすると、空の上にある<天空聖界マジトピア>から聖なる力が着信!
「魔法変身! マージ・マジ・マジーロ!」

「ハリー・ポッター」をはじめとするファンタジーブーム、当たり前になってしまった携帯電話と、流行をおさえているのでしょうけど、どうにも垢抜けなさを感じるのは私だけじゃないと思いたい。

流出しているチラシ画像を見ると、ストーリー部分は魔法少女シリーズの設定を見てるような気がしました。

ちなみに、最近土日朝のこども番組を見る習慣ができた次男にとっての戦隊シリーズは、まだ「アバレンジャー」です。時々歌ってます。「デカレンジャー」もクライマックス近くなんだからもうやめてくれ。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

『セマンティック・ウェブのためのRDF/OWL入門』Amazonで予約開始

セマンティック・ウェブのためのRDF/OWL入門

神崎正英さんの『セマンティック・ウェブのためのRDF/OWL入門』が年内発売するのですが、Amazonで予約可能になっています。

RSS本はもう出ていますが、RDFという視点から見た本は記憶にないし、OWLにいたってはもっとマイナー。

ちょっとしたメモ - RDF/OWL 入門 amazon 予約始まる

カバーの画像が違っていたりとか、相変わらずドタバタで情けないんですけど。都内のいくつかの書店でも、出荷即店頭に置いていただけるようです。取り急ぎ。

うーん、この表紙じゃないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「デルフィニア戦記全巻化粧箱セット」Amazonで予約開始

デルフィニア戦記全18巻化粧箱(沖麻実也・画)セット

つらつらとFeedAmazonで予約開始書籍チェックをしていたら、デルフィニア戦記全18巻化粧箱(沖麻実也・画)セットが予約開始していてびっくり。今日届いたC★NOVELSメールマガジンには一言も書いてありませんでした。

デルフィニア戦記は中公文庫版も男性に手に取りやすい表紙で刊行中ですが、こちらは女性向き表紙のノベルス版です。

追記(2005/01//21):bk1でも予約が始まっていました。bk1によると二月上旬発売予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほりえもん、火星有人飛行への夢をぶち上げる

JAXAのシンポジウムが今日行われたのですが、その席上でなんとライブドアの堀江社長が「数年以内に日本初の民間有人ロケットを打ち上げる計画を持っている。ブッシュ米大統領より先に、火星に人を送りたい」とぶち上げました。(livedoorニュースの共同通信記事

いやまあびっくり。堀江社長が民間での有人宇宙飛行に興味を示しているのは前々から知っていましたが、火星まで行きたいとはまた大きく出たものです。

話題のナレッジスペースに、このときの公演の様子が詳細に紹介されています。ものすごいぶち上げようです。すごすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

切込隊長×木村剛

都内某所で「今年はドリコムでBlog of the yeah!がないから勝手に大賞を決めよう」イベントという名の飲み会があったようで、勝手にBlog of the Yeah!が決まったそうです。なんと大賞は切込隊長木村剛のコラボレーションに決定。旬の話題だしなあ。

様子は全国・見たいもんはみたいぞの会のレポートが詳しいです。

さて、参加者レポートを見ていたとき、ふと目に留まったPaqn! ミカニッキの文章に腐女子回路が動き始めてしまいました。

大賞は・・・・ぶっちぎりで「切込隊長×ゴーログ」でした!お二人方おめでとうございます☆

隊長攻めでキムタケ受けですね! きっと隊長は言葉攻めをして、キムタケが否定しながらも快感を覚えてしまう、という展開なんですね!

小鳥×木村剛といい、木村剛は総受けキャラなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

blogmap移転

ishinaoさんのblogmapが新サイトに移転しました。人気のURLや本・CD・エレクトロニクスなどの順位が表示されます。

アソシエイトID追加に対応したり、更新Pingサーバを公開したりと、今までにない機能も追加されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気度と更新頻度を評価する「RSSフィードメーター」

そこらじゅうで話題のRSSフィードメーター。さっそくやってみました。意外にも三ツ星get。

RSS feed meter for http://stella.cocolog-nifty.com/starchartlog/

やじうまWatchでは、今話題の「週刊!木村剛」「切込隊長BLOG」を比較しています。

14日昼の時点では、更新頻度はどちらも高水準な3.7で同じだったが、人気度では「週刊!木村剛」が1、「切込隊長BLOG」が4.5だった……。

あれだけ有名サイトなのに、人気度1っていったい……。

もしかして、Bloglinesの登録数と関係あるかと思ったけど、「週刊!木村剛」は500以上登録されてるし。謎だ。

追記(2004/12/15):二ツ星に下がってしまいました。無念。「週刊!木村剛」は、今日は三ツ星になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Googleが「バーチャル図書館」構築を目指す

出版ニュース経由で、河北新報などで報じられるところによると、Googleがハーバード大学やオックスフォード大学と提携して蔵書の「バーチャル図書館」の構築を目指すことになりました。

要するに、約1500万冊以上といわれる蔵書を全てデジタル化、著作権保護期間を過ぎたものはオンラインで全文読めるようにするとか。著作権保護のは要旨のみ閲覧になるみたい。

ただ、費用もかなりかかるし、時間も10年以上かかりそうだとか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

地図のアルプス社をYahoo!JAPANが支援決定

地図出版のアルプス社が、12月10日に民事再生申し立てをしました。カーナビ、インターネット、100円ショップ地図などの普及で売り上げが伸び悩んだのと、ジリ貧を打開するための設備投資のダブルパンチでやられたっぽい。(情報源:asahi.com他)

「時代だねえ、地図出版のほかの会社はどうなんだろう」としか思えなかったのですが、今日になってなんと、ヤフーの支援を受けるとのニュースが飛び込んできました。(Yahoo!のプレスリリースアルプス社のプレスリリース

Yahoo! JAPANが提供している地図はMapionなんですが、このMapionが使っている地図データがアルプス社のもの。支援する理由はそんなところにありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログブックスコンテスト最終選考ノミネート発表

ココログブックスコンテストの最終選考ノミネート作品が発表されました。以下14サイトです。(紹介順)

有名サイトあり、初耳サイトありと、千差万別の顔ぶれ。

逆に「どうしてここが落ちたの?」というサイトもあるので、応募ウェブログめぐりも楽しいかも。

受賞作品発表は1月22日の表彰パーティ席上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家の電話もヘッドセットで使いたい

ライブドアが「スカイプスターターキット」として、SkypeのソフトウェアとA-002 デラックス スタイルステレオヘッドセットをセットにした商品を12月17日から販売するというニュースがありました。

ロジクールのA-002は評判がよくて私も持っていますが、私の首には大きすぎて使えません。もったいないけど、新しいヘッドセット購入を検討中です。サイズ調整ができないとなあ。

最近はSkype起動してないですが、しばらく使っていてふと思ったのが、「パソコン用ヘッドセットで固定電話が使用できないか」。パソコンのすぐ近くにコードレス電話の子機を置いてますが、通話中はどちらかの手がふさがってしまうのでメモが面倒。

同じようなことを考えている人は他にもいて、void GraphicWizardsLair( void ); //でモジュラーを分岐するアダプターやUSBオーディオアダプターが紹介されてました。

でも、居間にある電話の親機とパソコンは離れているので、この商品だと難しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お遊戯会の謎

今日は次男の幼稚園でお遊戯会でした。次男のクラスの劇は『北風と太陽』で、役は「粉雪」。北風が旅人のマントを吹き飛ばそうとするとき、一緒に出てきて飛ばそうとする役です。

幼稚園のお遊戯会なので、旅人2人、北風3人、粉雪4人となるべく人数を出すようにしているのですが、なんと太陽が5人もいました。他にも花という役もあるのですが、こっちは4人。

太陽多すぎ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夫が「EverQuest II」はじめた

EverQuest II DVD-ROM (輸入版)

夫が3D Ultima Online 2 EverQuest IIを遊び始めました。日本語サービスがはじまってからでいいのにな、と私は思うのですが、移行サービスができるらしいということで遊びはじめてます。英語でチャットできる人っていいなあ。

動作を見せてもらったのですが、画像もさることながらアクションもすごくきれいでかっこいい。夫が使っているファイター女キャラ(モンク予定)が棒術で戦う様なんて見とれてしまいます。

ただし、ダークエルフ男は非常にむさい、というか変な顔ばかり。ダークエルフ女が美女ぞろいなのとえらい違いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAXA採用担当者ブログがgooブログに

5thstar_管理人_日記で知ったのですが、JAXA採用担当者ブログができてました。goo ブログを利用しています。驚愕。

JAXA公式サイトの新卒採用情報からリンクされています。覚え書き@kazuhi.toにもあるとおり、JAXAドメインじゃないところに若干のとまどいがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切込隊長が日本振興銀行がらみの記事を大公開

木村剛と日本振興銀行がきな臭い、ということで先日から切込隊長が記事を書いてますが、とうとういろんな人から聞き込んだ話を書いています。ここのところウェブログジャーナリズムについていろいろ書いてたのはこれの伏線なのか。

正直言って、ここまでのものを公開するというのは、取材力やら問題意識だけじゃなくて、「守るべきものが少ない」ということもあるんでしょうね。隊長に配偶者や子どもはいないそうだし、どこかの会社の従業員じゃないからクビになる心配もない。あとは自らの命ぐらいだけど、持病があると聞いたような。

ガンダムの数ある名台詞の中に、ララアの「なぜ、なぜなの?なぜあなたはこうも戦えるの?あなたには守るべき人も守るべきものもないというのに」というのがありますが、守るべき人も守るべきものもないからこそ、背後を気にせず戦える、というのはあるのでしょうね。

木村剛と切込隊長お二方のますますの繁栄を祈念してやみません。というか、今まで散々言われてきたことが本当なら、これってかなりヤバい話じゃないですか。

追記(2004/12/12):木村剛のウェブログでこの件について記事が掲載されました。裁判がらみがあるとはいえ、野次馬としては面白みがない。

ただ、以下の反応はどうかと思う。

しかも、切込隊長のブログはアクセス数が多いので、マスコミみたいなものと考えてよいと思われます(実際、書かれたことを鵜呑みにしていらっしゃる方も多い様ですし・・・)。

それって、「週刊!木村剛」もマスコミみたいなものと考えていいということですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペースシャトル運行停止の影響2つ

コロンビアの事故後、ハリケーン襲来もあってスペースシャトルの運行が再開できていないことによる悪い影響が表に出てきています。

まず、ハッブル宇宙望遠鏡の改修問題。老朽化が進んでいてこのままだと2007年から2008年には使えなくなってしまうかもしれなくて、シャトルで人間を送れない以上、廃棄か無人ロボットによる遠隔改修かという話になりそうでした。結局どちらも却下で、シャトルをなんとか打ち上げて対処することになりそうです。間に合えばいいんだけど。(情報源:asahi.com他)

「飛行士にダイエット指令」とタイトルだけは笑えそうだけど、国際宇宙ステーションの食糧危機は思いっきり深刻な事態になっています。シャトルの運行ができなくなって以降、国際宇宙ステーションの補給はロシアの宇宙船プログレス頼りなのですが、修理用部品が優先になって食料の輸送が後回しになってしまったかららしい。25日にはプログレスが水や食料を届ける予定ですが、何かあって届かなかったら、宇宙飛行士の帰還も検討中とか。(情報源:NIKKEI NET他)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rabbit Ticker次期バージョンと、こうさぎの今後

最近音沙汰がなかったRT:Blogが更新されて、Rabbit Ticker の次期バージョンの話や、こうさぎの今後の話が公表されました。

RT::Blog: Rabbit Ticker の次期バージョン

  • キーワード検索機能・未読既読管理機能(一度読んだ記事は次から流れないようにすることもできるようにする)
  • ランダム表示機能(要望が多いので)
  • デュアルディスプレイ対応(意外とこれも要望が多いです)
  • Blog Lines API への対応(RSSリーダーでRSSリーダーの情報を見るのは謎ですが面白そうなので)

なかなか野心的です。

こうさぎは、なんだか大人の事情がかかわっているようで、その準備におわれている様子。年明けの「大々的な発表」に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朗読劇「電車男」

漫画化情報が出たと思ったら、今度は朗読劇です。

ネット掲載の“実話”が朗読劇に…純愛物語「電車男」

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」に掲載された“実話”で、50万部に迫る一大ブームを起こした純愛物語「電車男」(中野独人著・新潮社刊)=写真=が朗読劇になる。前後編に分けて、前編が来年3月12日から3日間、東京・新宿シアターアプルで、後編は5月9日に東京国際フォーラムで上演される。

電車男役に朴路美(路は正しくは「王へんに路」)、エルメス役に井上喜久子……って電車男本人の趣味かこれ。他にもスレ住人役として横山智佐ら3人が出演します。(詳細

ってことは「キター」とか「アパーム!弾もってこい!」ってやるんですかね。

エキサイトブックスで「そうだったのか!『電車男』」という、担当編集者インタビューが掲載されています。担当編集者は文芸部門の担当で、『電車男』を檀ふみに見せたら「新宿で下りるところを原宿まで行っちゃったよ、すごい面白かったよ」と喜んでもらったとか、渡辺淳一に送ったとかそういう話が載っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Amazon.co.jpが一部国内新譜CDを値引き販売するカラクリ

Amazon.co.jpが一部国内新譜CDを最大20%offで販売しています。(ITmediaニュース

書籍やCDは再販制度に守られて値引き販売ができないはずだけど、と思ったら、なんとこのCDたちは再販制度適用外なんだそうです。

 通常、国内盤新譜CDについては「著作物」と見なされ、再販制度が適用されるため定価での販売が基本となるが、DVDや書籍などがセットになっている商品はその適応外となるため、このようなディスカウントが可能だ。

 (公正取引委員会では、再販制度の適用を「書籍、雑誌、新聞、レコード盤、音楽用テープ、音楽用CD」に限定しており、CD+DVDやCD+書籍のようなセット商品は適用外と見なされている)

そういや、以前に公正取引委員会から指導があったのを思い出しました。日経の記事があったはずですが、残念ながらGoogleキャッシュしか残ってませんでした。

とはいってもいろいろなしがらみで値引き販売が難しいでしょうから、Amazonは大英断なんでしょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『ライトノベルデータブック』は雑草社から

榎本秋さんが執筆している『ライトノベルデータブック』、出版社と概要が榎本さんのウェブログで公表されました。

『ライトノベルデータブック』
榎本秋編著
雑草社

主要ライトノベルレーベル解説
複数レーベルで活躍している作家60人
作品120作品程度各レーベルのプロパー作家 50名強

という内容でほぼ確定しました。

雑草社は「ぱふ」や「活字倶楽部」を出している会社です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つかまえてシリーズは90巻以上出ている

グイン・サーガはあと2巻で本編100巻達成するのですが、実はその次、90巻以上出ている小説があることを知りました。

IRC#もの書きでリンク先の前後で教えてもらったのですが、秋野ひとみが講談社X文庫ティーンズハートから出している「つかまえてシリーズ」(「××つかまえて」というタイトル)が90巻以上になっていました。

FANTASY BOOKMARKの講談社X文庫ティーンズハートの新刊情報を見てみると、隔月刊ペースで発売されているのがわかります。グインも同じペース。

風見潤の幽霊事件シリーズも60巻以上。恥ずかしながら風見潤については「ティーンズハートの作家」としてしか認識していませんでした。『銀河ヒッチハイク・ガイド』や『アイスウィンド・サーガ』、『それがぼくには楽しかったから』も訳しているベテラン翻訳家なのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンテナンスやっと終了

二度にわたって終了が延期したココログのメンテナンス。やっと終了しました。

今回のメンテナンスで追加されたのは、まずリッチテンプレートの提供。すでにBroadBand Watchで報じられてますが、有料で提供されるデザインテンプレートが選択できるようになりました。選べるテンプレートはココログデザインから見ることができます。

追記:有料ばかりではなく無料も多いです。ただしテンプレートを使う前に@niftyのIDとパスワードを求められます(ココログのID・パスワードではないので注意)。物欲だらけの怠惰な日々チャイナの2列右テンプレートを使用しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年の年間ベストセラー発表

2002年12月~2003年11月の年間ベストセラーを、書籍取次大手の日販・トーハンがそれぞれ出しました。(朝日新聞など)

日販のランキングはまだサイトにありませんがトーハンの年間ベストセラーは載っていました。日販のデータはロイターが伝えています

ハリポタ』売れ残っただ何だと言ってもナンバーワン、『バカの壁』は今年も売れたんだなあ、というのもさることながら、ドラゴンクエストVIII攻略本が発売一ヶ月もたっていないのにトーハン4位・日販7位に食い込んだのにびっくり。

あれだけ世を騒がせた「冬ソナ」関連本、『セカチュー』『イマアイ』より売れていないのはなんだか意外な感じがします。

毎年トップテンに名を連ねる池田大作先生と大川隆法先生が日販・トーハンともトップテン落ちというのが、今年の豊作振りを現しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宮川達彦さんがライブドア退職?

ライブドアの執行役員というよりも、bulknewsbulkfeedsの中の人といったほうが有名な宮川達彦さん、もしかして退職されたんでしょうか。

IRCで教えてもらったKNN's Photologにこんな文章が。

KNN's Photolog:12月08日(水)「iPod&iTunes Hacks」

、株式会社ライブドアの執行役員である宮川達彦氏というよりも「BlogHacks」の著者、「未来検索」、RSS-NEWSギャザリングの「bulknews」の開発者して有名な「みやーん」のSN.BARに登場です!

(強調は私によるものです)

傍証は二つほど。

  1. blog.bulknews.netのprofile欄から仕事関連の記述が消えてしまっていること
  2. bulkfeedsのサーバ移行で、livedoorデータホテルからさくらのレンタルサーバに移転していること(cf.あそびをせんとやうまれけむ

ライブドアの組織図には名前がありますので、推測でしかありませんが。

Flickrの写真が気になります。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

『電車男』が漫画化

あの『電車男』が秋田書店「チャンピオンRED」で漫画化決定というのを見てびっくり。各所で話題になっています。

マガジンボックス

2月号 話題のベストセラー「電車男」漫画化!

ネット発のベストセラー純愛物語
完全漫画化!
電車男
原作/中野独人(新潮社・刊)
インターネット掲示板から生まれた純愛ストーリー! 「電車男」と彼を支えた男たちの感動物語を完全漫画化! 詳細は本誌を見よ!
ロゴデザイン/新潮社

誰が漫画化を担当するのかわかりませんが、掲示板で相談するシーンとかどう絵にするのでしょうね。

まったく関係ないけど、同じページの麻宮騎亜の漫画の紹介が妙に気になった。 ヒーローはニート!?っていったい……。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

折込チラシのネット配信システム

特売情報を簡単に携帯メールに一斉送信するシステムがあるんですね。此処録からトラックバックで教えてもらいました。

特売速報を携帯へ――アイ・キューがスーパー・小売店向け ASP サービス

同社が今回開始する新サービスは「特売速報スーパープラスアイ」。店舗で会員登録した顧客が、携帯メールや会員サイトを通じてその店舗の特売情報やタイムサービス情報を得られるシステム。

緊急性の高いもの、話題性のあるもの(卵激安・TVで話題・雨の日特売など)についてはメール配信、それ以外はサイトを見てもらう、という二段構えのASPサービスのようです。

今のところ、RSSよりも携帯メールのほうが普及しているし、手軽に持ち歩ける利点がありますね。あとはチラシの印刷代と折込料金と、このシステムの導入、価格差はどうかという問題でしょうが、東京都の折込広告料金表と比較すると、うーん。

チェーン系飲食店ではいくつか携帯メールでチケット配信しているところがありますが、小売店でそういうことをしているところはないのかな。私が知らないだけかもしれないけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Yahoo!オークションでID乗っ取り&直接取引詐欺の合わせ技

void GraphicWizardsLair( void ); //経由でヤフオクを席巻中、その名は「カネダ&キクタ&シマモト」。今、Yahoo!オークションでフィッシング詐欺でID乗っ取り&直接取引詐欺の合わせ技が流行しているそうです。

フィッシング詐欺といえば、高木浩光@自宅の日記で手口が紹介されています。これをやられたらだまされない自信がありません。こうやって乗っ取ったIDを使って詐欺を行うと、乗っ取られた人はたまったものではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Thunderbird 1.0正式版公開

Mozilla Foundationのメールクライアントソフト、Thunderbirdの正式版1.0が公開されました。もう少し先になると思ったのでびっくり。

日本語版0.9が出る前に1.0が出てしまいました。Thunderbird を日本語化するを読みながら導入したばかりなので、正直どうしようか迷っているところ。正式日本語版が出るのを待とうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シムズオンラインをBANされた理由がブログの記事?

Wired NewsのオープンソースMMOGの記事、ボトムアップでオンラインゲームを作ることより、ピーター・ラドローがそれにかかわるようになった理由のほうが気になりました。

 『シムズオンライン』の開発元である米エレクトロニック・アーツ(EA)社がゲームのバーチャル世界からラドロー氏を追い出した一件は、数多くの新聞やオンラインメディアに取り上げられた。追放の原因は、ラドロー氏によれば、未成年のプレイヤーがこの『シムズオンライン』の仮想世界で売春宿を経営していることを、かつて『ジ・アルファビル・ヘラルド』と呼ばれていた自身のブログで暴露したためだという。

この事件そのものが初耳です。日本では話題にならなかったのかな。

探し方が下手なのか、数多くの新聞やオンラインメディアに取り上げられたという記事もわかりませんでした。結構前の話だったのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

折込チラシのかわりにRSS配信が欲しい

Going My Way経由で、新聞の折込チラシのかわりにRSSでお買い得情報を配信するというアイデア。

[N] ネットで紙媒体の新聞・雑誌が絶滅する?

近所のスーパーがお買い得情報をRSSで配信してくれたら、お互いにコストがかからなくて良いかもしれません。

そんなサービス、ほんとにあったらいいのになあ。

元のWired Newsの記事じゃないけど、私も古新聞の処分に困って新聞を取るのをやめました。でも、スーパーのチラシは欲しいというかなくて困っています。この前卵の98円特売(最近卵が高くて困っている)を逃して非常に悔しい思いをしました。でも散らかされた古新聞を片付ける労力を考えたら、多少不便でも新聞取らないほうがいいや、と思っています。

広告とRSSについて最近ニュースになってますが、ニュースサイトのRSSに広告を組み込む、というようなものが多いです。でも、広告そのものが情報になるということもあると思います。スーパーの特売情報なんて典型的。

それぞれの小売店がこまめに更新してくれるかどうか、という問題があって、地域情報に関してはまだまだ折込チラシ優勢です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

今の「ブログ時評」と「小池編集長ブログ事件」は似てる

先日開設を紹介したブログ時評がもう荒れてます。いろいろといきさつがあって匿名コメントが大量についたのですが、業を煮やしたのか、とうとう匿名コメント削除を決行してしまいました。

「コメントが大量につく」という展開は、署名で書く記者の「ニュース日記」でライブドア社長批判を書いたとき(小池編集長ブログ事件)とよく似ています。そのことについてガ島通信で分析した記事が、団藤氏の場合にも当てはまっているように感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BBC騙される

BBCが今年で発生20年になるボパールの有毒ガス漏洩事故について誤報を行い、謝罪するという羽目になりました。(朝日新聞日本経済新聞

そもそも、史上最悪と言われるボパールでの有毒ガス漏洩事故から20年たちましたが、今でも健康被害に苦しむ被害者が多く、補償が十分でないと言われ続けていました(詳しくは壊れる前に…参照)。ユニオン・カーバイドのCEOは逃げてるし、買収したダウ・ケミカルは「うちとは関係ない」と拒否してるし。

報道を総合すると、BBCが発生20年を前にダウ・ケミカルに取材しようとインターネットで広報の電話番号を探して取材を申し込んだ先が実はThe Yes Menというダウ・ケミカルとは無関係のグループ。BBCは広報担当者と名乗った人物のインタビューで「ダウ・ケミカルが被害者補償基金を作る」と報じ、株価にも影響を与えました。

The Yes Menというグループについて、どこかで記事を読んだ覚えがあるのですが思い出せなくて困っています。朝日では「ウソのニュースを流して悪ふざけをする「イエス・メン」という反多国籍企業の活動家」、日経では「企業や国際機関をかたったホームページを作成、マスコミをだますことを趣味とするグループ」となっています。

まじめに補償問題を考えている人たちにとっては、話題が補償問題から虚偽報道問題に逸れてしまって困ってるでしょう。ただ、私にとっては今まで目に入っても素通りしていたボパール有毒ガス漏洩事故について知ることになるいいきっかけにはなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶賛・酷評どっち?

IRCで教えてもらった、同じ記事をもとにしているのに正反対の見出し記事。

同じニューヨークタイムズを元にしながら、どうしてこう正反対になってしまうのでしょうか。

Googleニュースで調べてみたら、「絶賛」なのはZAKZAKだけみたいです。

ちなみに、問題のニューヨークタイムズ記事はRepatriating the Japanese Sondheim。例によって要会員登録です(BugMeNot.com使えます)。さわりで持ち上げて落とす、という形式。ZAKZAK記事の元になった時事通信の記者はさわりしか読まなかったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書籍レンタルの使用料は、作家には三割しかいかないらしい

2004年の著作権法改正で書籍・雑誌の貸与権が認められてしまったのですが、その権利集中管理を行う出版物貸与権管理センターが、平成16年12月2日付で、著作権等管理事業者として正式に登録されたようです。

ごたごたやってますがそれでもなるようになるのかな、と思ったら、benliに、出版物貸与権管理センターがとんでもないことを言っているらしいという情報が載っていました。

 CDVJの赤田理事によると「貸与権管理センターは口頭で『3週間禁止、使用料280円』提示してきました。280円の根拠をただしたら、『作家には80円、出版社、取次店、貸与権連絡センターに200円』との返事でした。」とのことです。

それって、作家の取り分はたった三割ってこと? 作家以外の取り分のほうが多いってことですよね? 口頭の問答とはいえ、これはひどすぎる。

benliの小倉弁護士の指摘どおり、現行の著作権法に出版社に貸与権または貸与報酬請求権はありません。取次もまた同じ。現在行われている音楽レコード・CDレンタルでも取次(問屋)には報酬がわたっていないのに、どうして書籍取次には報酬がわたるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ル・モンドがTypePadでウェブログ

IRCで教えてもらったのですが、フランスの新聞ル・モンドがウェブログサービスLe Monde.fr : Blogsを開始しました。システムはココログなどと同じくTypePad。

huixingの日記によると、新聞記者のウェブログと読者のウェブログを同様に扱い、トップテンの順位を新聞記者と読者が競っています。フランス語が全然わからないので、参加できる条件の有無や有料か無料かすらわからなくて残念。

「新聞社が運営するウェブログサービス」というのをどこまで生かせるかはわかりませんが、画期的なのは確か。ちまたで論争している「ウェブログとジャーナリズム」をまじめに考えている人たちの意見や感想を聞いてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ぴっくあっぷのめも」一区切り

昨年のココログ開設からずっとウェブログ界隈の話題メモを提供してくださった「ぴっくあっぷのめも」が、更新停止するそうです。

さてと…。
今日の更新分で、まずは一区切り付けたいと思います。
1年間昼夜を問わず動いていたノートPCと、もう若くない体と心に休息を。(笑)

ご愛読ありがとうございました。(*^ー゚)/~~

あれだけのネタ集めはさぞかし大変だったでしょう。お疲れ様でした。

ぴっくあっぷ。」のほうはこれからも続けていかれるんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍なつみフォトエッセイの強気すぎるマーケットプレイス出品

Amazon.co.jp: 新品/ユーズド価格 安倍なつみフォト&エッセイ 陽光(ひかり)

事務所が盗作を認め、回収・絶版になった『安倍なつみフォト&エッセイ陽光(ひかり)』、Amazonマーケットプレイスですごい値段をつけている出品者がいます。(情報源:おまえにハートブレイク☆オーバードライブ

最初に見たときには、一万円台からになっていましたので、現在の四千円台以下は値段の高さを見た人が下げにかかってきたのだろうと思います。そういや、最初に見たときの一万二千円弱の出品が消えています。売れたのか?!

当然Yahoo!オークションでも売られています。だいたい三千円台で落ち着きそうな雰囲気。元が1,575円だったことを考えれば十分プレミア価格なのですが、それにしても十万円というのは強気すぎです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

著作権保護期間延長への動き

マスコミではどこも報じてないみたいなのが気にかかるのですが、著作権分科会法制問題小委員会(第4回)が11月26日に行われ、その時に配布された資料に著作権保護期間の延長が触れられていました。zfylに概要が掲載されています。文部科学省のサイトに載るのはもう少し先かな。

以前に「映画の著作権」が死後50年から70年に延長されたのですが、今度はどうやらすべての著作物に関して、死後50年から70年に延長することを狙っているようです。

討議ではあまり話題にはなってない様子。話題にならなかったから報じられなかったのかな。

保護期間延長に関してパブリックコメントでは反対意見が多いのですが、せっかく集めたパブリックコメントが無視されるようだと、なんのためのパブリックコメントなのかわかりません。

しょせん知財流通業者のための著作権なんでしょうか。

(以上、情報源:辺境から戯れ言

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Amazon.co.jpがiPod mini プレゼントキャンペーン

Amazon.co.jpがiPod mini プレゼントキャンペーンをはじめました。iPod miniで釣るとは、卑怯な。

2004年12月3日(金)から12月20日(月)の期間中に、ブックストア(和書洋書)またはミュージックストアの商品を1回のご注文で5000円(税込)以上ご購入いただいた方の中から、人気のiPod mini が抽選で合計100名様に当たるiPod mini プレゼントキャンペーン(以下「本キャンペーン」)を実施中。

2004年12月31日(金)までに発送処理が完了したご注文のみが本キャンペーンの対象となります。マーケットプレイスでの注文金額は本キャンペーンの対象外となります。

注意点がいくつか。

  1. ひとつのアカウントで1回の注文しか権利はありません。複数回分けても意味がありません。
  2. 1回の注文で5000円以上でなければなりません。複数回の合計ではありません。
  3. マーケットプレイスでの購入分は含みません。
  4. 12月20日までに注文を確定しなければなりません。
  5. 20日までの確定でも、12月31日までに発送が行えなければ対象外になります。
  6. ブックストア、ミュージックストア個別でも、混ぜてもOKです。
  7. キャンセルや返品は対象外になります。

Amazonのページで確認してください。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

せどりグループが盛り上がってるっぽい

in between daysから。はてなグループの「せどりグループ」が盛り上がってるっぽいという話。10月に見たときには数人しかいなかったのですが、今見たらものすごく増えてました。4人しか一般公開していなくてあとはグループモードというのもいいです。

背取りというのは、グループの説明でもわかるように、安い中古書店(主にブックオフ100円均一コーナー)から買って、高く売れる中古書店(またはAmazonマーケットプレイス、ヤフーオークション)で売るという商売。特に中古本の価値は、欲しい人にはいくらだしてもいいぐらいだが、いらない人にはクズというものですから。

昔の背取りは古本屋街を足を棒にして歩き、値付の目を養ったものですが、今はAmazonマーケットプレイスやヤフーオークションで売れますし、こうやってグループで情報交換ができるいい時代になりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「作れる」と「作った」の違い

「作れること」ではなくて「実際に何かを作った」ということが評価される、という話です。

文章でも同じことが言える。誰でもうすうす分かっていて、誰かが日頃から考えているようなことでも、それを書いてくれる人はなかなかいない。だから、書いた人が登場するとやっぱりみんな喜ぶ。それが広く読まれれば、より評価が高まる。読まれるために一流の書き手である必要は必ずしもない。

作れるのになぜ作らないのか、書けるのになぜ書かないのか、そのような理由にはいろいろあるが、そのひとつに、できるとわかっていることをやってもおもしろくない、自分で当たり前と思っていることを書いてもおもしろくない、という感覚がある。

いやなブログ: 作れる、作る、作った

そういえば、世間でもてはやされるエッセイというのは、何かしら「日頃から考えたり感じたりしている人が多いけど、実際に書いてくれる人はいない」というものが多いように感じます。ベストセラーエッセイのAmazonの書評で「そんなに当たり前のことを一冊の本にしてまで書くな」といったものがありますが、実は類書がないこともしばしば。

平凡を恐れるな、ということかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ一周年

ココログができて一年になりました。このウェブログも開設一周年になります。それ以前からの記事もありますが、気にしないでください。

ココログ一周年記念のトラックバック野郎のお題は「ココログとわたし」。トラックバックした人の中から抽選でココログを使っている有名人からのグッズがあたります。

さらにココログを使っている有名人やウェブログ関係の人からのメッセージも掲載されています。シックス・アパートや同じTypePadを使っているOCNだけじゃなく、BIGLOBEやはてなやヤプログ!などココログのライバルからも届いています。楽天やライブドアからはきてないね。

ここからは私事になりますが、以前からちまちまと「物欲だらけの怠惰な日々」という別ウェブログを作りました。家庭的なこととか、物欲とかを書いていきます。

それからそれから、このウェブログのタイトルから「@cocolog」を消しました。ここを中心に使っていくことにしたという決意も含んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IFRAME脆弱性対応緊急パッチ公開

一般的には「IFRAME脆弱性」と呼ばれている、Internet Explorerに存在する脆弱性対応の緊急パッチ「MS04-040」が、定例パッチスケジュールよりも前に公開されました。(情報源:CNET Japanなど)

マイクロソフトでは「HTML要素の脆弱性」と呼んでいます。12月7日の定例パッチまで待つんじゃないかという話も出てました(情報源:Japan.internet.com)が、杞憂になってよかった。

すでに何度か悪用されているものなので、IEはほとんど使わない私もすぐにあてました。再起動が必要なので注意。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年ユーキャン流行語大賞は「チョー気持ちいい」

2004年ユーキャン流行語大賞が発表になりました。報道各サイトで報じられていますが、ITmediaニュースがうまく表にしています。公式サイトは重い。

「チョー気持ちいい」は予想外。「気合だー!」のほうがよっぽど流行っていた気がします。オタク系の言葉は全滅しました。

「せっかくノミネートされたのに、どうしてこれがトップテン入りもされなかったの?」は相変わらず多いです。毎年のことですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ダブルエンジン搭載ブラウザ2種公開

Netscapeの新ブラウザは、FirefoxとIEの「どっちも採り」 というニュースが流れた直後にLunascape、ダブルエンジン搭載のブラウザ新版を発表。どちらも、Internet ExplorerとGecko(MozillaやFirefoxで使っているレタリングエンジン)のどちらか選択できるWebブラウザです。

「Internet Explorerのみ利用可能なページ」というのに悩まされていますので、サイトごとにレタリングエンジンが選択できるというのは興味深い機能。ただ、そういうサイトはIEかどうかをUser Agentで見ているので、緩和できるといいのですが。

同日公開というのがちょっと気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bloglinesに日本語インターフェイス

Webブラウザベースのアンテナ型RSSリーダBloglinesのインターフェイスに日本語版が登場しました。一度日本語を選択すると、あとはCookieで自動的に日本語インターフェイスになります。ドキュメントも一部以外は訳されています。

日本語として変な部分(例:「about」が「ついて」など)がありますが、精度はなかなかのもの。これでBloglinesを薦めやすくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »