« 団藤保晴さんの「ブログ時評」 | トップページ | とんでもない値段のコミックス »

最近の『電車男』議論

ITmediaニュースで日本語記事が読めますが、『電車男』ブームについて、ロイターが各国に配信しました。ZDNetでも掲載しています。"Train man"と"Miss Hermes"なわけね。古典的純愛物語と新しいネット文化の結合、と見ているのでしょうか。リアル友人ではなく匿名掲示板で相談するというのは、日本人の人前で感情を表したがらない特徴ゆえと分析しています。

2週間以上前の記事ですが、朝日新聞徳島版に載った記事。『なんとなく、クリスタル』と比較するという驚きの解釈。たしかに『なんとなく、クリスタル』は著者自身あれを超えられなかったほど時代を映し出したものですので、面白い解釈だと思います。

知的財産戦略推進事務局事務局長のコラム「「電車男」の著作権は?」。不特定多数が出入りする掲示板という場の著作権問題は難しい。「利用された」と感じる人もいるし、真贋とは別に書籍化に関する論争も起きています。

|

« 団藤保晴さんの「ブログ時評」 | トップページ | とんでもない値段のコミックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/2061508

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の『電車男』議論:

» 電車男の著作権に絡めて [見たこと聞いたこと]
こんな風に考えてみた(あり得るかあり得ないかはおいといて) たとえば、 サイト作成用の無料素材を提供しているサイトが結構ある その中から、評判が良く使えそうな... [続きを読む]

受信: 2004.11.25 18:37

» 出版権なく出版された電車男 [電車男事件]
55 名前: (‡ー・_=)y− ◆.. [続きを読む]

受信: 2005.11.18 17:52

« 団藤保晴さんの「ブログ時評」 | トップページ | とんでもない値段のコミックス »