« Googleの「もしかして」機能縮小か? | トップページ | 「高校生が選ぶ読みたい本100選」というのが正しい投票結果 »

住基ネット進入実験に関する発表が中止に

スラッシュドットジャパン経由で、長野県での住基ネット進入実験に参加したEjovi Nuwere氏による講演が、総務庁が難色を示したために当日になって中止になりました。朝日新聞毎日新聞などで報じられています。Nuwere氏のウェブログ(英語)に、差し止めに対するコメントおよび発表予定だったスライドが掲載されています。

当時の報道に関してはインターネット事件簿に詳しく載っていますが、政治がらみで報道がゆがんでしまっていた模様。政治色が濃い実験だったためにあいまいな形での公表になってしまい結果的に伝えるべきことが伝わらない報道になってしまったということで、Nuwere氏は今回の講演を行うことで住基ネットの危険性と対策を伝えたかったようです。

総務庁は「住基ネットそれ自体の脆弱性ではない。誤解を招く発表になっている」というのが主な理由のよう。でも、一般の国民にとっては「原因がどうあろうと住基ネットの情報が流出するようなことが起きると困る」と思っているので、総務庁の考え方と食い違いがあります。正直言ってシステムに何の脆弱性がなくても、一人の職員がデータをぶっこ抜いて名簿屋に売ったらおしまい。

守秘義務があったり、安全性確保のために秘密にしなければならないことがあったりと、雲をつかむような話ですが、どのような問題があるのか、危険性はどのくらいか、対策はどうすればいいのかが市町村の一般職員にもわかるようになってほしいです。

|

« Googleの「もしかして」機能縮小か? | トップページ | 「高校生が選ぶ読みたい本100選」というのが正しい投票結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/1968155

この記事へのトラックバック一覧です: 住基ネット進入実験に関する発表が中止に:

« Googleの「もしかして」機能縮小か? | トップページ | 「高校生が選ぶ読みたい本100選」というのが正しい投票結果 »