« ウェブログのサイドバーに入れられるメール感染型ウイルス発生状況確認サービス | トップページ | 住基ネット進入実験に関する発表が中止に »

Googleの「もしかして」機能縮小か?

もしかしてGoogleはネタでやっているのか?で話題にした「もしかして」機能、今日になったら日本語のものは出なくなってしまいました。単語を選べば出るという話もありますが、見つけられていません。

英語のほうは相変わらず出ていて、 「phishing→fishing」だとか「winny→winnie」といった状態。

スラッシュドットジャパンでは「撤回」の文字が躍っていますが、システム調整中なのかな?

|

« ウェブログのサイドバーに入れられるメール感染型ウイルス発生状況確認サービス | トップページ | 住基ネット進入実験に関する発表が中止に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/1952245

この記事へのトラックバック一覧です: Googleの「もしかして」機能縮小か?:

« ウェブログのサイドバーに入れられるメール感染型ウイルス発生状況確認サービス | トップページ | 住基ネット進入実験に関する発表が中止に »