« インドネシアで身長1mほどの化石人類発見 | トップページ | 真偽の確認は難しい »

市川拓司『いま、会いにゆきます』

いま、会いにゆきます
市川 拓司



小学館
2003-03
売り上げランキング 7
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

略して「いまあい」。セカチューの再来(あるいは二番煎じ)と呼ばれ、映画化→原作ロングラン、という流れ、出版社まで同じというある意味不幸な作品です。でも、正直言ってセカチューなど比べ物にならないほど泣けた。

死んだはずの妻が戻ってくる、しかも記憶喪失、という設定はどこかありがち。いつかいなくなってしまうのではないかという不安ですら、予想の範囲内。主人公の、何らかの障害(パニック障害?)で社会生活が困難がぐらい壊れている様は、不要なんじゃないかな、感情移入を阻害してるんじゃないかな、なんて思ったぐらい。

しかし、最後の「いま、会いにゆきます」の意味がわかるところで不意打ちをくらってしまいました。全てを知ってなお、抱えている想い。夫を、息子を想うその愛情が、涙腺をゆるくしてしまいます。

★★★★★

|

« インドネシアで身長1mほどの化石人類発見 | トップページ | 真偽の確認は難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/1856745

この記事へのトラックバック一覧です: 市川拓司『いま、会いにゆきます』:

« インドネシアで身長1mほどの化石人類発見 | トップページ | 真偽の確認は難しい »