« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

更新情報メールをそのまま掲載するウェブログ

おのひろきおんらいんのRSS 検索サービスに,あるキーワードを含まないっていう検索機能が欲しいという記事で気がつきましたが、はてなアンテナの更新情報メールをそのままメール投稿可能なウェブログに送る、というものがBulkfeedsFeedBackの検索結果にひっかかるようになっています。

今回指摘されているのははてなアンテナですけど、未来検索アラートやMy RSSメール配信を使って同じようなことをしているウェブログもあります。こういうのって他人のふんどしで更新しているわけで、気に入らないなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

真偽の確認は難しい

香田証生さんの遺体が本当に確認されました。切込隊長が香田証生は三度死ぬと書いたように、その前に二度も別人の死体が「香田さんではないか」と報じられました。そういや、元ネタ『007は二度死ぬ』は日本が舞台でした。

その前の二人の死体はイラク人だったそうで、欧米人にはアラブ系と極東系は見分けがつかないのか、なんて思ってしまいました。共同通信は二人目の死体を香田さんと断定した記事を配信してしまいました。おかげで複数の地方紙の夕刊や号外に誤報記事のまま載ってしまいました。外務省やアンマンの現地対策本部(現地じゃないやん)でも混乱していたようなので、責めたてるのはかわいそうかな。

情報の混乱といったら、先日の新潟県中越地震で土砂崩れに巻き込まれた親子について「3人生存」という報道が流れました。伝言しているうちに「生存者がいる」が「生存している」に変化していったのかな、なんて思っています。

新潟県中越地震では現地でのひどいデマは今のところないようですが、ネットで真偽がわからない情報が大量に飛び交っているようです。誰もが現地に行けるわけはないですし、行っても邪魔になるだけ。ソースロンダリングの当事者にならないようにするのは難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

市川拓司『いま、会いにゆきます』

いま、会いにゆきます
市川 拓司



小学館
2003-03
売り上げランキング 7
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

略して「いまあい」。セカチューの再来(あるいは二番煎じ)と呼ばれ、映画化→原作ロングラン、という流れ、出版社まで同じというある意味不幸な作品です。でも、正直言ってセカチューなど比べ物にならないほど泣けた。

死んだはずの妻が戻ってくる、しかも記憶喪失、という設定はどこかありがち。いつかいなくなってしまうのではないかという不安ですら、予想の範囲内。主人公の、何らかの障害(パニック障害?)で社会生活が困難がぐらい壊れている様は、不要なんじゃないかな、感情移入を阻害してるんじゃないかな、なんて思ったぐらい。

しかし、最後の「いま、会いにゆきます」の意味がわかるところで不意打ちをくらってしまいました。全てを知ってなお、抱えている想い。夫を、息子を想うその愛情が、涙腺をゆるくしてしまいます。

★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドネシアで身長1mほどの化石人類発見

スラッシュドット ジャパンで”ホビット”はインドネシアにいた!というトピックがたっていて何事かと思いました。BBC NEWSの'Hobbit' joins human family treeを受けての表題。インドネシアで身長1m程度の成人女性の化石が発掘されたというニュースです。

日本語の報道だと、Wired Newsに詳しく書いてあります。asahi.comなどの新聞社サイトでも報じられました。nature.comの特集ページ(英語)に写真がたくさん掲載されています。

発掘した科学者たちがつけたニックネームが「ホビット」。正式名は『ホモ・フローレシエンシス』(Homo florensiensis)です。フローレンス島で発見したから。

脳は小さいけれど、周辺で出土した遺物によると、共同で狩をしたり、石器を作ったりと、なかなか高度な社会活動をしていたみたい。

Wired Newsの記事には、洞窟に小さな人間が住んでいたという地元の言い伝えが紹介されています。言い伝えが残るぐらい最近まで生きていたかどうかはわかりませんが、イエティ(雪男)を追い求める人達には希望が見えてきたのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Yahoo!JAPANがとうとうウェブログサービス参入

blog.bulknews.net 経由で、Yahoo!ジオシティーズがとうとうウェブログサービスに乗り出したのを知りました。名前もジオログ。ジオシティーズでページを作っている人だけが利用できます。

サイドバーにカレンダーを使った過去ログリンクや、外部リンク、アバターを設置できますし、記事にコメントがつけられますが、トラックバックやRSSなどの「狭義のウェブログツール三種の神器」はありません。

本家Geocitiesや本家Yahoo!でウェブログサービスを開始したとは聞いてませんので、日本オリジナルでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

独身女性専用ウェブログレンタルサービス、化け犬.jp

独身女性専用ウェブログレンタルサービス、化け犬.jpが公開されてます。システムはBLOCKBLOG

『負け犬の遠吠え』で30歳以上未婚子なしを「負け犬」と言っていたので、どうして化け犬なのかな、と思ったら、化け犬.jpのコンセプトによると「一皮ムケテ化けた負け犬」を化け犬、というらしい。

すでにどこかでウェブログを使っている人も、リダイレクトできるシステムがあります。トップページの人気BLOGにある「出逢い系ヲタの過激な恋愛記」はその機能でドリコムブログに飛ばしてます。あれ? 栗さんって男性じゃなかったっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

年末にライトノベル解説本2冊発売予定

モノグラフ経由で、宝島社の『このライトノベルがすごい!』が予約開始になっているのを知りました。『このミステリーがすごい!』のライトノベル版です。

同時に、大森望が三村美衣と組んで出すライトノベル本の詳細が判明。三村美衣が出すと聞いたとき、活字倶楽部系統の女性向けガイドブックになると思ったらどうも違うみたい。狂乱西葛西日記(10/20)によると太田出版から年末発売目指して作業中のようです。仮題が『ライトノベルめった斬り!』って『文学賞メッタ斬り!』の柳の下のドジョウですか。

日経BPの『ライトノベル完全読本』もあわせて、今年になって3冊もライトノベルに特化したガイドブックが出ることになりました。久美沙織『コバルト風雲録』も含めたら4冊?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニで印刷したいのに

所用で印刷が必要になって、ネットプリントのアカウントを作りました。

OpenOffice.orgのWriterで作ったWord文書を転送して、さあ近くのセブンイレブンに、と思ったら、エラー。ファイルが開けませんでした、と言われてしまいました。

リッチテキスト形式にしたり、ワードパッドで作り直してみたのですが、今度は「このファイルの用紙サイズには対応していません」と。ちゃんとA4に指定したのに。

ネットプリントは富士ゼロックスがはじめた、Word、Excel、PowerPointなどのファイルを転送して、セブンイレブンに行って印刷できるという便利なサービスです。でも、ノーマルテキストやPDFが印刷できないのでちょっと不便。

東芝テックとファミリーマートで、似たようなプリントスポットというサービスをはじめていますが、こちらは法人のみになってます。こっちはPDFが印刷できるのに残念。

追記:OpenOffice.org 1.1.3が公開されたので早速インストールして保存しなおし、ネットプリントに送ってみました……だめでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライブドアとSkypeの提携

昨日大きく話題になった、ライブドアとSkypeの提携のニュース。ライブドアはlivedoor スカイプをオープンし、livedoor Skype for Windowsの提供を開始しました。現在のところは、翻訳の質以外はSkype.comでダウンロードするものと同じようです。今後、ライブドアが提供する他のサービスとの連携機能をつけていくようです。

ライブドアは、livedoor SIPフォンというIP電話サービスをすでに行っているので、Skypeと競合するんじゃないかと思うのですが、両立させていくみたいです。相互接続を可能にするとか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

毎日新聞の読書世論調査

毎日新聞社の第58回読書世論調査、第50回学校読書世論調査がまとまり、一部MSN-Mainichi INTERACTIVEにも掲載されています。

「メガヒット本」が売れたのは、なんだかんだいって「話題になったから」なんだなあ。本を買うときの判断材料は、広告>タイトルや帯>好きな作家 という順番で、広告重要。さらにいうと、目に留まるためには目に留まりやすいタイトルが重要なのかなあ。

学校読書調査でも、『世界の中心で、愛をさけぶ』を読んでいる中学生・高校生が圧倒的多数と出ています。調査時点で『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』が出てなかったからもあるでしょうけど。

「若者の本離れ」とよく言われますが、この調査結果を見る限り、若者の本離れは下げ止まり、むしろ中年層のほうが本を読まなくなっているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Googleニュースで報道サイトの利用数はどう変わったか

ネットは新聞を殺すのかblog経由で、ネットレイティングスから9月のインターネット利用動向調査結果が発表になりました。今月はGoogleニュース日本版開始で報道サイトの利用数がどのように変わったか、を中心にまとめています。詳しくはPDFで提供されていますのでそちらを参照のこと。

INTERNET Watchでも分析していますが、河北新報の利用率が大幅に上がったのが顕著ですね。河北新報は古い記事を読もうとするとID求められるのがなくなればもっといいんだけど。

個人的には、9月のスタート時にはあったMSN-Mainichi INTERACTIVEが月末になくなって、いつのまにかまたGoogleニュースに拾われるようになった、そのときの動きがどうなっていたのかが見てみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イーバンクにも義援金窓口

イーバンクにも義援金窓口ができました。イーバンクに口座がある人は手数料無料で送金できます。他の銀行からも送金できます。

  • はてな→日本赤十字
  • @nifty→共同募金
  • イーバンク→新潟県

それぞれ送り先が別ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@payで募金ができるようにならないかなりました

@niftyの@payの存在をすっかり忘れていました。

古河社長が、「ニフティでもできることがないか検討してみたい。」と書いたものに、Tigerさん

@nifty には @pay という非常に容易に入金が出来るシステムがあるじゃないですか。これを使って、ニフティ社が主体となって、義援金を集めることは出来ないのでしょうか?

と応じています。私も賛同します。

阪神淡路大震災のときは、NIFTY-Serve(当時)の小額決済システムを使ってわずかながらの義援金を送った記憶があります。

できれば、今年相次いだ台風災害への義援金にもできれば、と思います。

追記:「新潟県中越地震」被害者支援チャリティーできました。送ろうとしたら失敗。登録クレジットカードが@payに対応してなかったよ!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

Amazon.co.jpで募金ができるようにならないか

このたびの新潟県中越地震で、株式会社はてなが義援金受付窓口を翌日に開設しました。私もわずかながら協力しました。あんまりにもわずかだったので、公開されるのがわかっていれば匿名にしておけばよかったと後悔。

銀行や郵便局で寄付金を振り込むより、はてなポイントを提供するほうが簡単ですし、心理的なハードルも越えやすいと感じました。

ARTIFACT ―人工事実―の指摘で思い出したのですが、Amazon.comにはAmazon Honor Systemという決済システムがあります。これを用いて9.11のテロ被害者にアメリカ赤十字を通じて義援金を送るコーナー(Japan.internet.com記事参照)や、アメリカ大統領候補に献金を受け付けるコーナー(WiredNews記事参照)が作られました。

日本のアマゾンでは、まだこういうシステムは導入されていません。事務費にどれだけ取られるかわからない街頭募金より、もっと手軽に募金や献金が行えると思うのですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アメーバブログで書評に賞金

CNET Japanによると、アメーバブログで指定した毎月10冊の本の書評を書いて指定の場所にトラックバックすると、優れた書評を書いた人3名に賞金を贈る、というサービスをはじめます。残念ながらアメーバブログ会員のみ。

11月26日まではオープニングキャンペーンとしてトラックバックした人に抽選で500名に商品券を贈る予定。

追記(10/26):記事を書いたときには見つからなかったのですが、書評つながりができていました。いきなり『投資情報のカラクリ』が今月の10冊に入ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな「Google八分」の発覚と、英辞郎の訳

マルチレベルマーケティングの会社の内部告発をしているウェブログ「シナジー内部告発:シナジーワールドワイドの現状を問うブログ」がGoogle八分にあい、さらには会社から訴訟を起こされるという噂があるそうです。内容の正当性といったことは私には判断できませんが、株式会社ウェディングの時といい、ネットでの評判を気にする会社は着実に増えているのがわかります。

当のGoogleから簡単に英和・和英がひけるスペースアルクの英辞郎 on the Webに、いつの間にか「グーグル八分」が登録されていました。「out of Google's search result」つまり「グーグルの検索結果から外される」とそのまんまの訳でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今週のゴッゴル(10/24)

最古のゴッゴルがGoogle上位にきやすいからか、今日もトラックバックが届いています。みんな必死だなあ。私はそこまで必死になれません。2ちゃんねるから来たのにはビックリ。

SEOコンテストでトラックバックがらみのルールが追加されました(情報源:あそびをせんとやうまれけむ)。ウェブログでトラックバックを送る場合は、コンテスト参加のウェブログか、コンテスト参加ウェブログからのトラックバックを受け付けると明示しているウェブログに限ります。10月23日16時以前のトラックバックは審査に影響しませんが、以降は要注意。

同時に「トラックバックOKバナー」「トラックバックNGバナー」も公開されました。主催者のウェブログによると、もっといいバナー募集中。

SEOコンテスト参加者フォーラムもできました。まだまだ記事は少ないです。ゴッゴルな被害者の部屋もあります。

やっぱりというかなんというか、ゴッゴルちゃんがでてきました。獣型リアル風なのは見つけましたが、萌えキャラ風なのはまだ見てません。

ゴッゴル順位を確認するには、koseki.cc | ゴッゴルランキングが便利です。朝方、ものすごく順位が踊っているのがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

小川一水『復活の地 3』

復活の地〈3〉
小川 一水



早川書房
2004-10
売り上げランキング 450
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

刊行が10日ほど遅れたのが悔やまれる。予定通り上旬に発売されていたのなら、「このライトノベルがすごい!(仮)」アンケートに熱い台詞の数々を書き込んでいたのに。

強権による復興の誤りを知ったセイオと、あくまでも強権で物事を進めようとするサイテン。権限を縮小されたセイオや君臨することさえできなくなったスミルが行うからめ手での災害対策。そして第二次震災でのリベンジ。星外列強との外交さえ変えていきます。もう燃え萌え。

多少できすぎな面もあるのですが、小川一水の他作品にあった唐突に現れる世界のからくりという、読み手を唖然とさせるものは感じませんでした。

セイオとスミルは、もうもどかしくてもどかしくてしょうがない。二人とも私情を挟めるような立場じゃないし、私情を挟んでよしとする性格でもない。だからこそ、ただ一度全てを投げて私情で動いたときのセイオの台詞は、切ない。

シンルージ都令の一皮どころではない剥け方と、エピローグでの親ばかっぷり。ネリの、自分の置かれる立場のわかってなさぶり。ってか、ネリにベタボレなのかよ>サイ王子

★★★★★

(book.g.hatenaに掲載したものの再掲です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイムリーすぎる『復活の地 III』刊行

復活の地 III』は、あまりにもタイムリーにすぎる出版でした。震災と復興を扱ったSF小説の最終巻が、新潟県中越地方を襲った地震の前日に発売になったのですから。

1巻2巻と、震災にあった人々の悲惨さ、復興の難しさをこれでもかと描いていて、今被災地域で人々が感じているであろう不安と恐怖が容易に感じられます。昨日発売の3巻はいわばリベンジといったもので、予告された災害とはいえ、人々が軍・警察・消防・一般市民・植民地人・外国人の枠を超えて助け合うさまは感動的です。

しかし、たとえ何百万人もの命を救っても、身近なたった一人を失った心の痛みはなかなか癒えません。これからも主人公はその痛みを抱えて災害に立ち向かっていくことでしょう。

続きを読む "タイムリーすぎる『復活の地 III』刊行"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ムネヲがGoogle Bombの犠牲に

IRCで教えてもらったのですが、「あほの坂田」でGoogle検索すると、どこにもそんな文字はないのに鈴木宗男公式ページがトップに躍り出ます。Google Bombの犠牲になったみたい。

Google Bombというのは、関係ない言葉(たいていネガティブ)を使って特定のサイトに大量にリンクすると、リンクに使ったときの言葉をGoogle検索することで対象のサイトがトップに出る、という攻撃方法。

けせらせら~によると、実は今年はじめの段階で同様の状態になっていたそうです。昨日ぐらいから突然有名になったのは、どうやら2ちゃんねるでスレッドが立ったからみたい(情報源:ゼニゴケダイアリ)。けせらせら~の中の人も突然の事態に「あほの坂田何かやった!?」驚いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トカゲと台風とゴジラ

台風23号(TOKAGE)は、111人の死者・行方不明者を出した1979年の台風20号以降最悪の人的被害を出しています。(asahi.com

私自身や実家は特に被害はなかったのですが、兵庫県城崎町の親戚の家が床上浸水してしまいました。避難していたのでなかなか電話での連絡が取れず、心配してしまいました。固定電話はこういうときに不便です。

トカゲと災害といえばゴジラ。どこで聞いたか忘れてしまいましたが、「ゴジラ」は台風災害をモチーフにしているのだそうです。南海上から現れて、太平洋岸をなめるように街を壊していく。最初に言い出したのは誰なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“輝く!日本ブログ大賞2004”募集中

インプレスの別冊インターネットマガジン「みんなのブログ」vol.2が11月30日に発売決定しました。新企画としておもしろブログ大募集! “輝く!日本ブログ大賞2004”はキミだ!(仮)という読者投稿コーナーがスタートします。自薦他薦なんでもあり。

タレコミ場所は発見! おすすめブログ タレコミコーナーです。

山田BBSウェブログランプリ2004は現在ノミネート募集中です。眞鍋かをり強し。

そういえば、blog of the Yeah!は、今年はどうするのかな?

(情報源:[N]ネタフル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の目と思われる写真

気象衛星からの写真ではよく見る「台風の目」。地上からはどんな風に見えるのか知らなかったのですが、台風23号(TOKAGE)の「台風の目」と思われる写真がYahoo!ニュースに載ってました。

本当に青空が見えるんですね。

Yahoo!ニュースなので数日後には消えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Yahoo!JAPANがRSS配信開始

Yahoo! JAPANがRSSの配信を開始したとITmediaが報じました。

ニュースやオークション、掲示板などではなく、Yahoo!の原点というべきディレクトリサービスの新着情報。新着サイトからサーファーが選ぶオススメサイト集と、ニュースや噂やこれから話題になる情報関連のサイトを紹介する話題先読み情報の2種類です。

客を集めやすい付加サービスではなく本業からはじめるところは好感が持てます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ソーシャルネットワーキングサイトが3つ公開

10月19日は、新たなソーシャルネットワーキングサイトが3つも公開されたという記念すべき日になったのでしょうか。

19日にβ公開になったCommit 4 Uは非招待制です。つまり、「招待状クレクレ」といわなくても入れます。ただ、未承諾メールを送りつけてくれたので私個人には印象が悪いです。津田ふみかの日記で指摘されていますが、2004年の今になって2000年問題に対処してないというのは他の部分も大丈夫なのか不安になります。(BroadBand Watch記事

わんにゃふれんずも非招待制。もともとあったペット情報サイト「わんにゃふる」の会員サービスを拡充してソーシャルネットワーク機能を持たせたもの、といえると思います。(BroadBand Watch記事

音楽ソーシャルネットワークrecommuniは以前からβテストしていたのですが、19日に正式オープンしました。こちらは招待制。課金と認証が一般的なものより厳重だからか、まだシステムが不安定といううわさがちらほらと流れています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トラックバック・ピープル「ゴッゴル」登場

Modern Syntax経由で、トラックバック・ピープル「ゴッゴル」ができあがっていました。けっこう集まってます。

私もかなり釣られてまして、このウェブログでのゴッゴル関係は3つ、「ゴッゴル」ネタの架空書評まで書いてしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (10)

アメーバブログの賞金獲得者にサイバーエージェント関係者疑惑

サイバーエージェントの無料レンタルウェブログアメーバブログは、ランキング上位者に賞金や賞品がもらえるという魅力がありますが、その分いろいろな疑惑が持ち上がっています。先月末にはある分野で1位を獲得したウェブログが「ランキングの不正操作」でトップからはずされました。お金が絡むだけに、いろいろとシビアです。

そして、ランキング上位にいるウェブログに、サイバーエージェント関係者のものが入っているという疑惑が持ち上がっています。

疑惑がかけられているウェブログは、全て公式公開日の9月16日よりも前からはじまっています。アメーバブログでは日付を変更することはできませんので、サイバーエージェントの社員か関係者なのでしょう。

スタッフがウェブログを作ってはいけない、ということではありません。実際賞金競争をはずされていますが、いくつかスタッフウェブログがあります。今回疑惑がかかっているところは、先月賞金をもらったところもあり、ウェブログ上ではサイバーエージェントは無関係のように装っていることが問題になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最古のゴッゴル

第 1 回 SEO コンテストが始まるまではGoogleで「ゴッゴル」を検索しても0件だったそうで、実際Googleで「ゴッゴル」の検索結果は全てSEOイベント関係です。

しかし、Yahoo!ページ検索(YST)で検索すると、なんと2003年4月に既に「ゴッゴル」が使われているページが発見できてしまいます。

Googleの限界を見てしまったような気がしてきた。

追記:tsupoさんに指摘を受けました。半角カナなら2003年1月が最古です。

| | コメント (2) | トラックバック (40)

「ゴッゴル」で検索したらどんな順番になるのかコンテスト開催中

検索エンジンで検索したときになるべく上位にくるようにすることをSEO(Search Engine Optimization)というのですが、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを開発しているところは、どういう順番で検索結果を表示するかはきちんとは公表しておらず、ある程度公表していたりなんとなくわかるようなことで試行錯誤しているのが現状です。

で、意味のない言葉を使って、いかに検索上位にこさせるか、というコンテストがアメリカなどでは行われているのですが、日本でも第 1 回 SEO コンテストが始まりました。第1回のお題は「ゴッゴル」。あえてアルファベットで書くと「goggole」になるのかな? ありえない言葉を使うことで、他のサイトへの影響を極力減らそうとしています。

参加方法は、「ゴッゴル」に関するページをつくり、さまざまな方法で検索上位に来るように仕掛けます。禁止行為がいくつかありますので、コンテストルールを参照のこと。

今のところ、Googleでの検索結果でのみで順位を決定します。スポンサーが多くついて商品が集まったら、Yahoo! Search Technologyでの1位も表彰されるかも。

はてなダイアリーではさっそく「ゴッゴル」キーワードで何位につけるかのチャレンジをはじめています(はてなダイアリー日記)。はてなダイアリーのキーワードは、わりと検索上位にきやすいので、実際効果はどんなもんかみたいのでしょうね。

昨日からなのに、もう「ゴッゴル」での検索結果が14件もあります。

| | コメント (2) | トラックバック (23)

FC2がレンタルウェブログβテスト開始

レンタルサーバ、無料アクセス解析などを行っているFC2無料レンタルウェブログサービスのβテストを開始しました。(情報源:blogmap

自社開発なのかな? RSSは1.0、トラックバックあり、更新ping送信機能あり(初期状態ではココログ、goo、bulkfeeds、MyBlogJapanに送信)です。デザインはテンプレート選択方式。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハリー・ポッターは飽きられた?

「『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』売れ残り」という記事をよく見かけます。今日も魔法のほうき折れた!?ハリポタ神話崩壊という記事が出ていました。

ハリー・ポッターシリーズの第5巻にあたる『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』は、初版290万部のうち、7割強売れたと言われています。一般の書籍の場合、7割売れると収支が合うと言われていますが、通常の書籍のように委託販売ではなく買取契約(ただし5%までは返品できる)。あまっている書店から足りない書店に流れる、ということは期待できません。

それにしても3割弱の売れ残りがあるとすると、約80万部の店頭在庫があるわけで、在庫を抱えているところは支払いどころか倉庫代も大変との噂。その分他の書籍がどんどん返されているという話も聞きます。

4巻『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は350万部発行。こちらも不良在庫が1割強という噂です。しかし、仮に4巻の実売が300万部だとしても、かなり販売部数を減らしたことにはかわりありません。

続きを読む "ハリー・ポッターは飽きられた?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Google Desktop Searchをインストールしました

Google Desktop Searchをインストールしてみました。インストールそのものはあっさりと終了。インデックスも言われたほどは時間がかかりませんでした。私の場合だいたい1時間ぐらいかな(使用容量約11GB)。インデックスが終了すれば日本語通ります。ある程度インデックスできれば、日本語が通るようになります。

で、少し使ってみたのですが、ほんとに拡張子.txtと.doc、.xlsなどのMSがらみのデータファイルぐらいしか検索範囲に入ってないのね。私はテキストファイルを.txt以外で保存する癖があるので、そういったものが検索できないというのは非常につらい。

また、Web履歴ではない.htmlも検索できてなくてかなり不満。レジストリいじくったりバイナリエディタで編集すればインデックス範囲に入りそうだけど、さすがにそこまでする勇気はない。インデックスが終わりきっていなかったからでした。

パンパでガウチョに書いてあった、Google DeskbarでGoogle Desktop Searchを使う技は、ファイルを探すためにいちいちブラウザを立ち上げないですむので便利そうです。「どうせブラウザ立ち上げるんだからGoogle Deskbarいらない」とアンインストールしてしまっていたのですが、これのためにインストールしなおすかな、と思うぐらい。

Going My Wayで、Google Desktop Searchへの要望(English)フォームがあることを知りました。……やっぱり英語で書くんだろうなあ。「.txt以外のテキストファイル」や「Web履歴ではない.html」ってどう書けばいいんでしょう。素直に「拡張子自由設定」と書いてしまうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Google Desktop Search β版公開

とうとうGoogle Desktop Searchのβ版が公開されました(CNET Japanなど)。パソコンのハードディスクに入っているファイルをGoogle検索技術で探し出すものです。400KBほどのインストールファイルをダウンロードしたのですが、キャッシュ用に1GBの空き容量がいるとか、インデックスファイルを作るのに5~6時間かかると聞いてインストールしようかどうか悩んでいます。

探してくれるのはテキストファイルだけではなく、AIMのログやOutlookのメール、WordやExcelやPowerPointで作ったファイル、Internet Explorerのキャッシュからも。でも、私はAIMもOutlookも使ってないし、IEは自サイトの表示確認と、「IE以外は来るな」というわがままなサイトのためにしかつかっていません。価値半減。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プーリップという着せ替え人形

娘の誕生日プレゼントにとAmazonのおもちゃ&ホビーコーナーをうろついていたところ、プーリップという着せ替え人形シリーズを発見。Googleで検索してみると、プーリップ同盟ができる程度には人気のよう。

頭が大きく、目がパッチリ。普段着っぽいものより、ゴスロリ系やパンク系の服が似合いそうです。韓国生まれでイタリア在住、という設定らしい。

プーリップ Bouquet (ブーケ)

とはいえ、娘(2歳)向きではないなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

音楽ダウンロード販売サービスの本命、続々発表に

米マイクロソフトは、音楽ダウンロード販売サービスMSN Musicの正式開始を発表しました。先月にプレビュー版サイトが公開されていました。ITMediaは日本版MSNミュージックも10月20日公開と報じています。

MSNミュージックは.Net Passportとクレジットカードが必須。配信方式はWMAで、ライセンス管理に対応しているポータブルミュージックプレイヤーに3回まで転送可能です。

iTunes Music Store Japanをやりたいとアップルは考えているようですが、時期がいつになるかはっきりしません。レコード会社ともめている最中なのかも。そうこうしているうちに日本市場はマイクロソフトに先を越されていく感じ。

しかし本命はMSNミュージックでもiTunes Music Store Japanでもなく、EZ着うたフル。ケータイWatchなどで11月下旬のサービス開始が発表されています。携帯電話コンテンツを使い始めて気がついたのですが、携帯電話と音楽の親和性はかなり高いです。また、支払いの心理的障壁が非常に低いので、ついどんどん使って請求書を見て愕然、ということになってしまいます。

EZ着うたフルはCDMA 1X WINのみ対応です。で、KDDIさん。私にFelica対応を待たずにW22SAを買えとおっしゃりたいので?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『電車男』のAmazonでの順位、急上昇中

『電車男』書籍化の話が読売新聞記事になったのが原因か、Amazon.co.jpでの順位が急上昇中です。20時現在で第2位。16時現在では48位でした。

表紙は、「ネットで生まれた」だの「2ちゃんねる文学」といった売り文句とは正反対の、どこか野暮ったさすら感じられる純愛系ほんわか絵。

印税は全て2ちゃんねる管理人のひろゆきのところに行くのだそうです。実は2ちゃんねるに書き込む際に、著作権を放棄する旨の確認が出てきます。OKしないと書き込まれないシステム。

各ネット書店で予約可能です。それぞれ「この本を買った人はこんな本も買っています」という機能があるのですが、どこも被っていないので妙に面白みを感じてしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

Amazon.co.jpにおもちゃ&ホビーコーナー

Amazon.co.jpにおもちゃ&ホビーコーナーができました。まだトップページからはリンクされていません。

Amazon.comのToy StoreはToysrusとの提携ショップですが、アマゾンジャパンのはそうではなさそう。

今までは販売していなかったホビーベース発売の玩具扱いTRPGも一部取り扱うようになりました。ただしマーケットプレイス扱いになります。

おもちゃ&ホビーコーナーで3000円以上購入すると、300円分のアマゾンギフト券がその場で使えるキャンペーンを行っています。ただし、6000円以上購入しても使えるのは300円分なので注意。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

X PRIZEを冠する新たな賞金獲得レースのテーマは“人類”

成功裏に終わったANSARI X PRIZE。主催のX Prize FoundationはWorld Technology Networkと共同で新たな賞金獲得レースWTN X PRIZEを実施することを発表したと、MYCOM PC WEBが報じました。

ANSARI X PRIZEのような宇宙開発分野ではなく、“人類”がテーマ。どの分野で、どんな条件で賞金を支払うかはまだ決まっていません。現在WTN X PRIZE公式サイトで募集中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Plinkの終了と新たなFOAFサービス

FOAF検索サービスPlinkがサービス終了してしまいました。ユーザーが増加してサービスの安定運用ができなくなったとか、マシンクラッシュで復帰のめどがなくなったとか、運営者が忙しくなってサービスに手をかけられなくなったといった理由ではありません。なんと「なぜ自分がここに載っているんだ」というクレームが多く、対処しきれなくなったから。(情報源:ちょっとしたメモ - Plinkから学ぶこと

FOAFを公開している人は、公開してどんな使われ方をしてもかまわないのだろうに、と思っていたら、blog.bulknews.netでユーザーが意識しないところで公開されているFOAFの存在が指摘されていました。TypePad(ココログなどを含む)やlivedoor Blog、News-Handlerがそうですね。ココログの人リストとFOAFの関係を知っている人は少なそうです。

もうPlinkにはつながらないですが、新たなFOAFディレクトリサービスが公開されています。そのサービスFoaFSpaceは日本語が表示できないなどまだまだ発展途上のサービスです。(情報源:ちょっとしたメモ - FoaFSpace

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Drk7.jpのサービスが一時停止

Drk7.jpのアナウンスによると、Amazon SearchやGoogle Similarを提供しているDrk7.jpがハードディスククラッシュによってサービス停止に追い込まれてしまいました。Amazon Searchにはいろいろとお世話になっているだけに、残念で仕方ありません。

Google Similarは近日中、Amazon Searchは2~3週間に復旧予定だそうです。この様子だとソースコードごと消失してしまったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スカル・アンド・ボーンズと山百合会

極東ブログにスカル・アンド・ボーンズ(Skull And Bones)とフラタニティー(fraternity)という記事があります。スカル・アンド・ボーンズというのはアメリカの名門エール大学にある結社で、2004年の大統領選挙を戦うブッシュ大統領とケリー上院議員の二人ともこの結社出身ということで妙に有名になっています。

スカル・アンド・ボーンズで検索すると、秘密結社だの白人至上主義だのユダヤの陰謀だのと出てきます。そこまで言っちゃうと陰謀の闇にとらわれてしまうけど、メンバーが会の中でやっていることを秘密にしていることは事実。日本語Wikipediaの記述はたいへん簡略化していますが、英語Wikipediaにはなかなか詳しく書いてあります。有名大学にはしばしばこういった結社があり、それぞれ会員の相互扶助のために活動しているようです。スカル・アンド・ボーンズは1971年までは会員名簿を公開してたんですね。

続きを読む "スカル・アンド・ボーンズと山百合会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな民間宇宙船賞金レース

ANSARI X PRIZEはSpaceShipOneが獲得しましたが、DPR-Japan Postによると新たな民間宇宙船賞金レースが企画中です。Space.comにも同様の記事が載っています。

企画者はBigelow Aerospaceのオーナー、ロバート・ビゲロー。民間宇宙旅行用軌道施設を計画中で、衛星軌道上まで民間宇宙船が飛ばないと困るということもあるのでしょう。賞金はでっかく5000万ドル。ANSARI X PRIZEが1000万ドルですから、5倍になります。

まだ詳細は決まっていないのですが、スタイルはANSARI X PRIZEみたいなもののよう。Bigelow Aerospaceの計画中の軌道施設Nautilus発着が可能な高度まで行くことが条件になるかも。だとするとハードルはものすごく高くなりそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

ネットランナーがオリジナルアニメーションDVD制作開始

SOFTBANK GAMESによると、あのネットランナーがオリジナルアニメーションDVDの制作を開始しました。

タイトルは「ねとらん者 THE MOVIE #1 ネットのすみでブログと叫ぶ」。11月24日発売予定です。

なんといっても元からアニメっぽい「ちゆ12歳」はともかく、「ひろゆき」や「侍魂の健さん」がアニメキャラになるのだ。いまどき「任意たん」というのは遅れてると思うんだが。

他にもいろいろネッキャラが出てるらしいですが、著作権とか商標権、大丈夫でしょうか。

追記(2004/10/09):やっぱりトラブル起こしてた。「任意たん」製作者に無断で今回の企画を立ち上げていた(「任意たん」開発者からのメッセージ)。別件であっても一度許可を得たら永久に許可を得たものと認識していて、弁護士を雇うなどで何かのリアクションを起こすことができる相手以外には強気に対処するということなのだろう。5,250円のオリジナルアニメーションDVDが「常識の範囲内」の二次創作、という常識は、私には到底理解できません。「任意たん」以外のキャラクターは事前許可を伺っているらしい。(情報源:シェルター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もしかしてGoogle。漢字スペルチェック機能実験中?

Ideal Breakによると、Google検索の際に漢字のスペルチェックとでもいうのか、誤記していないかどうか表示する機能が搭載したみたい。

以前からカタカナの表記ゆれを検知して両方検索結果に含めていました。漢字の場合は類語チェックしているのでしょうか。

どんな風に表示されるのかはIdeal Breakを参照ください。でもねGoogleさん、「女子大生」と「女子高生」はまったく別だと思うの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「セブンアップを飲んで宇宙へ行こう」?

ANSARI X PRIZEのスポンサーのひとつにCadbury Schweppes Americas Beveragesという会社があります。セブンアップという清涼飲料水を造っている会社だそうですけど、セブンアップ自体名前は時々聞くが飲んだことがありません。日本ではサントリーが販売権を持ってます。

MYCOM PC NEWSによると、SpaceShipOneの成功を記念して、セブンアップから1名に無料で宇宙旅行の権利をプレゼントするキャンペーンを行うことになりました。今のところ詳細は不明。来年中には明らかになる予定です。

で、宇宙旅行プレゼントというと、ペプシ・ジャパンとサントリーの「2001年宇宙の旅」。サントリーはどうするんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブドアの株価伝説

ベストジーニスト2004で長谷川理恵さんの隣でご満悦かと思ったライブドアの堀江社長。まさかそこのことが株価を下げる原因になるだなんて。

前日4日に「ベストジーニスト2004」の受賞者発表が行われ、歌手の浜崎あゆみなどと共にライブドア社長の堀江貴文氏選ばれた。上場企業の経営者がベストジーニストに選ばれたのは初めてのことともなるが、個人投資家の間では堀江社長がTVに出ると株価は下落するというジンクスが広まっており、今回に関してもそのジンクス通りの展開となっている。

ライブドアが400円の大台割れ、社長の芸能活動全般に懸念感なども

株というのは「美人投票で誰が優勝するかを当てるには、自分が美人だと思う人を選ぶのではなく、みんなが美人だと思う人を選ぶ必要がある」ようなものだそうです。人呼んで「美人投票の理論」。提唱者は有名な経済学者ケインズ。

どんなにばかげたジンクスでも、それが信じられていれば株価を動かすものなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X PRIZE獲得のための2度目の飛行が間近に

トラブルに見舞われながらも一応の成功をおさめたSpaceShipOneのANSARI X PRIZE獲得のための二度目の飛行が間近になっています。DPR-Japan Postによると、パイロットは一回目やその前のテスト飛行の時のMike Melvillさんではなく、Brian Binnieさん。

ライブドアのレポートBlogでは、今回の飛行は人間2人分のバラストではなく、ちゃんと乗客が乗るとの噂。

da Vince Projectの方は、10月2日が延期になってしまいました。予定通りの日程で成功していたら、X PRIZE獲得競争が面白くなっていたのに、と残念です。

追記(2004/10/05):結局、乗客なしでバラスト2人分でした。無事成功してよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

テレビはリアルか

週刊!木村剛: ネット有名人vsリアル有名人:テレビは見ないがネットは使うという表題を見て違和感を覚えました。何がおかしいと感じたのかな、と考えてみたら、リアル=テレビと読み取れる書き方だったということに気がつきました。

木村剛氏は「ネット」と「テレビを含むリアル」を対照的なものとして書いているけれど、私にとっては「ネット」も「テレビ」もリアリティは同じようなものだと感じています。テレビがリアルであるなら、ネットも同様にリアルであるし、ネットが虚構であるのなら、テレビも同様に虚構。

テレビは見ないがネットは使う人々、というのはこれからどんどん増えていくのでしょう。ネットは新聞を殺すのかblogで指摘されている、若者のマスコミ不信も強くなっているでしょう。つまり、マスコミ不信の彼らにとって、マスコミ=虚構、ネット=リアルになっているのです。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

ココログブックスコンテスト、9月末で約250名応募

ココログブックスのコンテスト応募者が、9月末現在で約250名と発表されました。締め切りは10月31日なので、まだまだ間に合います。私のウェブログは書籍向きじゃないので応募はしません。誰かのを他薦するかなあ。

コンテスト参加者の更新情報が表示できるJavaScriptが公開されています。その名もコンテストPeople……名前なんとかならなかったのかなあ。これを見ていると、私が知っているいくつかのウェブログが応募しているのがわかります。

続きを読む "ココログブックスコンテスト、9月末で約250名応募"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dream Chaserは高度160kmを目指す

SpaceDev社がNASAの研究所と共同で、高度160kmを目指す低コスト有人飛行機Dream Chaserを開発すると発表しました。(情報源:MYCOM PC WEB

この会社、ANSARI X Prizeの獲得に王手をかけたSpaceShipOneにエンジンを提供しているところです。

Dream Chaser、最終的には国際宇宙ステーション(IIS)との間を定期的に運用することを目指しています。垂直打ち上げ、水平飛行で着陸、というから、スペースシャトルみたいなものかな。イメージ画像見ている限りはブースターを使わないようですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Googleニュースの拒絶が進行か

ネットは新聞を殺すのかblogを読んで初めて気がつきましたが、日本の大手新聞社、通信社がGoogleニュースをどんどん拒否しています。トップニュースに表示される大手と呼べるところは、朝日新聞か日本経済新聞、たまにロイターがあるぐらい。

開始半月ぐらいはそれでも「なかなか便利だな」と思わせてくれたGoogleニュース、最近はニュースサイトの横断検索にしか使っていません。同じようなニュースが多いとトップに出る、というアルゴリズムで記事の選択をしているのですが、一般ニュースを扱うサイトが減ると、新しい記事がなかなかトップに出なくなってしまうみたい。

アメリカのほうでも、なかなか正式サービスにすすめないですし、前途多難といったところでしょうか。あと2ヶ月は様子を見ないといけないようですけど、ニュースサイト関連のネット視聴率の推移の調査結果が待たれます。

追記(2004/10/04):Ceekz LogsでGoogle Newsの巡回先の調査結果が出ていました。今でも約600サイトは巡回していますけど、「なんでこんなところ?」というのが多いです。これじゃあ精度が悪くなるのはあたりまえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハロウィーンのマスクと選挙の関係

ジョージのブログ (by Fugafuga Lab.)に紹介されていた選挙結果予想、ちょっと面白かったので紹介。

大統領選挙の年に候補者のハロウィーンの仮装用マスクの売り上げ比較をすると、大統領に当選するほうが多い、という結果が出たそうです。元記事に当たれない(アメリカマスコミのウェブサイトはユーザー登録を求めるところ多すぎ)のですが、buycostumes.comのPresidentialMaskに書いてあるようなことが報じられていたのでしょう。

ハロウィーンマスクの売り上げは、現在のところブッシュ有利。ディベートではケリーに軍配が上がったようですが、選挙に投票する人はディベートがどうこうという人たちばかりではありませんからね。

追記(2004/10/04):別の店ではニクソン勝利のようだ(情報源:ジョージのブログ (by Fugafuga Lab.)についたコメント)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『元祖しゃちょう日記』書籍化・Amazonで予約開始

講談社のメールマガジン「講談社『BOOK倶楽部メール』」が到着したので、『ネコソギラジカル』情報がないかな、と精読していた(なかった)ら、『元祖しゃちょう日記』なる書籍の発売予定がありました。そう、あの2ちゃんねる管理人として有名なひろゆき氏のウェブログ元祖しゃちょう日記の書籍化です。9月上旬に書いてたのって、これのことか。

あとがきはほりえもんライブドアの堀江社長。それ、あとがきといわず解説といわんか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ライブドア球団名募集で祭り

ライブドアが球団名の公募をしていますが、「祭り」が起きて変な球団名が大量登録されています。1IDで複数投票できるだけでなく、やり方によっては多重投票も可能だとか。(情報源:切込隊長BLOG(ブログ) ~俺様キングダム

ほりえ砲β(全手動)なるID取得から投票までを簡単に行うページまで出現しています。(情報源:日常/非日常Blog

10月1日午前10時現在の上位3つは以下のとおり。

  1. 仙台ジェンキンス
  2. 仙台ギャラクシーエンジェルズ
  3.     ∩___∩

ジェンキンスは、まあ流行ってるんだろうな、とは思ったけど、ギャラクシーエンジェルズですか、そうですか。まだ人気が衰えてないんですか。

3位の「    ∩___∩」は、AAクマーの頭で、100位まで表示すれば全貌が見えました。100位まで表示するにはlivedoor IDが必要ですけど。投票できなくてもいいから現在順位ぐらいはIDなしでも見せて欲しい。

100位以内には「浦和レッズ」「阪神タイガース」のような実在チーム名や、「楽天」「仙台・オブ・ジョイトイ」のような話題性に富んだもの、「確かに女は金で買えるけどもう少し空気読め」「したらばメンテナンス」のような何らかの念が入っているものまで。

外野からだと笑えるなあ。

追記:終了しました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »