« イーバンクにも義援金窓口 | トップページ | 毎日新聞の読書世論調査 »

Googleニュースで報道サイトの利用数はどう変わったか

ネットは新聞を殺すのかblog経由で、ネットレイティングスから9月のインターネット利用動向調査結果が発表になりました。今月はGoogleニュース日本版開始で報道サイトの利用数がどのように変わったか、を中心にまとめています。詳しくはPDFで提供されていますのでそちらを参照のこと。

INTERNET Watchでも分析していますが、河北新報の利用率が大幅に上がったのが顕著ですね。河北新報は古い記事を読もうとするとID求められるのがなくなればもっといいんだけど。

個人的には、9月のスタート時にはあったMSN-Mainichi INTERACTIVEが月末になくなって、いつのまにかまたGoogleニュースに拾われるようになった、そのときの動きがどうなっていたのかが見てみたいです。

|

« イーバンクにも義援金窓口 | トップページ | 毎日新聞の読書世論調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/1780802

この記事へのトラックバック一覧です: Googleニュースで報道サイトの利用数はどう変わったか:

« イーバンクにも義援金窓口 | トップページ | 毎日新聞の読書世論調査 »