« ハロウィーンのマスクと選挙の関係 | トップページ | Dream Chaserは高度160kmを目指す »

Googleニュースの拒絶が進行か

ネットは新聞を殺すのかblogを読んで初めて気がつきましたが、日本の大手新聞社、通信社がGoogleニュースをどんどん拒否しています。トップニュースに表示される大手と呼べるところは、朝日新聞か日本経済新聞、たまにロイターがあるぐらい。

開始半月ぐらいはそれでも「なかなか便利だな」と思わせてくれたGoogleニュース、最近はニュースサイトの横断検索にしか使っていません。同じようなニュースが多いとトップに出る、というアルゴリズムで記事の選択をしているのですが、一般ニュースを扱うサイトが減ると、新しい記事がなかなかトップに出なくなってしまうみたい。

アメリカのほうでも、なかなか正式サービスにすすめないですし、前途多難といったところでしょうか。あと2ヶ月は様子を見ないといけないようですけど、ニュースサイト関連のネット視聴率の推移の調査結果が待たれます。

追記(2004/10/04):Ceekz LogsでGoogle Newsの巡回先の調査結果が出ていました。今でも約600サイトは巡回していますけど、「なんでこんなところ?」というのが多いです。これじゃあ精度が悪くなるのはあたりまえ。

|

« ハロウィーンのマスクと選挙の関係 | トップページ | Dream Chaserは高度160kmを目指す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/1583920

この記事へのトラックバック一覧です: Googleニュースの拒絶が進行か:

« ハロウィーンのマスクと選挙の関係 | トップページ | Dream Chaserは高度160kmを目指す »