« Amazonで雑誌の取り扱いを開始 | トップページ | Ameba Blog、いきなり正式運用開始 »

元著作権課課長が著作権法違反で被害届提出

著作権の考え方』などの著作もある、文部科学省著作権課元課長(現在は企画・体育課長)の岡本薫氏が、教育関係の業界新聞を発行している教育家庭新聞社に原稿を無断で書き換えられたとして、著作権法違反容疑の被害届を警視庁に出しました。(毎日新聞の記事

出版社が勝手に変更するという話は時々聞くことで、たいていは「よくあること」ですまされるみたい。でも、法律をきちんと解釈すれば、著者に無断で変更するのは「同一性保持権」の侵害になります。岡本氏が著作権畑を歩んできた人だったから被害届提出ということになったんでしょう。

Copy & Copyright Diary@JUGEMで、紙面では削られているがWeb版には載っている部分が指摘されています。「著作権を侵害されたら国に頼らず、」と著作権課元課長が言うことはかなり重要そう。

|

« Amazonで雑誌の取り扱いを開始 | トップページ | Ameba Blog、いきなり正式運用開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元著作権課課長が著作権法違反で被害届提出:

« Amazonで雑誌の取り扱いを開始 | トップページ | Ameba Blog、いきなり正式運用開始 »