« トラックバックで更新通知というアイデア | トップページ | ソースロンダリング(情報源洗浄)という新語 »

Markdownという簡易構造化記法

hail2u.netで紹介されていた簡易記法Markdownが便利そうです。

HTMLに変換することを前提とした簡易記法には、SOXsetextreStructuredText、各種Wiki記法があります。Markdownもそのひとつ。ざっと見た感じ、SOXは言うに及ばずsetextやreStructuredTextよりもテキストとしての可読性が高いです。

この手の簡易記法は「やっとHTML覚えたばかりなのにまた新たなルールを覚えるのは面倒」という問題があるのですが、サクサク書いていくにはストレスを感じなさそうです。

Markdown: DingusでMarkdownがどのように変換するかを試すこともできます。

MarkdownはblosxomやMovable Typeのプラグインとして動作させることができます。メールマガジンとウェブログを平行作成している場合、Markdown記法で書いたままのテキストをメールマガジンで送り、ウェブログにもそのまま登録してHTMLに変更させる、という使い方ができます。ただしPerl 5.6以上じゃないと動かないのが難点。Perl 5.0系のレンタルサーバはまだまだ多い。

これ使ったWiki、というのは標準化論争を混乱させるだけかな?

|

« トラックバックで更新通知というアイデア | トップページ | ソースロンダリング(情報源洗浄)という新語 »

コメント

ざっと見てみましたけど、setext他のやつを「どちらもサポートできるものはサポートする」という方針でまとめてるんでないのかな、これ。
.textをみたかぎりでは、拡張setextにatxのレベル3以上の章題表記を追加し、インラインHTMLを追加したように見えますね。脚注回りも進歩してるかな。

投稿: sfこと古谷俊一 | 2004.08.29 15:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/1304805

この記事へのトラックバック一覧です: Markdownという簡易構造化記法:

« トラックバックで更新通知というアイデア | トップページ | ソースロンダリング(情報源洗浄)という新語 »