« Vector新着ソフトレビューのRSS配信開始 | トップページ | 子どもたちの死の認識の遅れとゲームの頻度には直接の関係がみられない »

「新書マップ」を使ってみました

数日前から話題になっていた新書マップ~テーマで探す新書ガイド~を使ってみました。

この手の動的コンテンツにありがちですがFlash必須です。ウィンドウサイズを1024×768にしないと使いづらいです。

気になるキーワードを入力して関連テーマを導き出し、そこからいろいろなテーマ書棚を渡り歩くのは楽しいです。このテーマでこんな本があったのか、という発見がうれしい。検索精度も実用レベルに達してます。

Webcat Plusと連携して大学図書館の所蔵状況がわかるようになっていますが、できればオンライン書店との連携があればよかったです。

|

« Vector新着ソフトレビューのRSS配信開始 | トップページ | 子どもたちの死の認識の遅れとゲームの頻度には直接の関係がみられない »

コメント

はじめして、akirといいます。

「新書マップ」繋がりできました。
Stellaさんのコメントとても興味深い
です。やはり、同じモノを違う人の視点
から見ると楽しいですね。

投稿: akir | 2004.07.04 19:55

Flashの名誉のために、ひとこと。
マウス右ボタンで現れるメニューで「すべて表示」を
選ぶとウィンドウサイズにフィットします。

私は幅5cmくらいの窓でクルクルさせて遊んでいます。

投稿: flash mania | 2004.07.04 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/870872

この記事へのトラックバック一覧です: 「新書マップ」を使ってみました:

» + アナログを満たすデジタルツールとしての「新書マップ」 [Ordinary World]
[新書・選書をネットで検索 7千冊を千のテーマに分類 - asahi.com : 文化芸能]よりあるテーマに関連した新書・選書をすぐに探せるネット上の検索システ... [続きを読む]

受信: 2004.07.04 19:49

« Vector新着ソフトレビューのRSS配信開始 | トップページ | 子どもたちの死の認識の遅れとゲームの頻度には直接の関係がみられない »