« NAVERが日本でのウェブログサービス開始に動き始めた?(こうさぎ) | トップページ | ソーシャルネットワーク「キヌガサ」始動 »

Nimdaの再来? ウェブサイトにアクセスしただけでウイルスに感染の可能性

不正アクセスされた企業のウェブサイトが書き換えられて、ウイルス感染源にされてしまう、という事件がおきているようです。Internet Explorerの修正されていないセキュリティーホールを利用しているそうです。

W32/Nimdaの再来でしょうか。Nimdaは企業のウェブサイトを書き換えるのも自動化していましたからあそこまで深刻ではないと思いますが、場合によっては大変なことになりそうです。

詳しいことは何もわかっていないので、続報待ちます。

via ウェブサイトにアクセスしただけで感染--IEユーザーに警告 - CNET Japan

追記:CNET Japanの記事が更新されました。ウイルスというよりスパイウェアあるいは「トロイの木馬」です。キーストロークを盗んだり、コンピュータを乗っ取る裏口を仕掛けます。

マイクロソフト、パッチ未適用のサーバーが感染する危険なコードを警告とは関係あるのかな?

|

« NAVERが日本でのウェブログサービス開始に動き始めた?(こうさぎ) | トップページ | ソーシャルネットワーク「キヌガサ」始動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/837684

この記事へのトラックバック一覧です: Nimdaの再来? ウェブサイトにアクセスしただけでウイルスに感染の可能性:

« NAVERが日本でのウェブログサービス開始に動き始めた?(こうさぎ) | トップページ | ソーシャルネットワーク「キヌガサ」始動 »