« mypopってなんだろ | トップページ | GMO自ら個人ユーザー向けウェブログサービス開始 »

奈須きのこ『空の境界』

空の境界 上
奈須 きのこ



講談社
2004-06-08
売り上げランキング 1,616
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

空の境界 下
奈須 きのこ



講談社
2004-06-08
売り上げランキング 606
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

評するのが難しい。

古の血脈の末裔として生まれ二つの人格を持った両儀式。二年間の昏睡から目覚めたとき、もうひとつの人格はなく、残った人格の記憶との同一性も失われた。そして得たものは“直死の魔眼”。「交通事故」の真実と、式を狙う魔術師や殺人鬼。

魔術師や古の血脈が超常バトルをする一方、あまりにも普通の青年黒桐幹也の存在が逆に異常に感じられるという逆転現象。彼は「平凡であるがゆえに非凡」な存在だ。

第一の盛り上がり場面である荒耶との戦いと、第二の盛り上がり場面の殺人鬼との戦いの間に、インターミッションのような全寮制女子校潜入が勢いを失っているように思う。

★★★

(book.g.hatenaに掲載したものの再掲)

|

« mypopってなんだろ | トップページ | GMO自ら個人ユーザー向けウェブログサービス開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/1856010

この記事へのトラックバック一覧です: 奈須きのこ『空の境界』 :

« mypopってなんだろ | トップページ | GMO自ら個人ユーザー向けウェブログサービス開始 »