« 陰謀論を思いついた | トップページ | FeedDemonの内部ブラウザーをMozillaに »

出版社のルール違反を正すことのほうが先決

印税というのは本来「著作物を複写した代金」なので、複写した冊数だけ払うのが原則です。昨今の出版不況で売れた分だけ払う契約をすることが多くなってきたみたいです。

しかし、出した原稿が何年も編集部で眠っていたとか、実際は増刷しているのに作家に何の連絡もしていないとか、「印税払う契約なんてしていませんよ」などとしゃあしゃあと言ってのける出版社があるという噂はときどき聞こえてきます。倒産した出版社から何らかの形で原稿が売られてしまった事件もありますし、復刊しようと交渉していたら原稿が紛失してしまったことを伝えられる、などという話だってありました。

さくら出版原稿流出事件は、なんだかうやむやのうちに終わってしまいました。本来ならば著作権者と出版社の関係を透明なものにするほうが、古書店やレンタル書店・図書館問題などよりもずっと大切なことだと思います。

|

« 陰謀論を思いついた | トップページ | FeedDemonの内部ブラウザーをMozillaに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/574072

この記事へのトラックバック一覧です: 出版社のルール違反を正すことのほうが先決:

« 陰謀論を思いついた | トップページ | FeedDemonの内部ブラウザーをMozillaに »