« BlogPeople GB(ガチャガチャブログ)リリース | トップページ | 未来検索livedoor、オープン »

ブログは新聞を殺すのか?

湯川鶴章さんがネットは新聞を殺すのかblogをはじめています。同名の書籍のフォローアップ用ウェブログという位置づけ。

『ネットは新聞を殺すのか』は、表題は扇情的ですが内容は煽っているものではなく、今ネットと既存マスコミの間で起きていることをさまざまな観点から指摘しているものです。日本ではまだウェブログが一部ITメディアに登場する程度だった時期の書籍ですが、アメリカでの流行振りなどをきちんとおさえています。

ウェブログがメディアになれるか? というと、すでにメディアになっているとしか答えようがありません。ウェブログやウェブ日記を通じて既存マスコミが取り上げない情報を発信している書き手は何人もいます。IT系がほとんどですが、勝谷誠彦さんのようにバグダッドから更新した人もいます。

もちろんまだ読者数が既存マスコミを通じたものと桁が違うため影響力はほとんどありませんが、このままでは「既存マスコミは大本営発表の場」「事実を調べるのはウェブログ」という使い分けをする人が増えてくるだろうというのは空想の世界だけではなくなりそうです。

『ネットは新聞を殺すのか-変貌するマスメディア』のネット書店リンク(アフィリエイト)

|

« BlogPeople GB(ガチャガチャブログ)リリース | トップページ | 未来検索livedoor、オープン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/657235

この記事へのトラックバック一覧です: ブログは新聞を殺すのか?:

« BlogPeople GB(ガチャガチャブログ)リリース | トップページ | 未来検索livedoor、オープン »