« 家入社長がソーシャルネットワーキングサービス? | トップページ | ライトノベルは新たなる大衆文学となるか »

gameonline管理人が著作権法違反で逮捕

個人コンピュータゲームニュースサイト「gameonline」の管理人が著作権法違反容疑(公衆送信権侵害)で福岡県警と久留米署に逮捕されました。発売前を含むゲームスクリーンショットをメーカーに無許可で掲載したことのようです。

gemaonlineは4月下旬に閉鎖されました。家宅捜索を受けたのがこのころのようです。逮捕に至った理由はよくわかりませんが、広告収入が月額10万円以上あったこと、掲示板などで新しいサイトを作ると書いていたことで心象を悪くしたのかもしれません。

警察発表でははっきりしたことがわかりませんが、裁判で争うとしたら「スクリーンショットの掲載は引用の範囲になるかならないか」というあたりになると思います。スクリーンショットの元データがどこからきたものか、というのも重要そうです。もしもメーカー公式サイトで公開されていたものを使ったのであれば、そもそも公衆送信権侵害にはあたらないと思うのですが。

追記:Googleイメージ検索に残っていたゲーム画面を教えてもらいました。あかん。こりゃあかんわ。画面内にロゴ入れてる。

|

« 家入社長がソーシャルネットワーキングサービス? | トップページ | ライトノベルは新たなる大衆文学となるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/613430

この記事へのトラックバック一覧です: gameonline管理人が著作権法違反で逮捕:

« 家入社長がソーシャルネットワーキングサービス? | トップページ | ライトノベルは新たなる大衆文学となるか »