« 幹事長のブランチ公開 | トップページ | アクセス数を伸ばす邪法 »

root が“rm -rf /”をする実験

root が "/bin/rm -rf /" をしたらどうなるのか?

UNIXの“rm”は削除コマンドで、-rfオプションはディレクトリの削除無確認でかつ再帰的にディレクトリ内を削除する指定です。で、ルートディレクトリを削除するコマンドを実行したらどうなるか、という、ある意味無謀な実験結果発見。

良い子は真似をしてはいけません。ダメ。ゼッタイ。

via Dead Poet Weblog

|

« 幹事長のブランチ公開 | トップページ | アクセス数を伸ばす邪法 »

コメント

rmのオプションの説明に誤りがありますので、訂正しておきます。-r(あるいは-R)は再帰的にディレクトリ内を削除するオプションです。また-fはデータ削除の際に対話的な確認メッセージ(本当に削除してよいですか? というような)を行なわない為のオプションです。つまりrm -rf /はルートディレクトリ(/)以下を再帰的且つ無確認で全部削除するコマンドとなります。

投稿: 死せる詩人 | 2004.04.04 15:05

ありがとうございます。Google検索結果を鵜呑みにしてしまってました。

投稿: Stella | 2004.04.04 15:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/394184

この記事へのトラックバック一覧です: root が“rm -rf /”をする実験:

« 幹事長のブランチ公開 | トップページ | アクセス数を伸ばす邪法 »